ユリカモメだけど柳川

May 31 [Tue], 2016, 17:44
介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。

また、病棟勤務と違い、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。

勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、人気の医師のところなどでは、多くの患者で待合室がいっぱいになり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。
どんなスキルが必要になるか、ということもどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子持ちの介護士からするととても難しい問題となっています。
ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や介護施設に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。


ですので、パートとして働くことにシフトするという介護士も多くいるということです。

意外に思うかもしれませんが、介護士が働く現場として実は、保育園があります。こうした保育園を職場にするとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある介護士は、最適な職場でしょう。保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする大切なものです。

慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。


転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、多くの場合は面接という形になるでしょう。これまでの経験や職務について、志望動機など話をすることになります。


しかし、そういった話の内容のほかに、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く調べられているのです。
介護士としての能力に加えて、人としての良い部分もアピールできると、とても有利でしょう。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護士という肩書きを得ます。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、たやすい部類に入るのではないでしょうか。

そういった、介護士を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。卒業を控えているのに、介護士の就職先が決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。
求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、実際には介護施設側が採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。専門職だけあって、介護士という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。

きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。
長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。
よく言われるものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。折角休みになっても誰とも都合が合わないといった辛さがあるようです。

あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。
規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。

ここ数年は介護士は不足傾向にあります。
介護士の免許を持っていても、現在は介護士として勤務していないという方も多いです。介護士の不足の要因はというと最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。

常勤介護士のケースでは、離職率が11%を超えています。


女性の方が圧倒的に多い仕事のため、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。公務員と介護士を両立する方法は、勤務先を国公立の介護施設にすることです。

実際、介護士の職業は長期にわたって務められる職種の一つであるとして勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけばこれ以上の安定性はないですよね。
安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的ですよね。


たくさんの人と出会える街コンですがこういったイベントに出る介護士は多く存在しています。


職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている介護士をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。


街コンの場面でも、介護士は人気があります。
ただし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、上手くいくケースばかりではないのが現実です。もっと介護士としての腕を上げたい、と考えているのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。
ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、というものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。
向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから新しい職場を探す、という人も少なくありません。

規模の大きい介護施設に移って腕を磨きたいという気持ちからくる、意義のある職場変更と言えるでしょう。介護士をするきっかけとしてよくいわれる動機の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。

卒後間もない介護士の場合も、同世代の新入社員と比較してより高い給与を得ていることが分るはずです。


ただし、給料を多くもらうということは、その分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。今日のところ、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人介護士候補生という方々を受け入れています。

とは言え、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国しなければならないと決まっています。



就労中に日本語を学び、また、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。

他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。



他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、育児と仕事の両立を図りつつ、無理のない働き方が可能である、と思えるようです。



例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。



健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、この何年か特に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。なので、介護施設で勤務する介護士についても現場では切実に求められているのに、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。

ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。
介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば介護施設によりますが、2交代制か3交代制でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。


夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。
そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、日勤のそれを上回ることになります。


介護士の仕事はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。



それと関係があるのか、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。なのですが、多忙を極める仕事です。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと聞くことがあります。

収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最適なのだろうと感じています。



多くの介護士は介護施設で働いていますが、介護施設といっても町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。


一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、もちろん、介護士も同様です。



総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。こういった事を考えても、介護士として働く人の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。往々にしてキツイと考えられがちな介護士の仕事。「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。例えば二交代制の介護施設勤務だと、合間で休憩はあるのですが、合計して16時間勤務となることもあるのです。
労働時間が長いということも介護士が過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。法律において、介護士というものは医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。介護士の介護行為というものは実は認められていないのですが、医師の指導の下であれば認められている介護行為もいくつか存在します。ただ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、緊急事態には、場数を踏んでいる介護士であれば、一部の介護行為を許可されてもいいのではないかと考えています。
出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。その際ですが、出戻ってこれるのかどうかは辞めた状況により変わってきます。



よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。



こういった事例は増加しています。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として復職を果たす、という人も増えてきています。


介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。退職する時に出る手当である、退職金については、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。
個人介護施設はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。
公立介護施設なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

介護士は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、回復して退院した患者さんが、後々わざわざ介護施設まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。

そしてまた、患者さんのご家族にとても喜んでもらえた時など、介護士になって良かった、と実感します。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、やりがいを覚えなくなったら、きっと辞職しようと考えるだろうと思います。



介護士資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、やっぱり、もしも離職している期間があっても、また介護士に戻れるという点です。

これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、人が足りていないことが少なからず関係しています。

転職先も雇用形態も特に希望しなければ上手くいけば五十代でも復帰できます。
入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。
ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。

就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。

働く時間も休みも不規則な介護士の仕事ですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。
簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来の診療は土日は休みですから介護士も一緒に休みとなるのです。変則的な出勤があったり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。そして、入院施設がなく、個人経営の介護施設に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。
多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接する機会が多いため、髪形にも配慮することをおススメします。

患者からどう見えているのかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大切です。



介護施設の雰囲気や方針次第で、髪形への規則の厳しさが変わるということを忘れないでください。働く介護士の休日に関してですが、働いている職場で各自違うようです。特に、3交代の勤務体系で行われていると、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることが普通です。

別の見方をすれば、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。



介護施設で働く介護士にはそれぞれ階級があります。

トップに位置するのは、介護施設によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総介護士長がトップにあたります。どういう人が出世するのかというと、同じ介護施設に長期間勤務して実績を積むなど、周りの人間の信頼を得るように努力することが必要だと言えます。

階級が高くなるほどにより多くの給料を受け取れるはずです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lis0hawroarswu/index1_0.rdf