私と猫 

September 20 [Sat], 2008, 9:10
src="http://www.yaplog.jp/cv/gou-gou/img/17/img20080917_m200.gif">
「グーグーだって猫である」のキャンペーン応募します!

小学生のころに、学校に猫が迷いこんできたことがありまして、その猫をクラスのみんなで育てることにしたんです。
猫の名前は「タマ」で、まだ小さかったので給食で余った牛乳やパンをこっそり持って行って昼休みによくあげていました。
一応いつでも教室からタマの様子が見れるように外に置く位置を変えたりしていました。日差しが強い日は木陰に移動させたり、雨の日は外にある倉庫の裏の屋根があるところに置いてあげたり、タマのことをいつも考えてました。

一週間くらい経ったころ、タマのことが先生にばれてしまいました。でも、先生は「先生の家で大事に飼うから、大丈夫だよ」と言ってくれて、少し寂しかったけど、安心しました。
その先生が猫好きで有名だったからです。

次の日からはタマを見ることはありませんでしたが、よく先生がタマの話をしてくれました。

今は自分が引越してしまったので、タマの話を聞くことはありません。
ですが、人懐っこい性格だったので、きっと元気に過ごしてると思います。

たまに、道端で猫を見かけるとタマのことを思い出します。

もう一度会いたいな〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:liberati0n
読者になる
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる