花火大会 と プール3 

August 04 [Mon], 2008, 14:01
岡崎観光夏まつり 第60回花火大会 に行ってきました。

思えば昨年は後半から雨が降り出し(強引に花火は上がり続けてました)、途中で断念して慌てて帰りました。
そして雨はどんどん強くなり、傘を持っていなかったためずぶ濡れに。
リセはパパが抱っこしてタオルでぐるぐる巻きにして少しでも濡れないようにしてたっけ・・・・。
そして見知らぬ車が横に止まり、傘をくれたのでした。嬉しかったなぁ。
リセのためにパパが使ったので、私はこんなの小学生以来じゃないか?というずぶ濡れ具合でしたが。。。

さて、花火大会へは実家の母がリセに買ってくれた浴衣を着せて行きました。
帯は妹が小さい時に使っていたというもの。
とっても可愛かったです。

私が妹に浴衣姿を見せようと写真を撮っていると、男の方1人、女の方2人の3人グループに声をかけられました。
なんでも中国からの留学生だということで、リセの浴衣姿が可愛いので一緒に写真に写ってもらいたい、とのお話。
こういうささいなこともいい思い出になります。

花火大会はパパの会社関係で さ敷 で観覧させていただきました。
しかけ花火の真っ正面で、打ち上げ花火も美しくて素敵でした。
リセは昼寝をしていなかったので、大音響の中眠気ピークが5回ほどきてそのたびに白目をむきかけてましたが、なんとか眠らせずに済みました。
そのかわり、帰りは眠り込んでしまったので、パパと代わり交代で抱っこして帰りました。
これが重くて重くて辛かった・・・。

******************************************

そして、昨日は一番近いところはここだろう、という市民プールへ行ってきました。
入場料金大人60円、子供30円、ロッカー利用料20円という格安。
なんとなくいや〜な気がしていましたが、予感的中。
入場するとプールのみで自販機どころか食べ物を売っている売店もなし。
途中でお腹ペコペコになってしまいました。
でも、なんといってもこのお値段と、近場(でも、バス乗り換えあり)なので私と2人でたびたび行くにはいいかもしれない。
小さい内に色々と経験させて脳に刺激をあたえるのって大事な気がするのです。
どうせ記憶に残らないから、とかそういうのは違うと思います。
嬉しい、楽しいっていうことがたくさんあることがすごくいい影響を与えるような気がします。

それにしてもこの2日、疲れました・・・。

よさこい祭り 

August 02 [Sat], 2008, 9:57
昨日は地元の よさこい祭り でした。
昨年は引っ越してきたばかりの新しい土地、右も左も分からないような状態だったのでお祭りがあることも知らずに花火大会のみ行きました。
今年はその花火大会が今晩開催されるので、そのことをちょっと調べてみると昨日のお昼に大きなお祭りがあるということを発見!
人混みがリセにはかわいそうかと思いましたが、散歩がてら(といってもバスに乗って)行ってみた方が子供にとってはいいかも、と思い直して夕方5時頃に会場付近に着くように用意しました。
もちろん、夕食も大あわてで3時頃から作りました。
・・・・・が、なんと4時頃からお昼寝。
なんか大人しいな、と思って見るとグーグー寝ていてそこから夜7時まで寝ていました。
もう行くのやめようかと思ったけど、せっかくだし雰囲気だけでも・・・と、とりあえず行ってみることに。
着いたらもう8時前でしたが、まだまだお祭り真っ最中でした。
御神輿の行進もいくつも見ることができましたが、リセは怖がってしまってずっと抱っこしてました。
花火セットを配っていたので、私とリセの分2つもらいました♪
行き交う人々が手にしていたのはこの花火セットとうちわ。
そして屋台で買ったらしい色々なもの。
そういう物を求めて、ひとまずメイン会場の公園へ向かってみました。
すると公園の屋外ステージでは よさこい踊り が色々なチームによって披露されていました。
公園では予測通り屋台が出ていたので、いちごのかき氷を買って椅子に腰を落ち着かせてから踊りを見ながら食べました。
テレビで見たことはあったけど、よさこい踊りって盆踊りとは違って熱い気持ちが伝わってくる踊りでした。
踊っている人達、ホント気持ちよさそうでした。
ただ、こちらの見ている側の人達はノリが悪いのでビックリしました(^^)
関西ではありえない・・・。
踊りが終わる頃、ちょどかき氷も食べ終えたのでそこからうちわをもらいに行き、ヨーヨー釣りをして帰ることに。
ヨーヨー釣りでは失敗して釣れなかったけど、釣れなくてもビーチボールをもらうことができました。
ヨーヨーではなく、ビーチボールを狙ってみて良かった・・・。
バス停に向かって歩いている最中も、まだ行進はやっていて、色とりどりのサンバを最後に見てから帰ってきました。
なんだかんだで2時間もせずに家に帰ってきましたが、お祭りの熱気は満喫できたので行ってみて良かったです。

プール2 

August 01 [Fri], 2008, 9:20
昨日、額田郡幸田町という場所の幸田町民プールなる場所へ2人で行ってきました。
バスを2度乗り継ぎ、タクシーを使って片道2時間近くはかかりましたとも。
頑張ったと思います。
往復だけでかなり疲れてしまいました。。。
特に帰りは1つめのバスで寝てしまったリセを乗り継ぎのために起こしたところ、眠くて仕方がない時だったためそこから1時間近く、家につくまで泣きっぱなしでした。
でも、荷物が多くて起こさずに抱っこは無理でした。
眠くてぐずってしまったのですが、2つめのバスの中は他の乗客にかなり迷惑だったと思います。
乗っている最中はタクシーにすれば良かった。。。と後悔したけれど、もう乗ってしまっていたのでひたすらなだめるのみ。
内心、すごくすごく焦ってました。
泣き方が癇癪状態だったので。。。
家に着いたら、すぐに寝るだろうと思っていたら、なんとそのまま22時まで起きてました。

肝心のプールは、とても喜んでました。
町民プールだけど、施設はとてもきれいでくじらの波のプールや流れるプールもあったり、リセにはまだ無理だけど大きなウォータースライダーもありました。
他に暖かいお湯のジャグジーやらウォータースライダーより小さいけれど、面白そうな滑り台や普通のプールも。
アクセサリーは一切持ち込み禁止ということでピアスさえ外すように言われ、日焼け止めやビーチサンダルの持ち込みも禁止、手荷物は中身をチェックされるというしっかりぶり。
今度行く時はかなり荷物が少なくてすみそうです。

プールのまわりや、バスの中から見える風景が田舎で癒されました。
多くの木々やたんぼ、少し私好みの風景でした。
(家すらポツポツしかないような田舎が大好きなのですが、一生住むことはないと思います。虫がダイダイダイ嫌いなので憧れるだけです。)

心身ともに疲れたプールでしたが、泳いでる時のリセは本当にいい笑顔と笑い声をしていたので連れて行ってよかったと思います。

家から近いところにあるウェルサンピアなるプールは今年は設備点検のため運営中止なんだそう。
次に2人で行く所は、市民プールにしてみようと思ってます。
ただ、プールはなんの変哲もない(失礼)25メートルプールと幼児用プールの2つのみの小さなものだそうです。

今まであらゆる手段で徹底的に陽ざしを避ける生活を続けてきた私。
OL時代は夏になるといろんな人からちゃんと外で遊んでるかと心配されるほど生白い色をしていた私。
海外や沖縄ですら水着になるものの、日陰から出ずに徹底防備していた私。
・・・・・・今や中学生以来見たこともない赤いお肌です。

ちょっとした変化 

July 30 [Wed], 2008, 16:35
最近、リセの甘え方が変わってきました。
前からベッタリというかんじで、やたらとくっついてきてましたが、ここのところさらにベッタベタというかんじです。
座っている私の膝の上に無理矢理頭を置いたり、ほっぺをくっつけてきて「ママ好きなの」とじーっとしているのです。
普通は『ま、なんて可愛い♪』なんて思うところでしょうけど、私の場合はなんだか嫌な事が起こるのではないかと少し不安が頭をよぎってしまったりします。
ホントにただの考えすぎで、自分でも親バカの最たる考えなんだろうと思うんだけど、『何か突然の不慮の事故とかでリセの身に何か起こったりしたらどうしよう。』と、嫌な気持ちがわき出すのです。
人は死ぬ前に、何故か予測していたような行動をとったり、最後の挨拶めいたものを言ったりすることがあるというから。。。
こんな余計な心配してしまう人なんてきっといないだろうな。
自分でもどうかしてるとしか思えない。

