旅の途中。 

2007年12月12日(水) 4時28分
今は旅の途中。そう俺は四国遍路に来ている。
道草くってばっかりでなかなか ゴールに辿り着けない。
遍路途中で出会ったある女性のブログを見て、ふと思った。
彼女が結願してしばらく経つがいまだゴールしていない自分が情けなくもあり、逃げてしまった後悔とが交錯していた、でもそもそも俺はこの旅に何を求めていたんだろうか?
興味本位?体質改善?苦行?
自分捜し?それとも只の現実逃避か?彼女には明確な目的があったんではないだろうか?
俺はおそらく結願しても涙なんか流せない。徳島〜愛媛県に入る頃まで、それこそ一番辛いと言われるような難所もクリアして歩き続けた。でもある日思った、だから何やねん?と。
難所とかどうでもいい、少しの達成感は得れたがその先には何も待っていなかった。きっと結願の時を迎えても同じ感覚だと思う。足の痛みに耐えながら骨を軋ませながらそれでも頑張ろうとする自分が新鮮ではあったし、確かに夢中になっていた。でも先が見えてきて、ゴールの日にちが計算できる 頃になると、急に気持ちが冷めてきてしまった。ふと出発前の自分に戻ってしまっている事に気がついた、体が元に戻ろうとするのは致し方ないが気持ちまでもが、なぜゴールが見えた途端に元にもどろうとするのだろうか。
ゴールしたくないのか?ウチに帰りたくないのか?
これではホントに只の現実逃避の旅になってしまう?
そう俺はまだ何かを掴みきれていない。
ここまで色々な事を四国から学んだ、神の存在、自然の素晴らしさ、人間の優しさ、醜さ。
それらのことを必死に胸に押し込めて何かを得ようとしてる自分にも気付いた。
でも、果たして東京に帰ったときこの経験を活かせるだけの自分になれたのかといえば答えは完全にノーだ。なぜならこの得たものを何に活かせばいいのかがわからない。神にお願いしてきた事と言えば一番札所から一貫して、人の役に立つ人間になりたい、人に幸せな気持ちを与えられる仕事を見つけたい、そのためには努力を惜しまない。神にすがり、先祖の供養を欠かさず精進していきたいと願ってお経を唱えてきた。
でもまだ答えは見つからない。そもそも答えなんかないことは分かっている。
でも、おそらくここに来たのはその答えが見つけれるような気がしていたからかもしれない。だからまだ帰る訳にはいかない気がしてしまう。
苦しい。
明日は何か見つけれるだろうか?残り少ないこの旅で何ができるだろうか……。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:liliang
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる