役者として舞台に立ったり、演出したり、台本を書いたり、演技講師などしたりしている遠坂百合子の雑談部屋です。 リリーエアラインへのお便り、ご質問などございましたら、リリエアメールアドレスまで。→lily_airline@yahoo.co.jp

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遠坂百合子
  • アイコン画像 誕生日:1968年9月11日
読者になる
1990年-1998年 惑星ピスタチオに所属。 2005年、プロデュースユニット・リリーエアラインを立ち上げる。 現在、役者活動のほか、脚本執筆と演出もしています。「堺子どもミュージカル」「FSアカデミー」にて、小学生から高校生の子ども達とも作品を作っています。「それはそれシスターズ」の長女としても活動中✳︎ リリーエアラインへのお便りなどはこちらへ→lily_airline@yahoo.co.jp
■今後の予定■
スピカ@ありがとうございました / 2017年01月23日(月)
FSアカデミー×アカルスタジオ
『おばけ少女スピカ〜黒猫と屋根裏部屋の秘密〜』


公演が終わって一週間。


劇場に足をお運びいただいたお客様、お世話になった関係者の皆様、応援してくれた友達のみんな、本当に本当にありがとうございました。


約10年前の初脚本・演出作品を大幅に書き直しました。
登場キャラは三倍になり、視覚的に華やかな見どころも用意し、軽快なテンポとリズミカルなグルーブ感を重視し、ちょっと派手目の娯楽性を高めてみました。


「人の優しさ、他者への愛情」を表現したいという点については変わりません。



ジャンルはいろいろあり、表現方法もそれぞれだけど、多くの「作品」というものは、他人を幸せにするために生み出されているのではないかと考えています。



「作品」だけでなく、世に出てくる製品、商品、サービスは、みんな他人の幸せのためにあるのではないかと。



それはきれいごとで、所詮は利益の追求、他人のためではない、個人の私利私欲のためだと言われたこともあるけれど、解釈次第かな?というのが私の意見。


たとえ偽善でも善は善、行いが大事だというのが現時点での私の考えです。


儲けのためのアイデアでも、結果、誰かの役に立つならば、私利私欲の追求ではないし・・・私利私欲の追求が悪いわけじゃなし・・・あれ?いったい、なんの話を?




スピカも、他人の幸せを願って作りました。
「へっ!あんなので幸せになんかならないよ!」というご意見・ご感想も、もちろんあると思います
引き続き、精進していきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。





ゲネプロ(通し)で咄嗟にスマホで撮影して一場面。

リアルマッチ売りの少女を、亡くなったおばあさんの亡霊がお迎えに来たところ。
左端に見えるおばあさんの人形は、佐々木ヤス子が作ってくれた!







夜の大人の店、ショーラウンジ「ミラージュ」での大人達のごたごたした混沌シーン。
これはもう、あれですね、演出というより、演者達のパフォーマンス力によって成立しましたね








 
   
Posted at 15:49/ この記事のURL
コメント(0)
2017 平成29 開始。目標達成の方法を考えた / 2017年01月03日(火)
あけましておめでとうございます
旧年中は、大変お世話になりました。
本年も、どうぞよろしくお願い致します





大晦日と元旦は、実家に。
おせちは、ほとんど母の手作り。
私が作ったエビの何か、思いのほか美味しかった





夜中に、近所の神社に初詣に。
冬の夜中の寒さは厳しい
焚き火、あたたかい。
あたたかいってのは、本当に大事だね。





境内は、とっても賑わっていて、ぜんざいとお酒も振舞われていた。
とっても美味しかった!

多くの人が、楽しそうな表情だった。

新年への希望に、頬がほんのり光ってた。


希望があるのは、いい


実家の夜空には、星がよく見えた。
オリオン座も、よく見えた





実家の壁にある、小6の時に描いた油絵のブドウ。
もりもり、絵の具を盛ってる。




平成も、いつの間にか長くなってきた。
天皇陛下も、もうちょっとラクに暮らせたらいいのにと思うけど、天皇陛下ともなると、そう簡単にはいかないのかな?


昭和って、めっちゃ長かったんやなあと、あらためて感心。
戦争もあったし、自分も生まれたし。




小さな目標、いろいろ立てたよ。
目標って、よく忘れるので、忘れないようにしたい。
たぶん、覚えてるだけで、ほぼ達成できるんじゃないかという楽観


 
   
Posted at 20:26/ この記事のURL
コメント(0)
2016大晦日に / 2016年12月31日(土)
2016年、大晦日


いろいろ難もあったけど、無事に生きてる。


いや、しかし、寒いね
家があって、暖房があって、お風呂があって、布団があって、本当にありがたい


家族や友人もいてくれる。
応援してくれるお客さんも。
それから、いろんな場面で、たくさんの人々が力をくれる。


本当に本当に、ありがとうございます?




