則(すなお)でターキッシュアンゴラ

January 06 [Wed], 2016, 10:35
最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。高い費用も、一括払いには限りません。分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。それは本当のことではありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウスケ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/liirzdtlp1e20t/index1_0.rdf