なんだかなぁ〜

November 17 [Thu], 2016, 11:11
今週末に友達複数と集まる約束をしてます。
先月に集まる約束をし、グループLINEを作ったもののお店等具体的な話はないまま日にちが過ぎ…

気づけば、あれ?今週末に会うんだよね?子どももいるし、お店探しやばくない?という状態。


集まる1人除いて、私含めた皆が現在1歳かそれ以下の子どもがいるので、お店選びは中々難しい。
しかも結婚出産して皆住まいもバラバラ、集まるとしたら移動距離もそこそこあるので荷物が多い。そんな中駅から遠いお店には行きたくないし、できる事なら子どもを寝転がらせたいから座敷が良い。


そんな中、以前子連れで行った事あるお店でかろうじてとれそうなお店があり、日にちもないし多分そのままここになるだろうと思い私が予約したお店がありました。


そこに行った事ない友達も今回いるので、リンクを送り詳細をLINEしました。


そしたら、その中の1人から「子連れで探すと中々難しいよね〜!この前パセラ?シダックス?行ったらキッズルームあってすごく良かったよ〜!料理は分からないけどそういうとこでも良いかもね!参考までに!」と連絡が。









…は?







100歩譲って、「こっちの方が駅からも近いし良さそうだから予約したよ」ならまだ分かります。



だけど、そういう訳じゃない。


誰からも連絡こないからこっちが子育てとか忙しい中合間をぬってお店必死に検索して連絡して予約したのに




そんな中予約したお店をみたうえでその提案。しかも、パセラなのかシダックスなのかもよく分かってない、調べてないしもちろん予約もしてない状態。



ちなみに、その子だけ子どもはいなくて最近再婚した新婚です。




一番フットワーク軽いんだから、参考意見とかじゃなくもっと動けよ!



結局予約した私のお店はキャンセルになりそう。



ほんとむかつくー!!!




旦那にも散々愚痴ったけど、なんだか腑に落ちない。




行くのやめたいけど、会いたい子もいるからなぁ。




あー!イライラ!

産まれた!

May 23 [Mon], 2016, 15:41
先週16日月曜日。
早朝に娘誕生\(^o^)/!!
結局、14日に退院して瞬く間に…!

先生の指示に従って、37週になるまで入院延長しててほんとに良かった(>_<)36週で無理矢理退院してたら、絶対37週前に産まれて違う病院に搬送されるところだったよ…。

産まれた今となっては、5週間切迫早産で入院していたのもすごく前の記憶のような気がします。

入院してた時は早く帰りたいと思っていたけれど、入院してたおかげで看護師さん達に覚えてもらえて、コミュニケーションがとりやすくなったので良かったかなぁ。

小さい小さいと言われていた娘、出てきてみれば身長は44p、体重も2500g台で平均値( ^ω^ )!

しかし、退院前日まで体重が減ってしまい、更に黄疸が強いという事で光線療法をする事になり、未だ娘だけ居残り入院してます( ; ; )
毎日搾乳して、1日1回直接授乳しに行ってます。
2日目にして黄疸は良くなり、2300まで減った体重も今日には2400台まで戻りました!今週末には一緒に帰れるかな??

毎日会う度にコロコロ表情が変わる娘、とっても可愛いです。
陣痛は想像よりも辛く、果てしない感じで何度もやめたくなりましたが


娘も頑張って37週までお腹で待っててくれたので



私も頑張って頑張って、



今こうして母になれた事がとっても嬉しいですo(^_^)o
今は昼夜問わず3時間おきに搾乳しているだけですが、娘が退院したら授乳だけでなく夜中寝なかったり、おむつ交換だったりで中々ゆっくり出来ないと思うので、今のうちに産後の体の回復に努めます!


でも早く一緒に帰りたいなぁ(*^_^*)


May 03 [Tue], 2016, 8:27
去年から、夫婦で朝ドラにハマりました。
今やっているとと姉ちゃんも観てます(*^^*)

宇多田ヒカルさんの曲良いですよね。
妊娠中って感情が昂ぶりやすいのもありますが、最近曲を聴いてると涙が。


見始めは前回の朝がきたの方が面白いと思っていたけれど、とと姉ちゃんもまた違う面白さ!


家を出てからの展開がハラハラしたり、きよしさんの性格にがっかりしたり(笑)
今日のきよしさんにはイラッとしました!
これからちゃんと謝ろうとしてたのに、なんでミシンの事言っちゃうんだよ!しかも自慢気に!

人ってやっぱり顔より性格だなと再確認しました。

待っててー!

April 28 [Thu], 2016, 11:58
明後日で35週になります。
切迫早産で入院してはや16日。
24時間点滴していて、食事とトイレ以外は寝たきりなのに、やっぱり頚管が中々伸びずずっと2pきってしまいます(>_<)
入り口もとうとう指一本楽々入るようになってしまったようで…


週に2回、切迫専門の先生が内診してくれて今日がその日だったんですが


「うちは36週で一旦退院になるんだけど…これは退院しないでそのままお産になっちゃうかもね〜」と言われてしまいました。


退院の前日に点滴を抜いて、飲み薬だけに切り替わるんですが



点滴の方が飲み薬より強力なので、この点滴をとった途端陣痛が始まったり、退院日に出産という人もいるそうです。



同じ部屋の方は、同じ週数で逆子らしく




逆子の場合は、36週過ぎても退院せず、産む日まで点滴も刺したままらしい。




皆それぞれ大変!



出産って、産む時の痛さとか、産む当日の事しか考えてなかったけど






産むまでも色々と大変なのを実感。




入院してると、バランス良い食事は出るし24時間看護師さんや助産師さんがいてくれてかえって安心なのは良いな。



逆に、産むまで家の事やってる人はかなり負担が大きいから、全く家事とかやってくれない旦那さんの奥さんは、本当にきついと思う。


うちのお母さん、よく耐えたなぁ。
出産してからはおばあちゃんと一緒の家で暮らすようになり、おばあちゃんがお父さんの食事を作ったりお世話をしてたらしい。
そんな恩恵も全く覚えてないお父さん…





お父さんは、仕事をして家庭を養うって使命があるから、家の事はそっちでなんとかしてくれ!って感じだったんだろうけど



子育て=お母さんだけの使命ではないと思う。



男の人もつわりとか、8〜9ヶ月位から産むまでの体験とか出来れば良いのになぁ。
そうしたら、お母さんに対する意識とか態度がもっと変わる気がするし、妊婦が電車乗るなとか訳わからないいちゃもんつける人もいなくなると思うんだけどな。



皆お母さんから産まれてきたのに、ちょっとあんよが上手になってしゃべれるようになった途端、妊婦さんや子連れの人に対して冷たすぎるよ!


あなたも数10年前は「まま〜抱っこ!」とか言ってたんだぞ!って思う。


この子が大きくなった時には、もっと色々変わってるといいな。




とりあえず、37週になるまではお腹の中にいてね〜(^^;;

久しぶりに

April 19 [Tue], 2016, 16:22
1年以上ぶりの更新。

前回は、彼がうちに挨拶に来る時のはなし。
あの後、翌月には彼の両親のいる静岡へ挨拶に行き、7月11日に入籍しました。
この日に決めた理由は、この日は彼と付き合い始めた日。
本当は、彼の誕生日である7月7日という案も出てたんですが

「そっちの誕生日だけ記念日にするのずるい!」という私の意見で却下(笑)


それからはバタバタ。


式場どうする?どこに頼む?司会は?予算は?

前々から、式は和婚、披露宴は少しアンティーク調のこじんまりとした洋風なところでやりたいと思っていました。


最初に披露宴の場所を見学。
SONYビルの上の階にあるサバティーニというレストラン。

ビル自体は明るく、見た目レストランが入っているという雰囲気ではないのですが


到着すると、そこだけ雰囲気のある立派なレストランが!

丁度見学する時に何名かお客さんが入店する時で、ちょっとしたご褒美ディナーという感じの家族連れがいました。

照明が薄暗く、スタッフの方も落ち着いた丁寧な接客。飾ってある花のチョイスや雰囲気も良く、夜は窓から銀座の景色が見えて…

いくつか見学してから決めようと思っていましたが、なにせ式まで日にちがそんなにある訳ではなく(この時確かもう7月末か8月で、挙式披露宴を11月にやる予定だった)大安の日にやりたいとなると早めにおさえないと!となり即決。
頼んだ会社の折り合いで、挙式できる神社も限られており、希望の日にちだと既にいくつか埋まってると言われ、焦る!
結局、写真の雰囲気だけで決めました(笑)
挙式場所は押上の方にある牛島神社にしました。結果、雰囲気もすごく良くて、引っ越し先の新居からもすぐ行ける場所なので、散歩がてら通って当日の事を思い出したりします。


そこから、月に数度打ち合わせ。

衣装やら花やら司会者やら、着々と進み


ウェルカムムービーやボード、ひとりひとりの席に手作りのカードを置きたい!という私のワガママに付き合ってもらい、さぁあと1ヶ月ちょっとだ!という時







なんと、妊娠発覚!






決して想定外ではなかったんですが、まさかこんなにあっさり出来るとは思っていなかったのでびっくりしました。




私は小さい頃から、一緒に住んでた事もありおばあちゃん子でした。


父方の祖母(祖父は私が生まれる前に亡くなってしまってます)も母方の祖父母も、私が初孫だったのでとても可愛がってくれて、どっちの祖父母も大好きでした。
「いっちゃん(あだ名)の花嫁さん姿見るまでは生きなきゃなぁ」と言っていた祖父母。

でも、今はもう父方の祖母しかいません。


そんな祖母も足を悪くし、都内まで車でも移動は厳しいとなり、私の挙式も披露宴も出れなくなってしまいました。


飼っていた犬のぶんたが死んでしまってから体調を崩し、一時痴呆になりかけたり、リウマチが悪化したり…年々食も細くなり、すっかり体も小さくなってしまいました。


彼の方の祖父母は皆亡くなっていて、彼も私の祖母には出席して欲しかったのでとても残念がりました。





私が小さい頃のアルバムには、その頃は体もがっしりしていた祖母が私を抱っこして離乳食を食べさせている写真があります。









花嫁姿を実際見せてあげられないのなら、せめて私たちの子供を抱っこしてほしい。



祖母と会った日の夜、泣きながら彼に伝えました。



正直、祖母も年齢的にもうこの先何年元気でいてくれるか分かりません。
ごはんもギリギリ自分で食べたり出来る位の状態です。


祖母は、孫が見れてその孫が結婚しただけでも幸せと言ってくれましたが



小さい頃から可愛がってくれた大好きな祖母に、私の子供を抱っこして喜んで欲しい。



正直、お互いの体的に子供が出来にくいと思っていたので、数年かかる覚悟をしていました。だから、彼にも早めに伝えておこうと思いました。



その矢先での出来事だったので、びっくりと共にすごく嬉しかったです。


挙式の時はまだ3ヶ月だったので、ドレスのお直しも不要で、体調的にもなんとか乗り越えられました。




今、9ヶ月に入り地元に帰ってきました。

と言っても、実家ではなく出産予定の産婦人科で入院しているのですが…



産休前に仕事で歩きすぎたのか、毎日買い物で重いものを持ちすぎたのか、里帰り前の最後の検診でまさかの切迫早産が発覚。


里帰り先が遠かったら、帰れなかったかもしれません…


今は24時間点滴をして、トイレと食事以外は寝たきりの毎日。
点滴は嫌だけど、毎日赤ちゃんの心拍確認をしてもらえ、週2で検診(内診は痛い!)をしてくれるし24時間看護師さん、助産師さんがいるので安心でもあります。


少し小さめだけど、元気に毎日動いてます。


この数年で、人妻になり、母になるという体験をさせてもらってます。
当時彼だったのが、今は旦那、もう少しで父。



色々ごたごたした時もありますが、本当に私の事を想ってくれる人に出会えて良かった。




退院まであと3週間ちょっと。




予定より早い里帰りになってしまったので、家の片付けや子供を迎える支度は旦那に全てお任せになってしまいました。


仕事で忙しい中、なんとか少しずつ準備してくれているようなので




私は、とにかく安静に、1日でも赤ちゃんをお腹の中でスクスク育てて元気に産む事に徹する事にしました。




早く会いたいけど





我が子よ、もう少しお腹で待ってておくれ〜!!

こうして

April 14 [Tue], 2015, 22:03
朝、一緒にお味噌汁を食べていて、向こうが急にふっと笑うから「何?どうしたの?」と聞いたら


「こうやって一緒にごはん食べて、こうやって年取っていくんだなぁと思った」って言ってた。

些細な瞬間に「あぁ、お爺ちゃんお婆ちゃんになってもこの人の横にいるんだなぁ」と思えるのが嬉しい。

緊張

January 25 [Sun], 2015, 13:09
あと1時間後に彼が家に挨拶に来ます。
ソワソワドキドキ。

向こうは「大丈夫だよ!」って言ってたけど、絶対緊張してるな。


私も緊張するー!

こんな時がくるとは

December 26 [Fri], 2014, 16:36
12月24日。
プロポーズされました。


お昼から会って、お好み焼きとビール楽しんで、すみだ水族館行って、東京タワーのすぐ横のホテルでディナーして。


いつも背負わないリュックを持っていて、なんで今日リュックなんだろうと思っていて。


一通り食事して、デザートとお茶になった時に



それまで漫画とかアニメとか、いつも通りの話をしていたけど、急にかしこまって、


「旅行行ったり色々して、ケンカもしたけど、2人ならやっていけると思ったしずっと一緒にいたいって思う」と、リュックからバラのブリザードフラワーの花束がでてきてびっくり。だからリュックか!



プロポーズの言葉は、シンプルに「結婚してください」でした。


プレゼントのピアスが入った袋のなかには手紙が入っていて


「出会ってから毎日が楽しくなった。」的なフレーズを見てちょっとうるっときました。






いつもお酒いっぱい飲んで、たまに飲み過ぎて迷惑かけたり、些細な事でプリプリ怒って短気な私だけど



そんな私を全部見て認めてくれて、すごく嬉しい。



ほんとに私で大丈夫??ってlineしたら


お酒飲み過ぎが心配だから休肝日は作って欲しいな、と返ってきた(笑)






半年前、あの場所にいなかったらきっと30過ぎても独身だったなー。



結婚するってなると、ほんとに人との出逢いとか繋がりってすごいんだなって思います。



とりあえず、こんな私を嫁に選んでくれた彼に感謝です。

信じても良いのかな

October 05 [Sun], 2014, 16:23
前に付き合ってた人に「好きってなんだろう」とか「楽しかったから付き合ったけど、好きなのか分からない」とか色々言われて、そういう色々なものが積み重なって自信喪失して、人が信じられなくなったり。


いつも私ばっかり好きで、相手が重く感じたりして終わってばっかりでした。



今の彼とは、今日で付き合って3ヶ月目で




私も良いなって思ってたから付き合ったものの、人を中々好きになれず、ちょっとした事にイラついて相手にダメだしばっかりしていて。


京都旅行で散々不満をぶつけて、それでも向こうは私に対しては一切言ってこなくて。



昨日も家でごはん中に話し合いみたいになって、私が過去色々あって相手に重たく思われるのが嫌で距離を置いてしまう事、また裏切られるのがこわくてこの先付き合っていけるか分からない等、ずっと不安だった事も全て言いました。



でも、それでも向こうは全部受け止めてくれて「全部好きだから、信じて。何も我慢しなくて良いよ」って言ってくれて。


ボロボロ泣いてしまいました。



そこまで言ってうざがったり引いたりしないで、受け止めてくれた人ははじめて。


もう、こんな人現れないだろうな。



大事にしよう。

嬉しくて

July 15 [Tue], 2014, 18:32
前の彼は、私の気持ちが重く感じてて。

今まで、私ばっかり好きで気持ちが空回りしてました。



でも、今回は違った。



一昨日会ったばかりでも会いたくなってしまっていたら、向こうも会いたかったと言って仕事終わりにごはんしてくれたり。



毎日他愛もない事でlineして、電話して



映画や展示会、旅行も一緒に色々行きたいって言ってくれる。

気持ちをぶつけて重いかなーと思っていても、「好きな気持ちに重いとかない。全部受け止めるから」と言ってくれた。





一期一会って、本当に大事だと痛感した。




100回辛い事があっても、彼の一言で救われる。






あの日あの時間に出会えて本当に良かった。
P R
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:like-1015iku
  • 性別:女性
  • 血液型:AB型
  • 職業:専門職
  • 趣味:
    ・読書-東野圭吾にハマってます。
    ・写真-最近、トイカメラを購入しました!!
    ・旅行-仕事始めてから、ひとり旅も行くようになりました☆夏、冬の休みに京都へ行くのが定番に♪♪
読者になる
Yapme!一覧
読者になる