あいまいなことば 

2006年05月20日(土) 21時39分
 あいまいなことばが好きです。
 適切でやわらかいことばが理想だなあ、とは思いますが。なかなかそこまで難しいので、とりあえず今は、やさしくできる、あいまいなことばを使います。

割と、ちょっと、少し、ほんの、ある程度、そこそこ、ほとんど、だいぶ、かなり、うんと、すごく、とても、ほの(か)、あえか、大層、めっちゃ、……and so on.ということで。

 だれかにとって「すっごく」なことが、他のだれかにとって「そこそこ」だったりすることって、結構ありますよね。あ、結構もあいまいなことばだ。
 だから、あいまいなことばには、「本当の」意味はないんだと思います。その人がどう感じたか、どう思ったかっていう「気持ち」がこめられているだけで。でもそれって、すごく大切なことだと思うんです。
 うまいなあと感じる文章には、こういう、あいまいなことばってほとんどなくって。それなのにそういう気持ちがちゃんとこもっていて、すごいなあと思います。
 ことばの意味と気持ちって、案外別々なんだなあ、と思いました。

ボーリング 

2006年05月20日(土) 4時36分
 中間テストも終わったことだし、明日は休みだし。ということで、みんなでボーリングに行きました。
 テストが終わって仲のいい子たちを誘って、じゃあ何をしに行こうかと言って思いついたのはボーリング、ビリヤード、カラオケでした。どうしてもこれがいいという子もいないし、かと言って譲り合っていても決めようがないし。こういう時はじゃんけんだー! というのが普通かなと思うのですが、私たちは何故かゲームをして決めるコトになっています。
 入学してすぐのホームルームで、委員を決めるときに、ある子が「じゃんけんは不公平だ」と言い出して、何人かが面白がってノったのが最初です。数学的にはじゃんけんで問題ないそうなのですが、でも私たちはそんなこと知りもしなかったので、自然、面白い方に流れました。…無難な方に流れないのが、私達のクラスのいいところです。
 その時は確か「微妙に落ち目の歌手」というお題の古今東西でした。今回はにらめっこです。もういい年なのに何してるんだろうと思いながら、でもこういうゲームはみんなが勝つ気でないとつまらないので真剣です。勝負の前にトイレ休憩をとって、みんなでメイクをしてみたり。個人の名誉の為にぼかしておきますが、優勝した子は、ちょっと結婚する気なさすぎでした。あれは笑うとか笑わないとかじゃなくて、ハリウッドです。
 私は、ボーリングは大体いつも80いくかいかないかです。調子がいいとダブルやターキーも出るのですが、調子が悪いとGと-が並びます。うまくいっているなと思う時は、思ったようにまっすぐ転がっていきます。でも、ちょっと何かが駄目になると、とたんに右に曲がったり左に曲がったり。手首の返しの問題なのかな? うまい子はすっごくうまくて、なんかこう、玉がカーブします。よく見ると、玉の回っている向きと進んでいる向きが違うんです。投げてすぐには、玉が左に回っているのにまっすぐ進んでいって、あとちょっとで当たるって所になると急に左に曲がって1番ピンを倒すんです。2回目に投げる時には曲がらないでまっすぐ進んでいきます。でも他の子はみんな似たり寄ったりのスコアなので、いい勝負になりました。その子との超ハンディキャップマッチには負けましたけど。
 その後みんなでご飯食べて、家に帰ろうと思ったらすごく雨が降ってました。折り畳み傘が折れそうでした。
 そんなわけで、今日は夜更かしなのです。

今日のこと 

2006年05月05日(金) 19時05分
 いつもの休みだったら家で本を読んでおしまいにするのだけど、窓から入ってくる風が気持ち良かったので外に出ました。外に出てみると色々と用事を思い出すもので、わたしはとりあえず、服と本を買いに近所のショッピングモールへ歩くことにしました。
 わたしの家からショッピングモールまでは、だいたい歩いて30分くらいかかります。自転車はないので使いません。というか、もう何年も乗っていないので、今さら乗ると転びそうな気がするので乗りません。歩いて行けないところには行かないのがわたしの散歩の主義です。それに、何となく外に出たのに、自転車なんて使ったら、すごくどこかに行きたがっているような気がしませんか?
 同じ理由で、あんまりまっすぐ行ってもつまらないと思ったので、ちょっと公園に回り道をしました。今日は本当に気持ちいい天気で、もうすっかり葉っぱの生え揃った桜が風になって涼しげでした。木製のアスレチックは、最近、老朽化が激しいとかで使用禁止のロープが張ってありました。それでも遊んでいる子どもがいて、危ないなと思う一方で、何となくそれでいいような気もしました。
 ゴールデンウィークのちょうど真ん中だからでしょうか、いつもだったらサッカーをしていたりフリスビーを投げていたり、それなりに賑々しいものなのですが、今日は誰もいません。ベンチで新聞を読んでいる叔父さんや、体操をしている人もいません。
 公園に隣接した庭園には、いつも以上に人が入っているようでした。よく手入れされた花の方を人は好む、というのではなくて、単に観光客なのでしょう。そうやってわざわざ遠出してまで柵の中の花を見る気持ちは、ちょっとわかりませんが。もしかすると珍しい花でも咲いているのかもしれません。いつか入ってみようと思いつつ、わたしは公園を出ました。
 公園のこちら側は駅に近くて、建っている家のグレードも上がります。一つの家が広くなり、何となく、見栄えもいい気がします。単に貧乏性かもしれません。でも、最近セコムのシールが増えたのは確かです。かといって泥棒が増えたという話はきかないのですが、きっとこれも世の流れというやつです。
ああでも、減ったという話もきかないので、セコムがいらないほど平和なのか、セコムがそれなりに貢献しているのか、どちらかですね。
プロフィール

平山のどか

たぶん、割と普通に生きてます。ある人に言われたことがきっかけでブログはじめました。よろしくお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:liarliarliar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる