走って殴って、考えて!

November 13 [Tue], 2012, 21:20
なんかあほな題目でしょ今日は俺のスポーツ歴について書かせて今の今現在では、ボクサー小野が通例であるが、しかし5年前まではランナーだったのだ。
ベストタイムはまちまちなんだが1500m4分16だったかな13だったかな大学の体育会にも所属したよ個人的な問題なんだけど、一生走れない位走り倒したよ。
大学生駅伝が大好きでみんなでスクールカラーのシューズ作ったかな今でももっててごくごくまれにそれで風を感じているよさて、俺のスポーツ歴だけど小学陸上競、バレークラブ所属中学陸上部、バスケ部バスケは副部長までやったz当時から人をまとめるのが嫌いだった陸上は足が速かったから駆り出されてた。
高校陸上部大学途中まで陸上部、ここで中距離から長距離弾道ミサイルかえてから死亡の道へ距離をうまく伸ばせなかった。
大学中退や浪人を経て自身の老朽化、体の肥大脂肪、筋肉で当時、浪人は69sだったなでも最初の1qのレペは3分ジャストで走ったぞ心臓が破れそうだった。
中退して、大学リトライでいろいろ疲れて、走るのもつらくて体重も65sまで戻ったけど、当時の昔の自分と当時の自分のギャップが途轍もなくて離脱したよ無念高校時代の体重も52sだったの。
もう、市民ランナーになるって決めてからかな、突然変異を起こしたのがボクシング部に入隊したの2008年かなそして2010年俺が大学卒業してフリーターしてさ沢山のプロボクサーに出会って、胸打たれた。
大学新卒の社会人社会保障のある、企業にある程度守られた世界のレールを信じて生きてきた俺にとって衝撃を受けたマジで、彼等は、年間10試合もできない世界で、戦い続けて勝ち続けないといけない世界で、過酷な練習の為にすべてをボクシングに捧げているの。
親のかねってのは見たことないけど、バイトや派遣で生計を立てて、後援会やスポンサー、ファイトマネーとチケットさばきでさファイトマネーだけで生きていけるのはほんの一部の世界チャンピオンだけよ今やそんなボクサーと共に過酷な練習にふけって、語って、お互いの拳の良さをたたえあい、磨いて、次の試合に備える。
もちろん勝つためにボクサー特にc級は3敗すると引退を告げらえれる。
家庭野外プレイを持って、社会に出ろとそれくらい過酷なのだ。
生きるのが勝たないとチャンスはない。
勝たないと上に上がれない。
上に行かないとスポンサーもつかないし、意味がない部活じゃないのだそんなプロと練習している自分は、彼らが次戦で勝てるように、本気で殴って、追い込む。
そうやって練習が成り立つ。
ボクシングは心理戦で攻防だから俺はそれに貢献してるって自負できないしても、たまにお願いされる。
ロングリーチとスピート、足を使った技術のボクシングがあるから最近は試合にエントリーしていた人の相手を週2でやってたよそしてかったホッとしたし、変な話、小野君に殴られてアバラおられたおかげて、今回の相手こわくなかったよってさ事前準備してると、見ず知らずの相手に殴られてもいたくないんだなこれがボクシングは理ニ実践がにじみ出る。
そして自身のメンタルも試されるかなりクレバーな世界。
もちろん過酷な減量したければかなりのメンタルがいる自分と自分と相手のいる世界なのだそして仲間と次に備えて殴り合う世界。
俺はただ腹筋が割れてるイケメン競技でモテるからボクシングをやっているのではない理ニ実践と酔o勝負がそこに待っているごまかしのきかないクレバースポーツだから脈絡がなくてすまんどんなに忙しくてもボクシングや止められないだってもっと過酷な条件でやっているボクサーがいるから勅使河原が負けて、みんなの前で泣けなかったから、心の中で号泣した。
まだジムで会っていない。
当日決勝俺はひたすら殴れ殴れって叫んだな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lio2t6fnh2
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lio2t6fnh2/index1_0.rdf