発達心理学の新たな手法

May 25 [Sun], 2014, 18:29
社会との関係を組み込んだ新しい発達段階を作り出します。
一部では全体を通して読んだ時に一貫性が感じられないという意見もあり、各章を読んだ時に全体の構成が散漫に感じられるという声もあるのですが、索引がついていると学生が勉強する時により使いやすくなるという要望もあります。
例えば、赤ちゃんが歩くことができるようになっていくことも発達なら、老人の運動機能が衰えていくことも発達と言います。
発達心理学では、児童心理学は児童を対象とした心理学です。
乳幼児期における発達援助についても把握しておきます。
生後一年目から小学校入学前の時期は、乳児期から幼児期にあたります。
この時期の基本的な信頼感が将来の人間関係の土台となります。
しかしながら、言語の習得は困難だったと言います。
心身の発達の遅れやゆがみに結びついていくとも言われます。
発達心理学では、この時期を13歳から19歳としています。
子どもを取り巻く環境によって子どもの言葉の力が育ってくるといった話をしています。
会員の募集も行っていますが、「入会・退会規則」に定められて方法で入会申し込みをして、理事会の承認を得ることができたら会員となります。
また、そういった心理学を勉強する人達が集まり学習をする学会もあり、この学問の研究に関心を持つ人達が、知識技術の交流を図り、心理学の発展に寄与しています。
もう一つは、学習です。
発達心理学デイズ

発達心理学ウェブログ

発達心理学図説
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lh3bhu8n
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lh3bhu8n/index1_0.rdf