震災があって考えた、車のドアとスモウレスラー。

September 01 [Thu], 2011, 2:38
今更になるが、少し前に津波の恐怖ということで車に乗っているときに浸水してきたらどうするかという説明がニュース番組でやっていた。水圧でドアが開かないと聞くけど、果たしてどれくらいの力なのだろうかそこで計算してみた。四方のドアで半分まで水に浸かったと考える。座標軸はドアの一番上を原点とし鉛直下向きに正をとった。ここでは座標とする力は、ご存じの通り、力圧力面積ρ水密度重力加速度∫ρあとは高校知識で計算すれば、約となった。というとの人がドアの上に乗っかっていると考えられる。そりゃ、ドアも開かんわなぁと納得半分も行かないでドアは開かなくなりそうだね※式を見たら、まどろっこしい計算をしてました。水面を原点とすれば∫ρというシンプルな形になるね。ちなみに浸水したときに脱出する方法は外と車内の水位差がに近くなるまで待こと圧力差がなくなるため窓を車のキーで円パンチの要領で割ること自校ではそう習ったらしいです。ホームセンターに行けば脱出用ハンマーが安く買えるのでそれを常備しておくのがいいね。なんといっても焦らないことが一番だけどね。難しいか川や海に落ちるってなさそうであるから自分のことと思って気をけよう。※ゲリラ豪雨とかもあったから余計に。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:linhfsgmmd
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/linhfsgmmd/index1_0.rdf