ネットの発達が浮気の原因?

January 27 [Fri], 2017, 11:59
ネットが発達した現代は、いつでもどこでも検索ができてしまいます。結婚相手となる異性は、インターネットの様々な結婚サービスを利用して探す事ができます。また、手軽に付き合う相手を探すには、出会い系サイトがあります。また、プライベートや仕事でも、連絡方法としてeメールが使われているのは衆知の事でしょう。そうはいっても、その反面めんどうな問題も生じています。ネットで知り合って、ダブル不倫にまでエスカレートしたり、結婚情報サービスを信じて、経歴詐称の相手に関わってしまう事もあります。
現在のネット環境下で、調べるのが困難な事項は何でしょうか?今現在の他人の行動でしょう。ブログを発信している人達は細かく自分の行動についてネット上に晒している人も居りますが、わざわざ知られたくない事までは発信していないでしょう。晒されては困る内容にまで踏み込んでとことん調べてあげてくれる存在が、探偵です。
探偵・興信所に依頼される調査で一番多いのは、不貞行為の調査です。道徳心が薄れた事により不倫に対する違和感がなくなったのが原因といえますが、携帯やスマホの広まりにより自分と相手だけで第三者の取次ぎなく通話できるようになった点が挙げられます。少し前までなら奥様が旦那様の浮気調査を依頼する場合が多かったのですが、ここのところ妻の不貞調査も多くなっているそうです。これはネット上で主婦も手軽にできる出会い系サイトの影響があるのではないでしょうか?この種のサイトでは女性は引く手あまたなのです。
昨今、興信所や探偵に依頼したいという需要は高まりを見せていますが、実際には依頼するまでに至らない人も多いようです。それは、興信所や探偵の事を正しく理解していないからだと思います。一般に商品やサービスを利用すると、それについて人に話す事はよくあります。もし探偵社に何かを依頼したとしても、後からその件に触れることはしないでしょう。ましてや、探偵と関わりが全くない人も大勢いるに違いありません。それ故に、尾行や張り込みなど警察まがいの活動だけが注目され、単なる金儲け主義という印象を持たれているようです。
結婚が近くなるとマリッジブルーになる花嫁がいますが、そんな時に結婚前調査が行なわれます。同じ地域の出身、同じ会社、友人ぐるみの付き合い等から発展する結婚はあまり心配いりません。でも、最近多いデータベース入力で相性が決まるやり方だと、、共通の友人や知り合いとの接点がありません。その為、実際の自分とは違う姿に見せる事も出来るのです。それを見破る為に興信所が活躍するのです。アルバイトなのに正社員として働いていると偽ったり、怖いのは既婚なのに独身と申告している人がいることです。。こういった調査は初めに戸籍謄本などを照査する事から始めていきます。更に尾行調査も実施していきます。

http://www.plantpotstudio.com
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hina
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる