食料貯蔵の大切さ 

November 20 [Sun], 2011, 14:17
私の行っている教会では、昔から、食料貯蔵の大切さを教えられています。
最低一年分の食料を家庭で備蓄するようにと。その他にも貯金をする事の大切さを教えられてもいますが。
教会員の中ではお米や麺類や調味料や缶詰など食料を一年分上手に古い食料から使い回転させながら保存しているお話を良く伺います。水も家庭で井戸水を使用したり、ペットボトルの水を沢山買い置きして備えたりしている人も沢山います。災害などの非常時の備えとして3日間生き延びる為に必要な物もリュックの中にしまい、寝ている時もすぐに持ち出せるように枕の近くに置いてあります。これも教会で教わりました。
懐中電灯や電池で動くラジオや電池やろうそく、カイロなど保存していました。

そして私は3月11日の東日本大震災で被災しました。
でも、家も家族もみな無事だったので良かったですが、何年も前から、備えていた懐中電灯や電池、ラジオ、カイロ、水、缶詰めや食料、カセットコンロのガスボンベなどが非常に役立ちました。
また、いつ、どんな災害や災難に見まわれるかわかりません。
また、そんな時の為に賢く非常時の為の備えや食料貯蔵をしたいと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆっこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月23日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画鑑賞
    ・食べ歩き
    ・旅行-国内・海外両方好きです。
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる