利小損大にならないように。 

May 03 [Tue], 2011, 23:59
負けの恐怖心から損切りが遅れて損失が大きくなるというお話をしましたが、逆に利益が出ている時でもプロスペクト理論で説明がつく精神状態になることがあります。

無事利益が出てとても嬉しい状況になるのですが...。

今度は「今は利益が出ているのに、相場が逆に動いて損したらどうしよう?」という気持ちになります。
(確かに、せっかく利益が出ていたのに損で終わる事あります。)

そこで、利益が出ていたら急いで利確(利益確定)をしてしまいます。

これだけならまだしも、損が出ていた時になかなか損切りが出来なかったら、利小損大という状態になって、利益が小さいのに損失が大きくなり、合計するとマイナスになってしまいます。

こういう事を繰り返していると、投資資産がどんどんとなくなってしまいます。

対策としては、2、3万通貨(あるいは、2、3千通貨)のポジションを持ち、すぐに利確したい時はその内の1万通貨(1千通貨)を利確して、もう一つ(二つ)のポジションは持ち続けるという方法を使うのも良いと思います。