運命

March 11 [Sun], 2012, 22:03
かれを陥れたもう1人も他界した。
葬儀に行って見て見ぬ振りをした他の関係者にも
私なりの呪いをかけたきったのにかれに止められた。

運命の人を見ていたら私も2人の男の人生を変えてしまったような気がした。

淡々と流れていた

October 10 [Mon], 2011, 17:12
ここの存在はもうほとんど消えていて思い出す時は今日みたいな日。
ひとりで止まらない涙をどうにかしようとしてるとここを思い出す。

かれが闘病生活に入って五年になるんだね。
五年前に比べたら数キロ痩せたけど言われなきゃ癌患者には見えない。
だからあまり深く考えないように過ごしてた。
安定してたはずなのに。
五年かー。
五年以上の生存確率なんてかれには無かったはず。
また新たに転移が分かって、危ないなんて言われてないけどなんとなくもう一年とかなのかなって思う。
九州で入院生活だから思うように会えない。
思うようにいかない。
当たり前のことなんだけど思い通りにならないことが辛い。



かれを陥れた男は同じく癌で他界したらしい。

諸行無常

February 02 [Wed], 2011, 23:41
父親側のおばあちゃんの亡骸をみて私の思い出とあまりに違いすぎて涙なんてでなかった。
葬儀も私の中では簡潔に、淡々と終わった。
一滴も涙を流さずに。
86歳ということもあって納得もできる年齢だしね。

それなのに、東京に戻った今、急に涙が流れて止まらなくて。
明日から出社できるのかしら。
しばらくぼーっとしてたい。
でも明日会社に行ったらまた今まで通りの日常生活に戻るのだと思う。
全て今まで通り流れていく。
私の意志がどう働こうとも。

殺意

November 29 [Mon], 2010, 23:13
神がいるなら
たくさんの人を傷つけた私に
一生苦しみを与え続けても良いから
私が思う罪人にも苦しみを与え続けて欲しい。
普通に生活していることが許せない。

in 蛇の巣

October 29 [Fri], 2010, 21:58
秋分の日に合わせて行ったらすごい人。
残念ながら蛇の降臨はあまり確認できず。

携帯写真なので指がかかっちゃった1枚。

オールインクルーシブってすごいね。
さすがリゾート地。

トンネル生活

October 29 [Fri], 2010, 21:46
今のスタイルに私と私を取り巻く皆が慣れてくれたから理想通りの生活ができてる。
どの断面を見ても客観的には異常なんだろうけど。
それでもまかり通す力が私にはあるんだわ。
でも何かのはずみで1か所崩れると 形 として残ってるものは無くなるのだと思う。
でもそんな日は死ぬまで来ないと今は思える。
そう思ってること自体が麻痺なのかしら。

私だけしか知らない私の生活。

できないことなんてないのかもしれない

July 20 [Tue], 2010, 22:38
かれの人生を狂わしたあの男と女に一言だけ言いに行った。

信仰をもつあなたならこれから私が言うことを理解するのは簡単でしょう。
あなたはくだらないエゴで一人の人生を台無しにした。
残りの人生、あなたはその罪で毎晩魘されることでしょう。


はじめまして。
あなたのエゴであの人は深く傷を負ってしまった。
自分のした事の重大さが理解できる?
あなたはこの先ずっとこの罪から逃れられることはできない。
当然のことよ、あの人の好意を踏みにじって裏切ったのだから。
あなたは一生魘され続けるでしょう。


強迫に近いけど面と向かって言ったから証拠はないし二人は私のことを知らない。
まーかれの関係者とは思うかな。

どんなに二人が悪人でも少しは反省して欲しかった。
それだけのつもりで行動にうつした。

それだけだったんだけど、
2か月経った今、あの男は病気再発でもう長くはないとのこと。
女は鬱で腕を切り刻むようになってるとのこと。
女に関しては多少は私の行動が影響したかもしれないけどこんなになるとは思わなかった。
まーいいや。
二人とも死んでしまえ。

27年間で1番キレた出来事。

凡人だから

February 28 [Sun], 2010, 23:16
私が理想としていた 普通の形 作りをして理想通りの結果を手に入れて
私はそこから何も変わらず生活をしているのだけど
私に係わる大切な2人の生活がどんどん変わっていってしまった。
どんどん変わっていったというよりもいきなり裏面に行ってしまったとかそんな感じか。
その2人をどうにかする力も無い私の存在意義はどこにあるんだろー
なんて久々に自分という存在について考えてしまった。
この先も生きていくのなら力が足りない。
才能も足りない。
お金も足りない。
足りないものだらけだ。
普通 では何もできない。

人誅

February 20 [Sat], 2010, 22:58
権力が欲しい。
相手を捻じ伏せれるくらいの。

あの子にかれの結末は想像できたの?
かれがどうなっていくか考えたの?
ただの数十万のための行動がかれの人生を大きく変えてしまったことに気付いて。
かれの思いを裏切ったことに気付いて。
かれに大きな傷をつけたことに気付いて。
かれが今まで築いたもの全てを破壊したことに気付いて。

名前と住所さえ分かれば。

END

February 20 [Sat], 2010, 22:52
あの時の決断は彼にとって本当によかったのだろうか。
5年間を振り返ると常に戦闘モードで落ち着かない毎日だったと思う。
今も引き続き。
こんなにもいろいろなものが舞い込んでくるとさすがに持たないよ。
そうなった原因が私にあるような気がして。

罰なら私に与えればいい。
もうかれには安らぎを。
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コメント
アイコン画像りりぃ
» いつだって自分が中心 (2008年10月22日)
アイコン画像みゆ
» いつだって自分が中心 (2008年09月16日)
アイコン画像リリィ
» 罪ばかりが増える (2008年03月04日)
アイコン画像emi
» 罪ばかりが増える (2008年02月27日)
アイコン画像みゆ
» 罪ばかりが増える (2008年02月25日)
アイコン画像リリィ
» つくりもの (2007年01月24日)
アイコン画像みゆ
» つくりもの (2007年01月23日)
アイコン画像リリィ
» 派遣の薦め (2007年01月12日)
アイコン画像ジャッカル汽船座礁
» 派遣の薦め (2007年01月12日)
アイコン画像リリィ
» 故郷を憂える (2006年12月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lily22
読者になる
P R
Yapme!一覧
読者になる