お花をもらって嬉しくない女性はいない

April 14 [Thu], 2016, 14:25
SMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」を
ご存の方も多いことでしょう。
何度聞いてもいい曲ですよね〜
特に歌詞がいいので、世界中で歌われています。

「世界に一つしかない花」

あなたは、どんな時にお花をもらったら嬉しいですか?



もらって嬉しかった場面を思い出したり、
こんな時にもらえたら嬉しいなあと
しばし想像してみてください。

誕生日
クリスマス
バレンタインデー
ホワイトデー
プロポーズ
結婚式
結婚記念日

成人
母の日
父の日
還暦

公演
発表会

お見舞い

歓送迎会
開店
開業
移転
退職
引越

本当に様々なイベントがありますよね。
もし、その時々に、お花をプレゼントしたり、
プレゼントされたりしたら、
どんなに人生が豊かになることでしょう!

日本人男性は、「花を贈るなんて照れくさい」
という方が多いかも知れませんね。

一方お隣の韓国人男性は、
とってもサプライズが上手ですよね〜!
女性を喜ばせることにとても熱心です。

女性の立場からすると、ちょっと羨ましいです。
1/10でもいいから、見習ってほしいなあと。

でも、お花をプレゼントする他の男性と比べて
催促するのでは、気分を悪くされるだけです。

お花をもらったらどんなに嬉しいかという
自分の気持をさりげなく伝えてみてはいかがでしょうか?

また、「お花を買ってあげよう」と思ったとしても、
お花を買いに行く、持って帰るということが
とても恥ずかしい
男性が多いのではないでしょうか?

そこでオススメなのが、
バラの花束産地直送ギフト
【花のギフト店リンクフローリスト】
です。

WEB、FAX、TELで注文するだけで、
摘みたての新鮮なお花を産地直送してくれます!
しかも「送料無料」ですよ!


全国最短3時間」でお届けするサービスや
わがままオーダーサービス」もあります!

何を選んでいいかわからなくても大丈夫!
用途、価格、スタイル別、
そしてオーダーメイドも準備しています!

これなら敷居が低くなりますよね。

いいですか、お花をもらって
嬉しくない女性はいない
のです。


さあ、男性諸君!
ちょっと勇気を出して女性たちを喜ばせてみてください!


別記事も参考になさってくださいね。
「バラの色別の花言葉」
「男女間のサプライズ」
「バラの本数の意味」

バラの花束産地直送ギフト
【花のギフト店リンクフローリスト】に
興味を持たれた方は、以下のバナーをクリックして
公式サイトにて詳細をご確認下さい。



P R