プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lhyfofmcyyevcm
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
米上院、ケーガン氏の最高裁判事就任を承認 / 2010年08月06日(金)
 【ワシントン】米上院本会議は5日、エレーナ・ケーガン氏(50)の最高裁判事就任を賛成63、反対37で承認した。米国史上4人目の女性最高裁判事となる。民主党議員の大半と一部の共和党議員が賛成した。

 任期は10月に始まる。現在最高裁にはルース・ベーダー・ギンズバーグ、ソニア・ソトマイヨールの2人の女性判事がいる。。

 民主党と無所属の58人と共和党議員5人が賛成し、共和党議員36人と民主党議員1人(ネブラスカ州のベン・ネルソン議員)が反対した。

 オバマ大統領が指名した最高裁判事の就任は、昨年承認されたソトマイヨール氏に続いてこれで2人目となる。ケーガン氏の支持者らは、ハーバード大学法科大学院の元学部長の同氏が、その強力な保守的見解が長く最高裁の特徴となってきたアントニン・スカリア判事の対抗勢力になると期待している。

 ただ、ケーガン氏もソトマイヨール判事も、ジョン・ポール・スティーブンズ、デービッド・スーターという前任者がリベラルであったことから、最高裁の思想的体質を変えるとは予想されていない。ソトマイヨール氏の承認は賛成68、反対31だった。

 ケーガン氏の就任に対する賛否両論が闘わされている間に、州の不法移民取締法、医療保険制度、同性の婚姻という三つの案件が連邦裁判所で判決を下された。これらの3件はほぼ確実に最高裁に上がってくると見られ、判事指名と社会問題は11月の中間選挙での争点になる可能性がある。経済問題が最近、これらの問題に影を投げかけている。

 同氏の就任に強く反対した共和党のジェフ・セッションズ議員(アラバマ州)は、沸々とわき上がっているこれらの憲法問題を背景に連邦判事の指名は今年の選挙戦で争点となり、大統領選では一段と大きな問題になるとの見通しを示した。同議員は上院司法委員会の共和党トップだ。

 最高裁は、オバマ大統領の医療制度改革は合憲か、各州は厳しい移民法を施行できるのか、同性の婚姻は憲法上認められるのか、という三つの問題を扱うことになりそうだ。

【8月6日10時6分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100806-00000007-wsj-int
 
   
Posted at 10:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!