草むらで、ひなたぼっこする野良猫ちゃん。
こんな寒い日は、どこでどうしているのか。
少しでも温かく、幸せな気持ちになってほしい。本気で祈ってる






2016年に使っていたカレンダー。
毎日、日付に線を引いて消していた。
今日、一年を振り返りながら、最後の日を消したよ




実家にて。
母の指揮のもと、海老をどうにかする作業。
正直、二週間後の公演が気になって、居ても立ってもいられない心境ではあるけれど、せっかくの正月なので、親族との交流も大事にしたい








姪の手作りブックカバーの中身は、リラックマの4クママンガ
姪は、本当に可愛くて賢くて優しくて女子力高くてお洒落で朗らかでポジティブで、ほんと、かなわない。





先日、もうすぐ閉店するカフェ+ギャラリー・ジャントゥトゥクーに行った。
演劇活動で、何度もお世話になった。
たくさんの作品を発表させていただいた。
あらゆる瞬間が絵になる、とても劇的な空間。
人々も優しくあたたかく、特別に好きな場所だった。
閉店しても、また新たに活動を始められるとのこと。
応援します!!




そして、先日、友達に赤ちゃんが生まれた


少しずつ、少しずつ、状況は変わっていくね。


来年の目標は、些細なことに動揺せず、機嫌の良さを保ち、感謝の気持ちを常に忘れず、未来を見つめて確実に歩を進めること。


来年の目標というより、人生の目標かな?


確実に歩を進めなくては。
自分のために、周囲の人々のために、しっかりしていきたい。


しっかり、て。ね。
この年になっても、まだぜんぜんしっかりしてないんだよ


努力は、続けたい。


みなさま、良いお年をお迎えください



 
   
Posted at 22:30/ この記事のURL
コメント(0)
【活動情報】(12/21更新) / 2016年12月31日(土)

FSアカデミー×アカルスタジオ
スタジオ公演
『おばけ少女スピカ〜黒猫と屋根裏部屋の秘密〜』


脚本と演出を担当します。




リリーエアライン×Undercurrent 合同公演
『アンデルセンの小石』
DVD販売開始☆


アンデルセンの作品から受けたインスピレーションを基に、両団体が独自の解釈を織り込んだオリジナル作品を発表しました。短編ニ本立てです。

販売価格:1000円(別途郵送料200円)
※固定カメラ一台で撮影した映像です。


【お申込み方法】
リリーエアラインの自主公演の予定は今のところございませんので、受付などでの直接販売は行いません。


メールにてお申し込みをいただき、料金をお振込いただく銀行口座をお伝えさせていただきます。
お振込の確認がとれ次第、DVDを御送付致します。

DVDをご希望のお客様は、お名前・お届け先ご住所・お電話番号をご記入のうえ、リリーエアラインのアドレスまでご連絡お願い致します。
lily_airline@yahoo.co.jp









リリーエアライン
『雪の女王、より』

【出演】
伊藤駿九郎(KING&HEAVY)
福田薫
田中星男(PATCH-WORKS)
【脚本・演出】
遠坂百合子


Undercurrent

『靴屋のものがたり』
※ダンス作品

【出演】
岡崎愛
中村萌
【脚色・演出】
村田絵美

【公演日時】2015年12月4日(金)ー6日(日)  
【会場】 カフェ+ギャラリー can tutku(ジャントゥトゥクー)


ウェブ広告のモデルを始めました。
詳しくは、こちら→
大阪のホームページ制作会社 株式会社オロモ

株式会社オロモ


それはそれシスターズ
写真左から、是常祐美・嘉納みなこ・佐々木ヤス子・遠坂百合子


詳しくは、公式ブログにて

http://blog.livedoor.jp/ssss4444sisters/






 
   
Posted at 11:25/ この記事のURL
コメント(2)
【過去の作品ギャラリー:固定】 / 2016年12月30日(金)
過去の作品の写真を紹介していこうと思います。
少しずつ進めていきますね


2015年12月『雪の女王、より』
(Undercurrentとの合同企画「アンデルセンの小石」公演)







朗読公演『バビロンまで』





 
   
Posted at 17:26/ この記事のURL
コメント(0)
私のスターウォーズ / 2016年12月28日(水)
スターウォーズを初めて観たのは、小学校の体育館!


学校行事の映画鑑賞会で


小学校の先生でファンの人がいてはって、それで選んだのかも?


あの時の率直な感想としては、「これはいったいなんだろう?」


物語がよく分からなくて、いったい何がどうなってどうなったのか、いろいろ把握できなくてボー然としてしまった。


レイア姫が、友達のお母さんに似てることが気になってた。


あれから約40年。


特別なファンではないけれど、新作の公開を楽しみに待つようになったよ


スターウォーズが気になる理由の一つは、「ずっと続いてる」「しかもずっと活発に」ってところ。


最初の出会いが10才ぐらいとして、
40年経ってまだ新作が続いてて、
もしかしたら寿命が来る頃にもまだ何かしらのエピソードが続いてるとして、
もう人生の大半の中にスターウォーズがいるってことに!


