私の自転車の縁

August 24 [Mon], 2015, 15:29
自転車の人々といえば非常に精通しているが、それは20世紀末にほとんど家々はあるの足で、私はこの大半生に自らの手で買ったで異なる型が異なる規格の10台。数十年来、私と自転車の深い情縁、今思い出して、過去の記憶が生々しい……

自転車はいつ発明の私は知らないで、しかし私は知っていて、世纪、70年代に、誰の家は自転車、それは家の中の宝物、農村の珍品、栄光郷は国家の幹部、従業員が買えて、に似合う。希少価値だよ、あの時は計画経済、切符の供給は、上海産の「永久」「鳳凰」と天津産の「飞鸽」「紅旗」を全国ブランド牌。その時、若い人のファッションと富は留守の有無を「三転が鳴る」、つまり自転車、ミシン、腕時計、大目覚まし時計。私の家は自転車は70年代半ば、始まるのが大隊会計の父親と大隊の保管、仕事のために便利で、2人を钱伙55元買っ大隊引退の中古車、河南安陽市産「飛鷹」を見ないで無名車は台の中古車、それしかし父は非常に人気の宝物、普段家に誰にも渡さないで、二人の特別車。私はあの時は県の高校に行って、毎週の荷は選んで、首を選んで後かご、1頭挑サツマイモやダイズの粉、片道30キロだが、2年余りで、毎回すべて歩いて4、5時間、なんて羨ましい富裕の子供生意気に自転車で通学してね、家の中の自転車までにないたことがあって、今思うと、自転車の可能性はない理由では2人が共有、自分に乗りませんあなたは彼に乗って、毎日車いられない、たとえ暇になった彼も自分で合わない;2は主には父が私勤勉、やらない特殊化し、意誌を鍛えて;3私小さい体が弱く、その時ではない、恐れて交通安全事故。だから、ずっと私の20歳になった民営学校の教師3年、中古車が完全には彼のすべての後に、たまには俺にも一度は、彼のためにお使いサービスがいいし、いつも彼は駐車は錠を下ろす。その時、私はどんなに勉強が自転車で恨みを抱く父よ、なぜそんなに思い切ってね、自宅に車に乗って勉強させない、させない、あなたはやはり私の親のお父さんですか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:秋の夜は
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/liououyi/index1_0.rdf