幸福を完全にあきらめるというようなこと

December 05 [Thu], 2013, 12:40
社会が要求しているもっと懲罰的な刑務所に入れることは、彼らが幸福を完全にあきらめ、人生の残りを、快感を得ることに集中させるようになる。これは、ほとんど確実な保証に近い。このような人々は、危険人物である。私たちを恐れさせる暴力も、彼らにとっては大して怖くはない。学校を動かしているシステムの目に見える改善が必要であって、ステイシーズ自身が問題なのではない。変える必要のあるものは、システムである。学校に行っているほとんどすべてのステイシーズは、選択理論システムに変えると、勉強する気になる。スクーリングから教育への変化であり、罰から友情、強制の排除、という変化である。彼らが、読む、書く、問題を解く、という有益な技術を今、進んで学習すれば、私たちは過去を忘れてしまう。知識を詰め込む要求を見直すことは、彼らに希望を与えることになる。一度彼らが技術を身につけることにきずいついたら、そのときに、私たちは知識を要求することについて悩んでもよい。それまでは、生徒がステイシーズにならないように、予防できることに何でも取り組まなければならない。
奇跡ということ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まるこ
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lgoekawei/index1_0.rdf