重点県、郷の民政仕事で集中検査の実施状況

May 28 [Mon], 2012, 11:23
今回の救助活動の対象は日照りに被災地に1人当たり基本レーション不足は毎日1斤の被害農家し、被災地の「不法滯在者」(小春無収穫者、無経済収入源者と当面無基本的生活レーション者)実施重点救助を確保するため、被災者の一日1斤基本レーション。被災地の各民政部で4ゴールキーパーに―6月間食糧難探る回答者の上に、異なる情況を区別は1—3ヶ月以内に実行补差救助rmt 。救済食糧配布に公開、公平、公正ともっぱら物専用、重点の使用の原則は、関係部門が期限の被災地まで困難群衆に配布し、専門者組織入村入籍、五被保険者などの困難送粮グループ宅配を確保するため、漏れない一護、1人が少なくない。雲南省の民政庁を派遣して7の請負検査で取り組み現場検査を中心に、書面で、電話、ファイルを検査するなどの方法で、重点的に県、郷の民政仕事で集中検査の実施状況。救援用の場所に近く出荷準備食糧、加工と調達して送るの原則を、まず県準備食糧、順次州市レベルの準備食糧、省級準備食糧の順番で手配。救済食糧に「先の供給は、後の決算」の方法については、被災地の食糧部門との民政部門によって出庫数ありのまま決済価格は食糧部門の指定国有食糧企業に元本保証、少し下市場価格確定、1キロ以上籼米価格は3.2元。救援の場所に準備を出庫原料に適合しなければならない国は食糧貯蔵及び衛生基準うたい、資質の品質検査機関の発行する検査報告;加工の米に適合しなければならない国GB 1354−(2009)と関連衛生基準アラド戦記 rmt 。人民網3月26ニュース(記者常红)は本日、記者が民政省によると、雲南省の民政、食糧部門最近決定全省に行われており「干ばつの民政救助救援特別行動」を一部の地方、準準備食糧保障が日照り生活困難群衆の糧食供給を確保するため、被災者の基本的生活問題にならない。