DHEってさ 

2012年08月13日(月) 12時06分
デジハリってさ、デジタルハリウッドってさ、

何作ってもほんっっと面白くないよねー。



かずきとかばーちょんとか売れ筋使って、それかよ!?って思うもんばっか。。。

嫌なことされたから言うわけじゃないけど(それもあるけど)
前々から思ってはいたんですよね。

あとイベントもつまらない。(かずきとかたっくんのドラマのやつ)


企画力がねーんだよ。
なにやっても一緒。

ドラマも、映画も、舞台も、ぜーーーーんぶおんなじで、雰囲気と役者人気でなんとか金取ろうとする。
で、取れてない。

企画力と構成力とおそらく予算(笑)がゼロ以下だから。

ねるけはバーター大量でも大ハズレってのは滅多にない感じがします。
どれもそこそこ良い感じに仕上げて、時々大当たりも出すもんね。

まぁ、、、てにす作ってんだから当たり前か。


せっかく脚本だったりキャストだったりの目の付けどころは当たってるのに、
デジハリにやらせると全部潰れちゃう。
同じものを他所の制作会社がやったら面白いだろうなーと思うと、役者の持ち腐れに感じてしょうがないです。

「こういうのやれば女の客飛びつくんじゃね?」
「この役者つかえばファンが食いつくんじゃね?」

ってとこまでその発想は間違っちゃいないんだけど、その先がまるで素人なんだよなぁ。。。


まぁ、ね。
中身のスタッフがそんなかんじだから、面白いものなんて一生作れないと思いますよ。
この会社からヒット作は出ない。

だって仕事に熱意持ってないの伝わってくるもん。


さて私はこれからもねるけに踊るとする。

ねるけにだって今まで思ったことは色々あったけど、長年経ってやっぱ切っても切れないなぁと思うようになった。
何よりやり方が姑息で面白いからどうしようもないw

それで良いんです。
いっぱいファンに金使わせる、面白い作品たくさん作ってくださいね。


赤坂ACT倶楽部のタンブリングvol.3チケは、5列目以内ではありません!! 

2012年07月03日(火) 15時42分

※「赤坂ACT倶楽部有料会員先行」にて、「タンブリングvol.3」のチケットをご購入された方は必ずお読みください!※
重要な文章です。
それ以外の方も、周知のため読んで頂けると嬉しいです。

本題ですが、 タンブリングvol.3 のチケ取りの際に、 赤坂ACT倶楽部のHPに記載されていた以下の文章

「各公演先着10席5列目以内を保証!!」(原文のまま)

この文章に魅力を感じ、私は会員費5000円を支払い赤坂ACT倶楽部有料となりました。

そしてまずは東京公演の発売日にチケ取りに参戦し、チケットを確保することができました。
チケットは公演の2週間前に自宅に配送されて来ます。

これを読んでくださった方、私の手元に来るチケットはどのあたりの座席だと思われますか?

私は、「5列目以内を保証」という言葉から、端だとしても間違いなく5列目以内のチケットが送られてくる、となんの疑問も抱かず信じていました。

ですが、実際は違います。

今、東京公演のチケットはまだ手元にありませんが、凱旋のチケットを持っています。
これも赤坂ACT倶楽部有料会員先行で購入したものですが、引き取り方法が配送ではなくコンビニだったため、引き出してみました。

結果、遥か後方列でした。

5列目以内と思っていたものが…。

とは言え、東京公演と凱旋公演は若干表記が変わっており、凱旋では「各公演5列目以内の10席を含むお席の中から抽選でご案内いたします」となっていたので、こちらは見落としです。
(ちなみにこれも赤坂ACT倶楽部HPの「最新情報」のリンク先を開かなければ見られないトピックスに記載されており、実際にチケットを購入する際にはどこにも書いていない文言です)

しかし、東京公演のほうは未だにはっきりと「各公演先着10席5列目以内を保証!!」という誘い文句が書かれています。
そのため、東京公演のほうは5列目以内が取れているはずだと思い赤坂ACT倶楽部に確認の電話をしました。


答えは、5列目以内ではないかもしれない、どこの席になるかは分からないとの事でした。


保証すると書いてあるにも関わらず、先着10席より後のことはどこの席になるか分からない、と…。

もちろん購入者は、自分が何人目にアクセスしたか、10席以内に入れたかなんて知る術はありません。
その状態で席が分からないまま、クレジット決済されてしまうのです。

自分が10席以内入っているかわからないのに、何を「保証」しているのでしょうか…?
 
現状タンブリングvol.3は一般発売されていますが、すべての公演まだ残席があります。
ローソンではこのチケットを、座席を選択して購入することが可能です。
 
もし、赤坂ACT倶楽部の有料会員先行で取った席が、先着10席以内に入っていなかったとしたら。
その後のことは知らないと言っているのですから、3階の1番はじっこの席ということも有り得るのです。
現状一般で座席を選ぶことができるのですから、赤坂ACT倶楽部有料会員になった方は

「5000円を払って、一般発売より悪い席を購入させられた」ことになります。 


購入時に座席がわからないのであれば、5列以内の10席のみを販売すべきで、それ以外は売らず完売状態にしていなければ「5列目以内を保証」したことにはなりません。
 
「購入者が5列目以内をおさえられたと分かる仕様にする」「5列目以外の席はこの先行では売らない」
このどちらかが販売条件でなければ、私は「5列目以内を保証!!」する責任を果たしていないという考えです。

ここまで読んでくださって、「そう言われてみれば、5列目以外を売らないとは書いていないんじゃない?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、文章の一番最初に「各公演先着10席5列目以内を保証!!」という文言を見たときにもそう感じましたか?
初めて読んだときにはそう思わず、純粋に5列目以内が購入できるんだな、と思われませんでしたか?

こうして説明をしなければ理解できない文言など、売り文句にしてはいけないのです。
購入者を混乱させ、勘違いさせることによって赤坂ACT倶楽部の有料会員にさせる詐欺まがいの行為だと受け取られても仕方ないと思います。

読み手によって解釈が変わる。
そんな曖昧な文章を、1枚7800円もする安価とは言えないチケットを販売する際に使用していいのでしょうか。

現に他社のプレイガイドではチケット先行発売の際に、「必ずしも良席を確保するものではありません」と分かりやすい場所にはっきり記載しています。
これは法律により記載する義務があるものではありませんが、購入者の混乱や勘違いを防ぐためのものです。
 
赤坂ACT倶楽部ではその注釈を書かないことはおろか、「5列目以内を保証!!」などと実際には保証していないことをあたかも保証しているように記載し、購入者の購買意欲をあおるのは立派な詐欺行為と考えます。

 
以上のようなことを赤坂ACT倶楽部に直接訴えましたが、未だ返金や5列目以内の席に交換といった対策は一切取られないままです。
しかし赤坂ACT倶楽部は、「購入者が勘違いをしやすい曖昧な表記だった」ことに非があると認めています。

購入者ではなく自分たちに非があることを認めているのに、要求に応じないのです。

また、赤坂ACT倶楽部は「連絡してくるお客様は複数いますが、少ないので・・・」とはっきり言いました。
つまり、声を上げる人の数が多ければひっくり返る可能性はあるのです。

 
これをご覧になった赤坂ACT倶楽部にてチケットを購入した方、貴方の手元に届くチケットは3階席かもしれません。
そんな席が公演2週間前に届いてから慌てるのでは遅いと思います。
先方は2週間では動きません。揉み消すつもりでやっています。
今のうちに、声を上げてください。意見してください。
私もまだ諦めません。こんなことがまかり通る演劇界ではいけないと思います。

今回の詐欺まがいの行為によりチケットを購入された方がどれくらいいらっしゃるのか分かりませんが、1人でも多くの方が声を上げることが大事だと思います。

  赤坂ACT倶楽部お問合せ
  TEL:03-5549-7259(平日14:00〜18:00)
  MAIL:info@act-club.jp


最後に。
赤坂ACT倶楽部でチケットを買ったわけではない方、さらに今回タンブリングは観に行かれない方・・・
それでもかまいません、どうかこの事実をツイッターでも口頭でもいいので周りのお友達にお伝え頂けませんか?

