誰のためにただ従って誰になってむせび泣きます

September 27 [Fri], 2013, 20:50
夜のとばりはだんだん訪れて、夕日はついに時間の練磨を我慢できないで、西方の地平線の中で墜落して、ただ1筋の淡く微かな夕日だけに残って、立ち去ることに忍びありません。私が静かにベランダに立つ前に、手すりにもたれてよって、面と向かって来るひとしきりひとしきりで遅い風、瞬間昼間の酷暑に取って代わって、さわやかで清新な感じは襲ってきて、淡く微かな青草の香を携帯してかすかにの花の香りの混合といっしょにいて、夢中になる人の香りを配って、全体のベランダの中で充満します。深く息を1口吸い込んで、気持ちは落ち着いていてのびのびします。手は2の頬を頼んで、この情のこの景に直面して思わず人が物思いにふける中に感無量なことを譲ります。このような境地、いつも私の心に生んで気持ちを悟らせます、人もただ非常に不思議な自然な目の前で、ようやく名状するものがない感動を誘発することができます。白昼は交替して歳月巡回して、日が上がるのは月が沈む逆らってはいけない自然の法則で、人を思わず心の中でこっそりと嘆かせて夕陽無限好、ただ近いたそがれ。はい、時間速く過ぎて、歳月は慌ただしいです。昨日は追憶で、今日は薄氷を踏むようで、明日は期待とあこがれです。慌ただしく死去していく時間私達にとって、すべてすべてすでに記憶の中のつきあいになりました。苦痛に関わらず、楽しみ、追憶の中で探すことしかできなくて、回想します;回想する中で昨日の過ちのために憂うつ、哀惜、やまないことを残念に思います。高い空をじっと眺めて、まだ完全に消えてなくなっていない夕焼け、私の心のにあげて心臓がドキドキして長い間振っていくことができません。無限なのはもうろうとしている両目を感動させて、私に自由奔放にならせる考えはむやみにもう降りしきません。両唇をぴったり閉めて、引き延ばして象の補佐する力を回想して、はあなたの名前を言い出して、ひとたび口をついて出たならをひどく恐れて、あなたの影も形もないのは遅い風の中で消えてなくなって、二度と探していけないです。多くあなたを聞きたくて、私達の人生の旅行中の中で、誰とあなたは通り過ぎて、また誰とあなたが美しくて出会いますか?通り過ぎている一瞬の間、あなたは振り返って見て深く1つ相手を見るかどうか?美しい出会ったのそれではで一瞬の間に、またあなたの心にすばらしい真情を生むかどうか、愛の怒る柄物の毛織物をぶつかりだしますか?今、私はあなたの全部での少しをしのんでと、すべての細部はすべて清新で昨日のようです、ありありと目の前にあるようです。それぞれはほほえんで、言葉ごとに、一挙手一投足の間ですべて私にあなたがそれとも満面に笑みをたたえるかが氷のように冷ややかかを知っていることができて、そんなに親切で、真実で、またそれでは触手および。脳裏の中で絶えずあなたの名前に大量に出現して、時時にはない対話の一部分に伴います。台頭して仰ぎのぞんで、空中のあの1ラウンドの丸い月、静寂なのは夜空に掲げて、とても柔らかい白光が現れています。恋しい思いも夜が濃くて更に濃いことに従って、あなたの付き添ったこの生命の旅、豊かにすることは私のすばらしい人生に飾りを添えました;物寂しくておもしろくない生活を充実させて、人生の最もすばらしい追憶に沈殿しています。依然として手すりにもたれてよって、依然として氾濫を思い出すことを譲って、あなたと静かに対話します。内心は無限な感動させることが豊満で、涙の音声がない無利息を流れさせて、気をつけないため息をつくこと中で探して解答の解答がありません:すぐ音声がない恋しい思いで、ぱっと現れる愛の苦難に満ちているのはあっという間にの後であなたは私の今生心の底の深い所で拭いていくことができない痕跡です。脳裏の中であなたのぐらいを想像して、目の中でたとえ1筋の憂え悲しむ憂うつが現れるのですとしても、あれも私の眼光の中で期待の曙光を含んでいるのです。涙は頬に滑ったことがあって、垂らして唇の辺に降りて、淡く微かでしょっぱい中に少しも苦くて渋いことに伴っています!全く同様で今涙があなたのために流れて、あなたは私の心の中の喜ぶのが憂えるのが同じことが分かりません。両腕をぐるりと取り囲んで自分を温めて、手すりにもたれてあなたに対してとても低いに頼って(寄りかかって)本音を腹を割って話して、私を今胸のうちの感じが気持ちの文字まで(へ)溶け込む中に大量に出現します。私はあなたまでとても遠いことを知っていますけれども、しかし心がとても近いと感じます。多くあなたに教えたくて、今の涙はあなたのために流れて、涙が雨のようです飛ぶのではありませんけれども、ナシの花が雨を持つのもではありませんて、あれもこの段の意識がもうろうとする中での出会うことを大切にするためです。人生はすぐこのようにです。楽しみとは何か?憂いと悲しみとは何か?すべての人はすべて対立の中で繰り返しているのが孤独で寂しくて、物寂しくて、楽しみはと憂え悲しんで、運命の与えるすきまの中で、自分に属する幸福を探します。前線の道、満たして果てしなく漠然としていることと望んで、私はなんとあなたに付き添って突進することができることを望みます。歓楽は苦痛でもよいのに関わらず、勇気があって平然と世事の変転浮沈に直面します;歳月とお相手をして、楽しみと仲間になります;時小鳥の幽鳴をかいで、渓水が長くて流れます;声をはりあげて高らかに歌って、思いきり俗世間の騒ぎ立てることを排水して、洗う青空のようです伴って、長い白い雲、怠ける遠い空の果ての下で自由な呼吸、心のほこりを洗い流して、捨てて身にあるあの1の幾重にも重なり合う厚い厚い俗世間の辛酸に感染します。願望はすばらしくて、現実は残酷です。誰が冷ややかなかたさの中で私を譲ることができて、心のを温めてそれでは少しも感動することを探し当てますか?誰がまた私の生命の中で往復するのしっかり覚えるその影ですか?私は、お相手をする道はどれだけ長いことかがあるのに関わらず、私は分離のあの15分を運命付けていることを覚えていて、あなたに対してさよならと言いますと思っています。すべてすでに昔の事になった時に、逃すすでの逃すこと、また心の底の苦しみであの1の地のを守って終ろうとして手を放しません必要があるか?神秘的な夜空1枚の無形のネットに充満して、ネットはあなたに居住して、ネットは私にも居住して、1種は夢まぼろしの色とぼんやりとあなたに私の視線の中に入るように招いて、振り返って見ている瞬間、引っ張ってあなたの手に居住して、俗世間の入り組んでいることを遠く離れて、唯一の品物の貴重な静かさ。そっと頭を振って、1地の別れの悲しみにぱっぱっと振ります。夜の景色はすでに深くて、ただ手すりの腕に従っているのが多少感覚が麻痺していて、ただ流れる涙のあとはだんだん夜風にただ吹かれて、恋しい思いは依然として虚無の中でうろうろして、積み上げます
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lifeya05278/index1_0.rdf