それがなぜ「好き」の理由になるのか?


健康長寿への憧れか?
私にとっては、鶴亀みたいな存在なのか?


・・・あぁ、もっと素敵なスターウォーズ考を書きたかったのに、なんてオチや





























 
   
Posted at 18:36/ この記事のURL
コメント(0)
クリスマスの特別 / 2016年12月23日(金)
明日は、クリスマス・イブ

クリスマスは、クリスマスっぽいことしたいと、いまだに思ってる。

「クリスマスっぽいこと」って、なんだろう?

たとえば、
・クリスマスツリーを飾る
・クリスマスケーキを食べる

そんなんでいい。
クリスチャンではないので宗教的に特別な思い入れは無いし・・・

・・・いや、正直に言うと、特別にベタなデートをしたい
観覧車に乗って夜景を見る、といった。

巷に溢れるクリスマスの電飾やオーナメントのキラキラ感が、なんとなく「そんな気」にさせてくるんだよ。

これは、「キラキラしたものが好き」というラスカルのカラス並みの感性のなせる業かも。




そして、今夜19時から、kiss-FMにて、クリスマスドラマスペシャルが放送されます!

脚本担当は
たみお(ユリイカ百貨店)
嘉納みなこ(かのうとおっさん)
合田団地(努力クラブ)
福谷圭祐(匿名劇壇)

私は、嘉納さんの作品に登場します。
キャスティングをしたは嘉納さんではなくて、番組の制作者の方。
嘉納さんと縁がある

女3人のいわゆる「女子トーク」。
嘉納さん流の笑える辛辣さと愛をこめて。

写真は、スタジオで収録した時。
左から、平野舞(維新派)・嘉納みなこ・私・片山誠子(PEOPLE PURPLE)
 
   
Posted at 17:18/ この記事のURL
コメント(0)
ラブコメ雑談と、来年一月の公演 / 2016年12月16日(金)
http://blog.livedoor.jp/ssss4444sisters/archives/1063123044.html
今日は、それはそれシスターズのブログに雑談を書いたよ
「ラブコメに学ぶ!」



そして!こちら!よろしくお願いします
チケットご予約は、こちら!
http://ticket.corich.jp/apply/79532/009/










 
   
Posted at 23:42/ この記事のURL
コメント(0)
ツイッターもぜひぜひ / 2016年12月10日(土)
話題はいろいろあるんやけど、記事を書くのが追いつかないよ〜


演劇に興味が無い友人には、演劇以外の雑談が読みたいって言われる。
また書くね、日々の雑談。

最近は、ツイッターに短い雑談書くことが多いです。
アカウントは、@tosakayurikoです



先日、自主制作映画「なかよくなれたらいいな」が好評だった栗ちゃんこと栗山陽輔監督の次回作の撮影が始まった




左:栗ちゃん。20代最後の作品だって。
この数年のうちに、めっちゃ大人になって、もう40才ぐらいの風格になってる。

撮影は、武信さん。




夜の大阪の街で。





「なかよくなれたらいいな」で私に殺された丹下ちゃん





上:突劇金魚の山ちゃん。
右:「なかよくなれたらいいな」で私に取り憑かれた?朋ちゃん





他の映画でカンヌに行った白井くん。


私は、ある場面に、ほんのちょっとだけ顔を出したよ。


メインキャストの人は、撮影中だったので写真撮れず。


 
   
Posted at 18:49/ この記事のURL
コメント(0)
スピカ オーディション / 2016年12月04日(日)
昨日と今日、『おばけ少女スピカ〜黒猫と屋根裏部屋の秘密〜』出演者オーディションがあった。


予想を遥かに超える濃いインパクトの顔ぶれに、私の瞳孔も開き気味


そして、みんなが私の台本を待ってくれている。


正直言うと、台本を書くのは不安との闘いやし、恐怖で吐き気を感じることもあるし、夜眠れない、悪夢に悩まされることも当たり前。


それでも、すごい不思議なのは、みんな、私が台本を書き上げることが出来ると信じて疑わないこと。


当人は、本当に書けるのか?もう無理じゃないか?と、いつも怯えているのに。


それでも、みんなの信頼に満ち満ちた顔を見ていると、「書くぞ!書かねば!書けるはず!」と、国語の五段活用の変形版みたいな心境になる


でもしかし、どうにも耐え難い時には、友達に頼ったりもするよ
いろいろ話を聞いてもらったり


 
   
Posted at 22:18/ この記事のURL
コメント(0)
P R
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.