コックにたちの批判と提案

November 27 [Thu], 2014, 15:21
レストランで台所に、入れ替わり区(パス)というのはあるテーブル、あるベンチやはあるバー。台所のチームのメンバー(通常は料理)ここでは料理を最後に配置を終えて、小僧に任せレストラン一線を担当する。このすべて簡単に聞こえるけど、でしょ?皆さんとベルリン壁なら(Berlin Wall)はただ都市計画とコンクリートの灌漑の面白さプロジェクトで、そんなにすべて確かに簡単に見える。だが飲食業、入れ替わり区は実際、またある象徴意義、しかも地政学的との境界を起こしやすいよう、関係緊張やずれ衝突。
継ぎ目の料理とは親方(ロビーマネージャー)の職責の分野でクリア。出た交代区は、皿うっかり打撲に(受け渡し区)のステンレス板台、あるいは怠惰頑固な従業員をロビーで皿長い時間を置いて加熱燈の下で自分の労働の成果は水泡に帰した時、やっとかんかんコック。同じこのを通じて交代区のステンレス板台、店員を火加減不足のステーキ端を耐えてやり直し料理からひとしきり螜倒するとき、わくわくして。得られない料理の明確に誘われて、レストランのスタッフから越えないステンレス板台雷池半歩。そこで私は懐疑を始めて、多くの料理は裏口から出入りして、ネズミをずっとまで急いでから食器棚を街で、決してそれらを越えて交代区に入り食事区ですか?
私はなぜ信じ込ん?私はさっきから「食べる」「合流して1回サンドイッチ」(クラブsandwich、つまり1種の多くのパンのサンドイッチ)。ロンドンであるプライベートクラブ、チーム全体シェフ料理優れ、仕込み。「くくるサンドイッチ」の持ってきた後、外観の目を楽しませて、まるでパノラマレンズの下のレシピ本。大きなサンドイッチ、とオーケストラ楽譜に序列が多く、複雑、新焼き面包皮が黄色、すこぶる少し荘厳;マヨネーズ滴漏まで肥沃の焼き鳥干し肉に澄んで柔らかくてのチコリと混ぜて、思わず人物欲しそう。
この料理の優れた十分展示料理、完全には素晴らしいの傑作。昼食として食べて、それは無価値(実はうっとうしい)。人の口は一気にこのような巨体収容できない、歯を噛んでない多層ジグザグの食材。コックがそれをして目を楽しませて、おいしいけれど、人は思想的にも、実際の行動でもない、彼を越えて交代区半歩、考えていなかったので自分の「大作」がどう食客に食べた。
コック達も食事。みんなに知れ渡っていて、彼も凡人、使う食器と大同小異。彼の味覚システムにもかかわらず先進よりは、食べてもほとんど同じ味や五穀の雑穀;料理たちは食べ物を用意する時、早く食べて各料理ができたら、コックを交代区10分の時間、食卓に座って、私たちと同じ退治しこの巨大なサンドイッチ私はこれらの日の料理の不満を口にしてゆくかもしれない。

脱毛器人気ランキング
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lishi/index1_0.rdf