超絶理解できるカードローンなび

September 18 [Sun], 2016, 23:11
昨今、日本では3つの頼り伝言機関が存在しています。
cic、jicc、そして此度紹介する全国銀行個人信用情報センター略してKSC(全銀協)だ。

KSCとは並み社団組合日本銀行協会が運営する頼り伝言機関だ。
伝言機関と聞くと伝言を操作するなど何かしらの工作没頭を始める機関なのでは?
こんな風にイメージする方もいるかもしれませんが、そうではなく加盟している金融機関等々から収集した個人の頼り伝言を事例のままに制圧保持する機関だ。
飽くまでも個人頼り伝言の制圧と存続が目的の機関ですから、ジャッジメントをしたり極秘に始める追及を変わることもありません。
言ってみれば伝言届け出メインみたいなものです。

全国銀行個人信用情報センターはJBAの短縮でも選べることが多いです。
KSCとJBA、本当はどっちが正しいのかと想う方も多いことでしょう。
JBAとはKSCを運営する並み社団組合日本銀行協会の結果あり、つまりJBAがKSCを管理していると言うだけのことです。

頼り伝言機関は日本に3つあると最初で触れましたが、KSCは全国銀行個人信用情報センターと言うぐらいですから、加盟している金融機関は主に銀行関わりだ。
銀行月賦やクレジットカードに関する消費ヒストリーを情報化して登録されてあり、加盟している金融機関は審査の際にこれらの伝言を基づいて与信取引上の査定をしています。

銀行などの金融機関は頼り伝言機関に申込奴の頼り伝言を開示してもらわないと、月賦やクレジットを契約することが出来ません。
余計関与後は者の頼り伝言を明確に頼り伝言機関につぶさに伝言提供する役目があります。
詰まり審査たまに頼り伝言を見せて下さいと銀行に聞かれ合意のちし、銀行は契約したパートナーの頼り伝言を事細かに報告するという考えだ。
そしてこういう報告された伝言は、次の月賦やクレジットの審査ときの融資の判断材料として使われます。。
こういう頼り伝言にはクライアントにとって問題ジャッジメントに上る伝言もちゃんと記録されます。
ですから金融機関は審査の一瞬、頼り伝言を探る結果「この人、こんな事やってる」と至急分かってしまう。
審査で問題ジャッジメントと達する伝言は「事故伝言」と言われており、巷ではブラックリストと呼ばれていらっしゃる。
事故伝言は信用度が下り、審査に通り過ぎる傾向が一生はじめにほど近い状態になります。

KSCには個人を特別行える伝言が届け出されますが、取引に関する伝言が将来余るわけではありません。
基本的には関与インナーと皆済お天道様から5歳以内の伝言に囚われ、5歳を過ぎれば自動的に却下されます。
また自身に寄る伝言掲示は1歳以内の項目が相手となります。

但し破綻や民事リバイバル進行に関しては10通年伝言が残ります。
無論この間は新たに月賦を組んだりクレジットカードを調べることは出来ません。

全国銀行個人信用情報センターは他の頼り伝言機関cicとjiccとで伝言を共有していらっしゃる。
CRINと呼ばれるメカニズムによって情報共有が行なわれますが、、共有変わる伝言は徹頭徹尾事故伝言や変更伝言など後ろ向きな伝言だけだ。
後ろ向き伝言とは悪質な後れや遅滞、強要退会・撤回、代位弁済、債務調整、偽計助言などのデメリット行為といったものです。
また審査落ちなど軽微な後ろ向き伝言も約6ヶ月間は共有変わるようです。
飽くまで者にとって問題な伝言だけが頼り伝言機関の間で共有され、日取り通りに返済できているなどのプラスになるような伝言は共有されません。

月賦やクレジットの審査に落ちたとしても、その事情を金融機関が教えてくれることはあまりありません。
審査で重要視される質問の規則は満たしているはずなのに審査に落ちたという輩は多いはずです。
審査落ちの原因となるものが見当たらないという輩は、自分の頼り伝言を調べてみると良いでしょう。

KSCの掲示テクは以前までは来社にて可能でしたが、今は郵便掲示のみとなります。
作業は相当面倒ですが、のちのち月賦やクレジットの申し込みを考えているけど審査が無念という輩は、一旦自分の頼り伝言を確認し対策を取ると良いでしょう。
また伝言開示するにもちょっぴり費用がかかりますので、その点はご了承下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カズマ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lie557kam4m0nr/index1_0.rdf