医薬分業で製薬会社勤務の薬剤師が得る時間

June 15 [Wed], 2016, 12:09
"最近記載部と韓国開発研究院(KDI)などで院内調剤などについて意見を明らかにした中で、院内薬局などを要求した苦情が提起されて関心が集まっている。

しかし、保健福祉部が現行の医薬分業の趣旨上、現在は収容できないという回答を出して大きな変化はないものと見られる。

最近の申請者は、国民新聞告示を介して「医薬分業体感する国民は不便である」は、題の苦情を提出した。

この請願は、「製薬会社勤務 薬剤師医薬分業の結果、その実質的な内容上、多くの部分で国民に利益を与え、不合理性を改善したと思いますか村の大きな道端に礼儀いた薬局がすべて消えてしまった、村の住民の主治医的な役割をしてきた印字おじいちゃん、おばあちゃん薬剤師の皆さんはどこに行ってたのか跡形もない」とし、「ただ大きな病院やメディカルビルといわれる中小病院密集地域での薬局がすべて移動さ立ち去った」と急いを開始した。

続いて「大型病院付近の薬局は、一つのように、患者が歩いて行きにくい場所に遠く離れている」とし「大型病院を建てるアプリケーションにおいて薬局を別々に設計して薬剤師に入札でもさせて入居させると、私たちの患者や家族が約購入のために苦しむ不便はない」と提言した。

大型病院は薬局が遠く離れていて、診療後、約購入が不便であり、病院の入口までの距離も遠いという指摘である。

これが請願は、大規模病院の建物内に薬局設備を備えたり、、病院や近くに薬局の建物を建てることができるよう措置して大型病院の診療患者の不快感を解消することができるようにくれと主張した。

しかし、福祉部は医薬分業の趣旨に沿って、この苦情を収容することができないと答えた。

福祉部は「製薬会社勤務の薬剤師の医薬分業が実効性になり施行されるためには、医療機関と薬局の機能的・空間的独立性の確保が不可欠」とし「独立性が確保されていない場合は、両機関が互いに固定する可能性が高くなって、結果的に医薬分業の精神を傷つけることができるから」と説明した。

このような理由から、薬剤師の法令は、医療機関内の薬局開設や、両者の間の専用通路の設置などを厳格に禁止しているという説明だ。

福祉部は「医薬分業により、一部の患者の困難が予想されるが、薬剤師の法令は、救急患者、入院患者、注射剤を注入する場合は、診断用医薬品等の場合には、医師自身が直接調製することができるように、例外を認めるなど、いくつかの補完装置を置いている」とし「医療機関内の薬局開設許可は医薬分業の根幹を毀損することができる事案だ現在の時点で対応するのは難しい」と強調した。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぬびぴもねむにび
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lhyx6mogb5pn25/index1_0.rdf