好き 

August 27 [Sat], 2011, 0:13
伝えたい想いがある
伝わらない想いがある
それはたった一言で表せるのに
どうしても伝えることのできないもの

いつも気になるのは君のこと
今日も君は可愛いよ、とか
僕の事どう思ってるのか、とか
どうでも良いことだけど
言葉にできなくて
いつも泣きそうになる

君の笑顔と
僕の弱さに

こんなにも君が好きなのに
こんなにも君の事考えてるのに
想いを伝えられない

もう少し
かっこよければ良かったのに
もう少しだけ
自信が持てたら良かったのに

出来もしないことにすがって
ほんのちょっとだけ背伸びしてみる
それでも
自信が持てることは無いんだけど

伝えたい言葉がある
伝わらない言葉がある
それは人生を分けるほどの強い言葉で
勇気を持って伝えるもの

そうできるものなら
今すぐにでも
君に伝えたいもの

たった一言なのにね
言えないんだ

砂時計 

August 27 [Sat], 2011, 0:12
今が過去に落ちる
過去は過去に埋もれていく

落ちる砂は素直に
いつも平等に流れていく

戻らなくてもいい
進まなくてもよかったんだ

ただその砂が欲しかった

永遠を望むことは愚かですか

僕は落ちる砂に何を感じたのだろうか
落ちた砂に何を想い
まだ落ちぬ砂に何を祈ればいいのだろう

未来はいずれ今に沈む
未来の砂に君はいますか

君との砂はあとどれくらいですか

未来はいずれ今に沈む
今が過去に落ちる

君との砂が過去に落ちる

秒速5センチメートル 

May 27 [Wed], 2009, 16:00
桜が綺麗な季節に
花が咲いて
夢が叶って
僕たちは少しだけ成長する
そして少しずつ
離れてゆく
君と僕の道は違う方向を示していて
歩くたび離れてく

君との距離を
縮めるにはどうしたら良い?
桜が咲いている
この道を二人歩くにはどうしたら良い?

二人の間を電車が通る
この電車が過ぎるまで
君はそこに居てくれるだろうか
君は笑っていてくれるだろうか
電車が過ぎても
僕を見ていてくれるだろうか

そして桜が空を舞う
そこに君の姿はなくて
桜はいつか雪になり
二人はまた大人になった
今、君は
雪空を見上げ
何を想ってる?
新雪には二人の足跡しかなかった
そうしてまた二人で桜が見れると
何の迷いもなく思っていた

もし生まれ変われたら
二人の出会ったあの場所に行こう
また君に会いたいから
もう一度君の声を聞きたいから

時は経って
雪は溶けて
桜が咲いた
一人でこの坂道を下り
踏切を越える
すれ違いに君を見た
ふと振り返ると
電車が過ぎて君はいない
でも今振り返れば
君も振り返る
そんな気がしたから
「秒速5センチメートルなんだって」
あの日の僕には
何を言ってるのか分からなかった
「桜が落ちてゆくスピード」

僕の前には
あの日の君と静かに落ちてゆく桜があった
ただ一言、君に伝えたかった
ただ一言、謝りたかった
桜吹雪の中で
もう一度君に会えることを願ってる
桜吹雪を見て
僕を思い出してくれることを願ってる

ラブEmail from.. 

July 21 [Mon], 2008, 10:03

君のだけ変えた
メールの着信音

鳴ることを
願って
待つ時間

一日のほんの
わずかな時間だけ
繋がれる
小さな幸せが

今日も
胸に溢れるよ

受信トレイの
小さなアイコンを
選択するだけなのに

どうしてこんなに
胸が締め付けられる程
僕は
君に恋してるのだろう

ずっと
気がつかないで
いたのかな
この気持ちに

あの日
あの場所で
また君に
出会わなければ

幼かった君が
僕を想っていた
あの時から

君より幼くて
子供だった僕が

少年になり
恋をするまで

ずいぶんかかったね

遠回りして
やっと気がついたよ

君が誰よりも
僕をまっすぐ見ていた

そして
あの冬は
寒かった

一人だけ変えた
メールの着信音

鳴ることを
願って
待つ時間

一日のほんの
わずかな時間だけ
繋がれる
小さな幸せが

いつか
君の胸にも
溢れますように

ただ一つの想い 

June 05 [Thu], 2008, 19:15

君を好きになってから
君と目を合わせたことがない
恥ずかしいし
これ以上君を好きになったら
抑えられないから
一日中考えるのは君の笑顔
その笑顔を俺のために
なんてとてもじゃないけど
言えるわけがないよ
だって君は綺麗だから
君は優しいから
きっと僕には振り向いてはくれない
だから僕は自分の想いを砕く
本当は砕けないのに
見た目だけなのに
「君が好き」
この想いがやっぱり強すぎるから
そこまで君が好きだったから
もう僕の心はガラクタより役に立たない
そうどうせ片想い
君は笑ってる
素直になれたらって思うと
悔しいよ
何度もチャンスはあったのに
今の自分の心を砕けたなら
新しい世界が見えてくるのかな
いつか君が僕の言葉を
受け取ってくれる日が来るのかな
君のチャンスも待ってるだけじゃ掴めない
手を伸ばして掴むから
自信になるんだ
もう心を砕く必要なんてない
僕の手元に残ってるのは
役に立たないけど
捨てることのできない
ただ一つの大切な想い

君の笑顔 

June 05 [Thu], 2008, 19:11
君とはなかなか
話す機会なんてないけれど
君が僕に
笑顔を向けてくれると
僕も笑顔になれて
何故だか安心するんだ

僕が辛いときに限って
いつも
僕の前に君が現れる

そして笑顔で
優しい言葉をかけてくれた
やっぱり
君の笑顔が
僕は1番好きなんだ

空が晴れる時 

May 16 [Fri], 2008, 0:22

今日は風が強く曇り空
部屋の窓から空を見上げて
君を想いながら詩を書く
風は強すぎて想いを届けてはくれない
ただ変わりない二人の関係を
あざ笑うかのように時は過ぎる

君と距離を感じてた
でも本当は
距離なんかなくて
壁なんかなくて
僕に足りないのは
ほんの少しの踏み出す勇気
弱い心を打ち破るための勇気

でも同じクラスで毎日すれ違うのに
話しかけることもできない僕には
そんな一歩さえ大きく感じる
ただ君に笑ってほしくて
ただ僕の名前を呼んでもらいたくて
君を見つめる
そんな日々を過ごす
もしかしたら今の関係より
前に進むのが怖いだけかも知れない
だって君を傷つけてしまうから
君を護れないから

もし見の前で君が泣いていたら
今の俺に何ができるだろう
慰めのため歌を唄う
涙を拭うため君を抱きしめる
君の涙を隠す方法は
いくつでもあるはずなのに
僕はその術を知らない

いっそのこと
記憶がなくなれば良いのに
僕の名前は忘れてしまうかもしれない
手の温もりも忘れてしまうかもしれない
だけど君の名前は忘れないから
君の声は忘れないから
記憶がなくなっても
君に会いに行くよ
君はなんて言ってくれるだろう
言葉じゃなく笑ってくれたら
僕はまた君を好きになる
そしてあの日と違うこの空を見上げるんだ
曇りのないこの晴れた空を
そうすることで僕は何のためらいもなく
君のために笑えるのだから

幸せ 

April 16 [Wed], 2008, 16:14

ありがとう
本当にありがとう
君に出会えたこと
心から感謝してるよ

お互いがお互いを
大事に、大切に思うからこそ
「いつかまた出会えたらいいね」って
別れたね

今でも僕は
君のこと忘れてないよ
君の幸せを
純粋に願ってる

君との想い出は
少しも色あせることなく
僕の心の中で
今も、これからもずっと
キラキラ輝いてる

幸せな想い出をありがとう
ずっと君が幸せでいることを信じてる

記憶の中の君 

April 15 [Tue], 2008, 18:19
夢の中でめぐり会えたら
どんなに幸せだっただろう
君の声も知らなかったら
君の温もりも感じなかったら
どんなに幸せだっただろう
こんなにも君が愛しい
名前を読んでくれたときの
声も忘れられず
君の手の温もりも忘れられず

君と出会わなければ
こんなに辛い思いをしなくても良かったのに
どうして出会ってしまったのだろう
どうして別れなければならなかったのだろう
答えは見つからないまま
時間が過ぎる
暗闇の中でめぐり会えたら
どんなに幸せだっただろう
君の顔も見なかったら
君の優しさも知らなかったら
どんなに幸せだっただろう
こんなにも君が苦しい
君の笑顔も忘れられず
君の優しさも忘れられず

でも君に会えたこと
後悔はしていない
だって君は
初恋の人だから
俺にとって大切な人
忘れなくても良いよね
君の笑顔も
君の優しさも
君の声も
君の温もりも
大切な思い出
君を愛した記憶も
君を傷つけた記憶も
忘れたくないから
手を、のばしたんだ
高く高く
君まで、届くように

 

April 11 [Fri], 2008, 0:48

蝶みたいに ひらひら
君と一緒に 飛んでいたい

もしも僕が君の前から
姿を消したら 君はどう思うのかな
そんなこと絶対しないってわかってるけど
君の気持ちが知りたくて 想像する
そんなこと絶対できないってわかってるけど‥

広い空だって、キレイな空だっていらないから
カゴの中で2人だけで飛んでいられたらいいのに
そんなカゴなんて今はないから
君がどこで飛んでいようと
どこに飛んで行こうと
僕は何も言えないね

2人の微妙な距離をもどかしいと思うだけで
臆病な僕は ただ君のそばを飛ぶことしかできないよ
今はその微妙な距離を保つことしかできなくて‥

広い空だって、キレイな空だっていらないから
カゴの中で2人だけで飛んでいられたらいいのに
そんなカゴなんて今はないから
君のそばを飛んでいられる瞬間を
本当に大事に想ってる‥
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:そら
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像ゆい
» 幸せ (2008年04月17日)
アイコン画像ゆい
»  (2008年04月11日)
アイコン画像ゆい
» 別れと出会い (2008年04月08日)
アイコン画像ゆい
» 君と (2008年03月21日)
アイコン画像そら
» ココロの雨 (2008年01月14日)
アイコン画像あゆ
» ココロの雨 (2008年01月14日)
アイコン画像ゆい
» ありがとう (2007年11月23日)
アイコン画像そら
»  (2007年09月23日)
アイコン画像由直
»  (2007年09月22日)
アイコン画像そら
»  (2007年09月20日)
Yapme!一覧
読者になる