公演1週間前にチケットが届くのを楽しみにしている、まだ事実を知らない方に1人でも多くお伝えしたいのです。

ここまでこれを読んでくださった方の中には、お芝居などがお好きな方がいらっしゃると思います。
そういった方が今後被害に遭われないためにも、「赤坂ACT倶楽部」でチケットを購入する際にはこの文章のことを思い出してください。
周りに「赤坂ACT倶楽部」に入会されている方、購入しようとされている方がいらっしゃいましたら、こう言った事例があったことをお伝えください。
これらはただ単に事実を記載しただけです。誇張も大げさな批判もしておりません。

長文、乱文失礼致しました。
お読み頂いたことを心より感謝いたします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は私の個人的な独り言です。


私は今回の公演をとても楽しみにしていました。

四天が大好きなので、両部長の初めての共演に驚き、他にもたくさん好きなキャストさんが出るということで、発表されたときからずっと嬉しくて仕方ありませんでした。
ドラマや舞台は見ていなかったのですが、新体操という題材も期待できるもので、楽しみでした。

それが3ヶ月後にはこんな事になってしまうとは、思いもしませんでした・・・。

この公演はもう私にとって、純粋に楽しめる舞台ではなくなってしまいました。

今でも諦めていませんが、赤坂ACT倶楽部と戦い、意見を言い続けるのは本当に骨が折れます。毎日が憂鬱な気分です。

こんな不快な気持になったうえに、赤坂ACT倶楽部で購入した悪席に当日座らなければならないのに、楽しめるわけがありません。
そういう方が私以外にもいらっしゃるのです。

どんなに素晴らしい舞台を作り上げてくださっても、もう駄目なのです。
演者さんが一生懸命に稽古なさって、スタッフさんが力を尽くして面白い作品を作ってくださるのに・・・
赤坂ACT倶楽部は、私たち被害者、出演者さん、スタッフさんの心も踏みにじったと思います。

こうして不快で憂鬱な気持にさせ、楽しみな気持ちを全て奪い、たくさんの人の心を踏みにじる権利が、赤坂ACT倶楽部にあるのでしょうか?

金策のために売りつけるだけ売りつけて、悲しんでいる人がいるのに何の対応もしない。
こんな悪徳企業がのさばっていて良いのでしょうか。

5000円を払っている会員に対してこのような不誠実な対応をするような企業ですから、先細りになって行くのは目に見えています。
それでも今でも沢山の公演を取り扱い、このような企業が演劇界に関わっていることが本当に許せません。
舞台が好きなお客さんの気持ちを逆手に取り、金儲けの為だけに動いている企業です。
そういう企業はエンターテイメント界には必要ありません。

赤坂ACT倶楽部関係者!!
これを読んで何も省みるところがないのであれば、貴方がたの思考は常軌を逸しています。

被害に遭った私たちが決しておかしなことを要求しているのではなく、正当な権利を主張している事を考えてみて下さい。
貴方達の経営理念をお聞かせ願いたいところです。

とにかく、この公演以外も含めこれ以上犠牲者が出ない事を祈っています。
私のようにお芝居や、キャストさんが大好きな方々に悲しい思いをしてほしくありません。
被害者は私達が最後でありますように。

赤坂ACT倶楽部のタンブリングvol.3チケは、5列目以内ではありません!! 

2012年07月01日(日) 23時57分
※「赤坂ACT倶楽部有料会員先行」にて、「タンブリングvol.3」のチケットをご購入された方は必ずお読みください!※
重要な文章です。
それ以外の方も、周知のため読んで頂けると嬉しいです。

本題ですが、 タンブリングvol.3 のチケ取りの際に、 赤坂ACT倶楽部のHPに記載されていた以下の文章

「各公演先着10席5列目以内を保証!!」(原文のまま)

この文章に魅力を感じ、私は会員費5000円を支払い赤坂ACT倶楽部有料となりました。

そしてまずは東京公演の発売日にチケ取りに参戦し、チケットを確保することができました。
チケットは公演の2週間前に自宅に配送されて来ます。

これを読んでくださった方、私の手元に来るチケットはどのあたりの座席だと思われますか?

私は、「5列目以内を保証」という言葉から、端だとしても間違いなく5列目以内のチケットが送られてくる、となんの疑問も抱かず信じていました。

ですが、実際は違います。

今、東京公演のチケットはまだ手元にありませんが、凱旋のチケットを持っています。
これも赤坂ACT倶楽部有料会員先行で購入したものですが、引き取り方法が配送ではなくコンビニだったため、引き出してみました。

結果、遥か後方列でした。

5列目以内と思っていたものが…。

とは言え、東京公演と凱旋公演は若干表記が変わっており、凱旋では「各公演5列目以内の10席を含むお席の中から抽選でご案内いたします」となっていたので、こちらは見落としです。
(ちなみにこれも赤坂ACT倶楽部HPの「最新情報」のリンク先を開かなければ見られないトピックスに記載されており、実際にチケットを購入する際にはどこにも書いていない文言です)

しかし、東京公演のほうは未だにはっきりと「各公演先着10席5列目以内を保証!!」という誘い文句が書かれています。
そのため、東京公演のほうは5列目以内が取れているはずだと思い赤坂ACT倶楽部に確認の電話をしました。


答えは、5列目以内ではないかもしれない、どこの席になるかは分からないとの事でした。


保証すると書いてあるにも関わらず、先着10席より後のことはどこの席になるか分からない、と…。

もちろん購入者は、自分が何人目にアクセスしたか、10席以内に入れたかなんて知る術はありません。
その状態で席が分からないまま、クレジット決済されてしまうのです。

自分が10席以内入っているかわからないのに、何を「保証」しているのでしょうか…?
 
現状タンブリングvol.3は一般発売されていますが、すべての公演まだ残席があります。
ローソンではこのチケットを、座席を選択して購入することが可能です。
 
もし、赤坂ACT倶楽部の有料会員先行で取った席が、先着10席以内に入っていなかったとしたら。
その後のことは知らないと言っているのですから、3階の1番はじっこの席ということも有り得るのです。
現状一般で座席を選ぶことができるのですから、赤坂ACT倶楽部有料会員になった方は

「5000円を払って、一般発売より悪い席を購入させられた」ことになります。 


購入時に座席がわからないのであれば、5列以内の10席のみを販売すべきで、それ以外は売らず完売状態にしていなければ「5列目以内を保証」したことにはなりません。
 
「購入者が5列目以内をおさえられたと分かる仕様にする」「5列目以外の席はこの先行では売らない」
このどちらかが販売条件でなければ、私は「5列目以内を保証!!」する責任を果たしていないという考えです。

ここまで読んでくださって、「そう言われてみれば、5列目以外を売らないとは書いていないんじゃない?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、文章の一番最初に「各公演先着10席5列目以内を保証!!」という文言を見たときにもそう感じましたか?
初めて読んだときにはそう思わず、純粋に5列目以内が購入できるんだな、と思われませんでしたか?


こうして説明をしなければ理解できない文言など、売り文句にしてはいけないのです。
購入者を混乱させ、勘違いさせることによって赤坂ACT倶楽部の有料会員にさせる詐欺まがいの行為だと受け取られても仕方ないと思います。


読み手によって解釈が変わる。
そんな曖昧な文章を、1枚7800円もする安価とは言えないチケットを販売する際に使用していいのでしょうか。

現に他社のプレイガイドではチケット先行発売の際に、「必ずしも良席を確保するものではありません」と分かりやすい場所にはっきり記載しています。
これは法律により記載する義務があるものではありませんが、購入者の混乱や勘違いを防ぐためのものです。
 
赤坂ACT倶楽部ではその注釈を書かないことはおろか、「5列目以内を保証!!」などと実際には保証していないことをあたかも保証しているように記載し、購入者の購買意欲をあおるのは立派な詐欺行為と考えます。

 
以上のようなことを赤坂ACT倶楽部に直接訴えましたが、未だ返金や5列目以内の席に交換といった対策は一切取られないままです。
しかし赤坂ACT倶楽部は、「購入者が勘違いをしやすい曖昧な表記だった」ことに非があると認めています。

購入者ではなく自分たちに非があることを認めているのに、要求に応じないのです。


また、赤坂ACT倶楽部は「連絡してくるお客様は複数いますが、少ないので・・・」とはっきり言いました。
つまり、声を上げる人の数が多ければひっくり返る可能性はあるのです。

 
これをご覧になった赤坂ACT倶楽部にてチケットを購入した方、貴方の手元に届くチケットは3階席かもしれません。
そんな席が公演2週間前に届いてから慌てるのでは遅いと思います。
先方は2週間では動きません。揉み消すつもりでやっています。
今のうちに、声を上げてください。意見してください。
私もまだ諦めません。こんなことがまかり通る演劇界ではいけないと思います。

今回の詐欺まがいの行為によりチケットを購入された方がどれくらいいらっしゃるのか分かりませんが、1人でも多くの方が声を上げることが大事だと思います。

  赤坂ACT倶楽部お問合せ
  TEL:03-5549-7259(平日14:00〜18:00)
  MAIL:info@act-club.jp



最後に。
赤坂ACT倶楽部でチケットを買ったわけではない方、さらに今回タンブリングは観に行かれない方・・・
それでもかまいません、どうかこの事実をツイッターでも口頭でもいいので周りのお友達にお伝え頂けませんか?

公演1週間前にチケットが届くのを楽しみにしている、まだ事実を知らない方に1人でも多くお伝えしたいのです。

ここまでこれを読んでくださった方の中には、お芝居などがお好きな方がいらっしゃると思います。
そういった方が今後被害に遭われないためにも、「赤坂ACT倶楽部」でチケットを購入する際にはこの文章のことを思い出してください。
周りに「赤坂ACT倶楽部」に入会されている方、購入しようとされている方がいらっしゃいましたら、こう言った事例があったことをお伝えください。
これらはただ単に事実を記載しただけです。誇張も大げさな批判もしておりません。

長文、乱文失礼致しました。
お読み頂いたことを心より感謝いたします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は私の個人的な独り言です。


私は今回の公演をとても楽しみにしていました。

四天が大好きなので、両部長の初めての共演に驚き、他にもたくさん好きなキャストさんが出るということで、発表されたときからずっと嬉しくて仕方ありませんでした。
ドラマや舞台は見ていなかったのですが、新体操という題材も期待できるもので、楽しみでした。

それが3ヶ月後にはこんな事になってしまうとは、思いもしませんでした・・・。

この公演はもう私にとって、純粋に楽しめる舞台ではなくなってしまいました。

今でも諦めていませんが、赤坂ACT倶楽部と戦い、意見を言い続けるのは本当に骨が折れます。毎日が憂鬱な気分です。

こんな不快な気持になったうえに、赤坂ACT倶楽部で購入した悪席に当日座らなければならないのに、楽しめるわけがありません。
そういう方が私以外にもいらっしゃるのです。

どんなに素晴らしい舞台を作り上げてくださっても、もう駄目なのです。
演者さんが一生懸命に稽古なさって、スタッフさんが力を尽くして面白い作品を作ってくださるのに・・・
赤坂ACT倶楽部は、私たち被害者、出演者さん、スタッフさんの心も踏みにじったと思います。

こうして不快で憂鬱な気持にさせ、楽しみな気持ちを全て奪い、たくさんの人の心を踏みにじる権利が、赤坂ACT倶楽部にあるのでしょうか?

金策のために売りつけるだけ売りつけて、悲しんでいる人がいるのに何の対応もしない。
こんな悪徳企業がのさばっていて良いのでしょうか。

5000円を払っている会員に対してこのような不誠実な対応をするような企業ですから、先細りになって行くのは目に見えています。
それでも今でも沢山の公演を取り扱い、このような企業が演劇界に関わっていることが本当に許せません。
舞台が好きなお客さんの気持ちを逆手に取り、金儲けの為だけに動いている企業です。
そういう企業はエンターテイメント界には必要ありません。

赤坂ACT倶楽部関係者!!
これを読んで何も省みるところがないのであれば、貴方がたの思考は常軌を逸しています。

被害に遭った私たちが決しておかしなことを要求しているのではなく、正当な権利を主張している事を考えてみて下さい。
貴方達の経営理念をお聞かせ願いたいところです。

とにかく、この公演以外も含めこれ以上犠牲者が出ない事を祈っています。
私のようにお芝居や、キャストさんが大好きな方々に悲しい思いをしてほしくありません。
被害者は私達が最後でありますように。

あけおめです。 

2009年01月13日(火) 1時15分
いつも久し振りなのでとくに前置きはなく。
生きてます。


ミュのせいでまさかの四天王寺にお熱。

ミュってこわいねー!ちょっと前まで千歳しか名前いえなかったのに(笑


白石っちゅーか、白石inハルの魔法にかかってしまいしまいしまししーー。

千歳⇔白石←金ちゃん みたいなかんじです。
金ちゃんなんか全然興味なかったのになー!ゆーやくんかわええな。


ちなみにDボは全然いままで通り。


更新予定はほぼありませんがことよろです。

ジロー!!! 

