大波乱!! 

August 13 [Thu], 2009, 19:44
17年目にして
はじめての言い争い。

パパが
隠れて女友達と会っていた。


浮気じゃないらしい。

↑ここは信じるしかない。


でもって


この1週間
私の中で

ごたごたがあり、、、、
ぐちぐちがあり、、、、

まぁ
いやーな女になってたってわけ。


私、自信過剰だったのよ
パパに関しては、、、、


熱烈なアプローチと根負けで
一緒になったから

私がいつでも
100パーセント愛される役目だと思っていたし

パートナーが
ちょっとでもよそ見するなんて
一生ないと思ってた。


間違いだったのよね、、、、


結局
愛されたい人って(自分)
いつでも
自分
自分


愛することを忘れてる。

そして自信過剰で傲慢。

人に好かれることは得意でも
人を好きになることが苦手だから
いつまでたっても
成長しない

何かをしてもらうことが当たり前で
なにか人にしてあげる
ということが
苦手な

いやな女だったことを反省。


今日から
生まれ変わらなくちゃ。


可愛げのある
いい女にね!!!

ギャル子のオーラ 

August 01 [Sat], 2009, 15:10
つい先日、娘の友達が家に遊びにきた。

挨拶をした途端
私にはその子のオーラらしきものが見えた。

どんな家庭に育った子なんだろ
親の顔が見てみたい。。
中途半端な長さの
中途半端に染めた傷んだ髪には
品のかけらもない


着ているものの趣味や
醸し出してる雰囲気


だけの問題ではない気がした。


住んでいる場所や
お母さんのこと
会話の中で分かった事

「離婚している家庭」に育った子であった。


お昼頃家に着き
ガールズトークに花が咲いて
夕方を過ぎても
いっこうに帰る気配がない。


7時を過ぎ
9時回っても、、、、、


しびれを切らして
聞いてきてとパパに
頼んだ。。。


「お母さん心配してない?ちゃんと電話しといた?」

「はい!大丈夫です!うち、お母さんが夜の勤めで
朝の4時にならないと帰ってこないので、、、、
おばあちゃんも、終電までには帰ってきな。と言ってただけだから〜」


そかそか、、、、

あなたの家はそれが普通でも
うちは違うのよ。。。。


未成年のお嬢さんを
こんな遅くまで預かれないわ(内心)


というわけで
パパが
一番近い駅まで車で送っていきました。






結局、そーいう事なのだ。

その子は素直でとてもいい子

被害者は彼女であって
悪いのは周りの大人なのだ。


離婚するのは勝手だし
経済事情もあるかもしれないが

子供を厳しくしつけたり
安全を確保したり
他人に迷惑をかけない事を教えたり
女の子の品性を教え込むことは

親の義務


おばあちゃんも寛大だね
そんな親に育てられた娘だから
離婚なんて
しちゃうんじゃないの?


偏見かもしれないけど


どうかしてるよ


この世の中。



人って
環境がオーラとなって
その人を取り巻く。


きれいとか
きたないとか
下品とか
上品とか

色や空気
その人を取り巻くすべてのものが
その人自身を語ってくれるのだ。



男不在の家庭 

July 25 [Sat], 2009, 9:39
近年の家庭事情は
父親が不在な家庭が多いのでは
と感じる

離婚をしていなくても
仕事や飲みで
いつも夜遅く帰宅

子供の顔を一度も見ないで
翌朝出勤


家族の対話
親子の会話どころの騒ぎじゃないのでは・・・・


なぜこんな想像をしてしまうか
というと

最近の男の子が
ほんとうにだらしなくなっている

顔もだらしない
生活もだらしない

そして
男らしさを
これっぽっちも備えてない


男とは
責任感、正義感が強いこと
外見ばかりじゃ女にもてないということ
女を守るということ
誠実で芯の強い正直な大人になること
女をスマートにエスコートできること

男らしい
ということは

たくましいということであって


髪の毛を染めたり
ワックスで固めたり立たせたり

ピアスを何個もして
周りの友達に見せることでもなければ

細い腕にタトゥをして自分の未熟さを誇示
することでもない!!




社会に通用する信頼される大人に成長すること

いつでも他人の立場に立って
思いやりを忘れないでいられること


約束を守ること


自分の夢をあきらめずに
実現のために努力すること


強い信念と
決断力



大好きになった彼女を一生守れること


何をするときでも
これは
「男らしい事か?」
と自問自答してほしい。


それは
しょうらいあなた達が女性にもてるため
大好きになった彼女に愛想を尽かされないため
希望のあるはずの結婚が悲惨に終わらないため
安定した生活をてにするため

まず
人間として
何が必要であるかを

男親はスパルタ式で
わが子たちを教育せねばならないことではなかろうか


それは
父親達にとってのゴルフよりも大切な
使命なのだよ!!