リセが産まれてから、先天性の病気の疑いがあってNICUに入院。
母子同室の大部屋だったのに、自分だけが赤ちゃんと一緒でない孤独。
NICUに搾乳した母乳を数時間ごとに運ぶ日々。
今頃、お腹すいて泣いてるんじゃないか、抱っこしてほしくて泣いてるんじゃないか、って心配するのは本当に辛かった。
痛々しい数々のチューブや検査やチアノーゼで肌黒くなってしまったリセ。
出産前は一緒に帰宅するもんだと思いこんでいたのに、自分だけの退院。
・・・リセに何かあったらどうしよう、という恐怖がまだ離れないのかもしれません。

結局、検査結果では成長経過を見て問題なければ大丈夫、ということで、ありがたいことにホントにまったく問題なく健康にスクスクと育ちました。。。
今では、平均より身長も体重もビッグです。。。

初プール 

July 28 [Mon], 2008, 10:28
昨日、蒲郡市にあるラグーナ蒲郡に片道1時間かけて行ってきました。
お目当てはラグナシア蒲郡のプール。
赤のビキニとキャップをかぶらせ、プールデビューです。
初めはやっぱり幼児用プールだろう、と「やどかり」と名のつくプールを探しましたが広すぎて断念。
遠浅の波のあるプールを選択。
最初は予想どおり、かなりびびってました。
砂浜に見立てたプールサイドなのに、足に水があたるだけで「いやん、いやん!」「怖い、怖い!」と腰が引けてました。
パパが「最初の30分は水に慣れさせることにしよう」と砂浜もどきに座りましたが、やっぱり子供は順応性が高い。
予想とは裏腹にあっというまにプカプカ浮けるようになりました。
お気に入りとなったミッフィーちゃんの浮き輪にもしっかりつかまり、波乗り?もご機嫌にしていたし、器用に足をつかってぐるんぐるん回転したりしてました。
いつも思うけど、気に入ったことは「いつ飽きるんだろう」と心配になるぐらいいつまでもし続けるリセ。
そんなにぐるぐる回転してて大丈夫か?というぐらいご機嫌さんでいつまでもいつまでも回転しておりました。
途中、トイレ休憩や昼食休憩に無理矢理プールから出しましたが、最初怖がっていたのが嘘のように足のつくような浅いところ、というかお腹がつくぐらいの浅さまで引っ張ってきてもまだしつこく足を後ろに伸ばして浮いてました。
往生際、悪かったです。
すんなりプールから帰ることができるかなぁ、と心配になりだした夕方に寒くなってきたようで、「観覧車に乗りに行こうよ」と誘うとあっさり出てくれました。
観覧車大好きなリセはプールから見えている観覧車がずっと気になっていたのです。

そして、夜は8時からプールのところで花火があるというので見に行きました。
花火だけかと思っていたら、テーマパークなので音楽やレーザーによる光のショーや水のショーもありました。
あまりにも近くでそれを見ることができるようになっているので、「花火、花火」と去年の夏から1年間言い続けて楽しみにしていたリセも大音響に恐怖を感じたようで、足や腕に力が入り、しかもブルブル震えておりました。
喜ぶと思っていたのに、かえってかわいそうだったかもしれません。
だけどここのところ、猛暑のせいで外で体をつかって遊ばせることができずいたので、連れて行ってよかったです。

余談ですが、プールでリセより少し年上かと思われる女の子がニコニコしながらリセの身体をペタペタ触ったり、ほっぺを両手でサンドしたりしてました。
リセが最初に水にびびっていた時のことなので、女の子に何をされてもそれどころではなく意に介さずというかんじで全く気にしていない様子だったし、女の子が強く触ってくるわけではなく、まさにペタペタというかんじで、しかも満面の笑顔だったので、触りたいだけ触ればいいか・・・と思ってほっておきました。
あんまり食べないのに ぽちゃ子 なリセ。
プクプクしていたので触りたくなったのかな・・・。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lisemama
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド-ソーイング、クロスステッチ、編み物
    ・ファッション
    ・クッキング
読者になる
娘との大切な時間と、娘の成長ぶりを記録していこうと思います。

ソーイングが大好きでミシンを動かしていない日は型紙写しや裁断をしています。
編み物やクロスステッチも大好きです。
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
align:center;font-size:10px;font-family:'MS Pゴシック';">
Yapme!一覧
読者になる