2008年05月05日(月) 3時22分
お誕生日おめでとうv

今年は何もお祝いできそうもないけど、永遠にあいしてるぜっ

あぁ 

2008年03月23日(日) 0時52分
最近こっちがほったらかしに・・・


テニスが終わって、腑抜けてます。
こんなに早く終わるって知らなかったんで・・・

最近また、キヨとか描きはじめたいな〜とか思ってた矢先だったんで、びっくりしました。
色んな意味で終わり方もびっくりしました。


今んとこテニス以上に、というか同じくらいにもハマってるものがないし(ナマモノだけ)、今後これくらいのめりこめるものがあるのか分かりません。
だからそれまではまだ、テニスを好きでいたい。

今もドキサバやってるし(笑)

サイトはもう少しこのままでいたいです。

またテニスで更新するのか、別ジャンルで再開するのか、分からないんですけど。
でもまだ終わらせたくはない、かなぁ。

うーん複雑。

サイト 

2008年03月03日(月) 22時51分
氷帝一家、第二弾をアップ致しました。

てゆか純粋にテニスキャラで更新したのほとんど一年ぶり…(反省

放置しすぎですな。

テニスももう終わりだし…(遠い目)
もっと描いておきたいかも。
サイトにある絵とかもう古すぎて恥ずかしい域に来てて。
イカン。
イカンな!


明日は久しぶりに仕事で、もうイヤだこんなフチュフチュって感じだったんですが、まーくんのパラレルワールド発言のおかげで天にも舞い上がらん勢いです。
ワダ/ずきメインだけど、カ口治含むトリオも大好き!
最近年越しにまーくんがいなかったりでトリオの危機を感じてたのでホント嬉しいです☆

言葉通り昔みたいに、ワイワイはっちゃけていろんなことしてほしいな。


大好きだ!!!!!



うん、なんか、頑張れそうカモ。

東京マラソン 

2008年02月16日(土) 22時45分

明日、和田の応援に行きます。
多分みつからないと思うんですが・・・

家でTVみてりゃいいのに。
ホント好きだな私も。

友達がね、浅草すきだからね、いいよね、連れまわしても。
いいよね。


走ってるあの人テレビでしか見たことないからさ。
なんか見てみたいような。
見てみたいです。


最近ちょっと動いただけで喉がヒューヒューなる。
減煙しないとダメなのかな。

金とオタクとおっかけと。 

2008年02月08日(金) 0時27分

最近…非オタというか、一般人のなかでもだいぶ立派な部類の友達と飲み行く機会が多いんですが。

どんなにダメ人間でも自分にはオタク・追っかけ稼業が称に合ってるなぁと思います ワラ


確実に活力源なんですよね。


でも氷帝冬以降なんとなく腑抜けてると言うか…
テニスも回数がだんだん減ってきてるし、トークイベもしばらくご無沙汰だし…

舞台も見送ったのが何個もあるし。


つっても本命がDなのでDステとかは全通がんばってますが。


でもなんか…さみしーんですよね…

オタクはさておき、追っかけ稼業はとかくお金がかかる。
ひーくんとか浜尾とか、「行きたいんだけどな〜…」って人に手を出せないのが非常に悲しい。

やっぱり会社人してたころは、本命じゃないけど様子見に〜って行ってたイベがたくさんあった。

金あったんだなぁ…(遠い目)


そろそろ仕事しなきゃな時期になりました。

働くのは苦手だけど、収入がない自分より収入がある自分のほうがなんぼか好き。

働くと時間がなくなるので、オタク稼業が縁遠くなるのがイヤなんですけどね…(+_;)


とにかく。
自分はもう少し色々続けたいきがするので、頑張って働きます。
微妙日記失礼しました。


あ、ませいがメロダチになってくれて嬉しかった。
頼れる優しい乾です。

誰がやるもんか 

2008年01月27日(日) 17時10分

パソコンに、

「あなたの清純をください」

って迷惑メールがきました。



やらせはせん。
絶対にやらせはせんぞ。
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる