<マレーシア機撃墜>米が「ロシア関与」情報流す 露へ圧力

July 24 [Thu], 2014, 10:03
ミュウミュウバッグ【ワシントン和田浩明】ウクライナ危機が長期化する中で発生したマレーシア航空機撃墜事件で、オバマ政権はロシアに圧力をかける好機と捉え、積極的に「ロシア関与」を示す情報を流している。犠牲者の多かった欧州諸国にも対露強硬姿勢を呼びかけて、ロシアの戦略的方向転換を促そうと躍起だ。ただ、情報の質には疑問が出ているほか、ロシアは対抗姿勢を崩しておらず、米国の目的達成は容易ではない情勢だ。

【焼け焦げた残骸…】マレーシア機事故現場を写真特集で

 米情報当局は22日、事件に関して収集した情報と分析内容を伝える異例のブリーフィングを実施。ウクライナ東部を支配する親ロシア派武装勢力による「ミサイル誤射説」を打ち出した。20日にはケリー米国務長官が米主要テレビの番組に相次いで登場し、マレーシア機事件について説明。撃墜に使用されたとされるロシア製地対空ミサイル「ブク」がマレーシア機を撃墜した際の発射時を捉えた映像の存在を明かした。また、親露派支配地域とされる発射地点やミサイルの弾道を把握していると説明し、「確度の高い情報だ」と明言した。

 プラダ/PRADA バッグ米主要メディアによると、こうした情報は機密に属し、軍事衛星などで収集したと見られる。ケリー氏のような政府高官が米国の情報収集能力が分かるような形で、情報を公表するのは異例だ。機密情報の存在を明かしてまで、親露派とロシアの関与を米国内外で印象づける意図が明確だ。こうした「情報戦」も奏功してか、CNN世論調査では米国民の8割が「ロシア関与説」を支持した。

 情報戦を展開するオバマ大統領は21日、声明で、プーチン大統領に現状が続けば国際社会での孤立と「対価」を払うことになると圧力をかけ、追加制裁を示唆した。

 対露制裁では、積極的な米国と、エネルギーなどをロシアに依存するため消極的な欧州との温度差が縮まっていない。オバマ氏は18日の会見で「欧州は覚醒する時だ」と語り、対露圧力を高めるべきだとの考えを強調。22日の欧州連合(EU)外相会議が追加制裁準備の加速を決めると、即座に「歓迎」の意を表明して欧州の背中を押した。

 しかし、オバマ政権が撃墜事件の「ロシア関与説」を展開する上で利用している情報には、親露派のソーシャルメディアでの発言とされるものも含まれている。確度について疑問も出ており、情報当局者も22日、確認が済んでいないものがあることを認めた。米国はブッシュ前政権がイラク戦争開始を正当化するため大量破壊兵器の脅威を誇張した「前科」がある。

 米国の「情報戦」に対し、ロシア側も衛星写真や防空管制システムなどの情報を基に、ロシア軍や親露派武装集団の関与を否定。逆にウクライナ軍の関与を示す情報を流して対抗している。

 グッチトートバッグロシア国防省は21日、「スホイ25攻撃機とみられるウクライナ空軍機がマレーシア機に3〜5キロまで接近していた」と具体的な機名も挙げて、ウクライナ軍の関与を指摘。また、東部ドネツク州でウクライナ軍が地対空ミサイルシステムを稼働していたと説明した。親露派武装集団がミサイルを発射したとする米国に対し、「(映像など具体的な)情報を公開すべきだ」と要求した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニック
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lisfd456/index1_0.rdf