憧れの女性 

July 23 [Thu], 2009, 14:50
私の母は保母をしていたので
ほとんど家にいなかった。

よそでは子供を可愛がっていても
それは仕事であって
自分の子供とは一線を引いているような
クールな母親だった。

近所によく預けられていた
そのころで60代のおばあちゃん

白いかっぽう着か
白いサロンエプロンをいつもしていたのを覚えている

家事を終えれば
趣味のシルクフラワーを作って


煮豆やおはぎ
赤飯を作って
いつも我が家に
おすそ分けしてくれてた。

そのおばあちゃんの家
無駄なものは何一つなかった。

夫と一人息子の3人暮らし

遊びに行くと
いつも空気がキーンとしていた。

丸いちゃぶ台に
冷えた麦茶

今思い出しても
心があったかくなる

自分の母親を
その
おばあちゃんに
投影していたのだろうか


うちの母親
家事から逃げたいばかりに
外に出て働いていた

との本音を
最近初めて聞いて驚いた。


料理も洗濯も掃除も
全てイヤイヤやってた。
専業主婦じゃなければ
手抜きをしたって
誰にも責められないだろうと
自分の男勝りで家庭向きじゃない性格を正当化していたらしい。

よその家で初めて食べたグラタン。
手作りのアイスキャンディー。
缶に入ったお菓子。

幼い頃は
そんなものが
とても羨ましかった。

私が結婚したらグラタンが作れるお嫁さんになろう
そう心でつぶやいたのを
今でも覚えてる。


今でも実家に遊びに行くと
冷えた麦茶は出てこない、、、、

小さなころに無意識に憧れていた女性に
きっと今でも憧れているのだろう。

女の美しさって
家庭的な女性になること以外で表現できないのでは。。

でもでも
外見までも
そのおばあちゃんに似てきちゃってるのだ

40歳の「すぷーんおばさん」

髪の毛フェチ 

May 17 [Wed], 2006, 8:18
昨夜、娘の髪をドライヤーで乾かしていたら
サイドの短い束を発見。。。

問いただしてみると3日前に自分で切ったらしい
前髪を作りたかったんだとかいい訳してたけど
どうしても許せなかった

髪の毛に関しては恐ろしいほど口うるさくなる私たち夫婦

1ヶ月に1cmしか伸びないんだから
髪は大切にしなくちゃだめ!
とかいろいろ説得したけど

思春期の娘は
小さい頃からの同じ髪型に飽きて
イメチェンしたかったそうな。。。

テレビや雑誌で
中途半端なシャギーの女の子達を見ると
自分だけおかしいんじゃないか?
と思ってくるらしい。。。

私だってそうよ
ベースに遊びにいけば
自分のセンスや髪型が普通に思えるけど

日本のメディアばっかりにとらわれていると
たびたび
自分が流行遅れで化石のように感じる

娘にもそう言ったけど

美しさって時代や国は関係なく共通なの
よく道でフィリピンの女性があなたを見て振り向くのは
あなたがきれいで可愛いからよ
あなたの美は世界に通用するんだから
もっと自信を持ちなさいってね

人を羨ましがらないこと
自分の美的センスを信じる
流行に流されたら決して美しくはなれないよ

流される事は簡単
お金さえ出せば
美しさなんて考えもしてない
あなたの髪を切りたくてうずうずしている
へたっぴな美容師がすぐに切ってくれるわ

風になびかない
うすっぺらい
使い古したほうきみたいな髪型にね

お風呂場の大掃除 

May 16 [Tue], 2006, 15:34
ぬあんとも時間にしたらほんの30分程
なのに
いつもこれぐらいのことがなぜできないか?
と自分でも情けない

今日は張り切ってお風呂場の大掃除

普段見逃してるとこ
見たくないから見ぬふりをしている箇所も
がんばったがんばった

作家いい男対決 

May 16 [Tue], 2006, 15:18
島田雅彦がありで
中谷彰宏がなしなのはナゼか?

どちらとも顔は申し分ないハンサム
なのに
どうしてもいけすかないのは中谷であって
憧れの王子様的存在は島田!

均整のとれた美しい顔は
どちらとも甲乙つけがたい

背だって高そうなのは中谷だし

なぜに
島田の方が男としての魅力があるのか?

と考えた〜

ら・・・

中谷は露出度が高い!
&自惚れ度も高い!

島田の美しさに奥行きがあるのは
控えめだから・・・・

決して島田は中谷のように
自分の顔を本の表紙にしたりは絶対にしない

島田だって自分のかっこよさは知ってるはずだし
女にだってもてもてなはず。。。

だけど
あからさまにそれ見せない
これでもか〜!というほど露出しない謙虚ながらも強い美しさがあるのだ

色気とはそういう部分なのだ。
神秘性、、、未知の部分を残しておく

がんがんしゃべるタイプで
大口開けてガハハハーと面白いギャグを飛ばし
人を笑わせようとか

そんなものは色気とは逆効果

いったいあなたはどこにいるの?
あなたを見ることができるのは
いったいどこなの?


もうちょっと見たい
もうちょっと話したい

物足りないくらいが

なんでもちょうどいい

長い髪の女 

May 15 [Mon], 2006, 9:55
この前、スーパーのレジに並んでた長い髪を編み込みにしていた女性
うしろ姿は30代・・・
前に回って顔を見たらシワだらけの70近いおばあさんだった。。

格好も若くて
キャップ被ってパーカー着てた

あれが50代なら若い人のマネをして痛々しいけど
老人となるとかっこいい!

背筋もしゃんとして・・・
三つ編みの先の髪の毛もくるんと巻いてあった。

キレイ♪

2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:linda69
読者になる
Yapme!一覧
読者になる