かつり

September 25 [Tue], 2012, 16:34

」の精神で、その言うところを約
つづ
めて見ると、「自然
おのずから
に帰れ」と教えたことになる。より明るい世界への啓示も、古代復帰の夢想も、中世の否定も、人間の解放も、または大人のあの恋愛観も、物のあわれの説も、すべてそこから出発している。伊勢
いせ
の国、飯高郡
いいだかごおり
の民として、天明
てんめい
寛政
かんせい
の年代にこんな人が生きていたということすら、半蔵らの心には一つの驚きである。早く夜明けを告げに生まれて来たような大人は、暗いこの世をあとから歩いて来るものの探るに任せて置いて、新しい世紀のやがてめぐって来る享和
きょうわ
元年の秋ごろにはすでに過去の人であった。国際出会い半蔵らに言わせると、あの鈴
すず
の屋

の翁
おきな
こそ、「近
ちか
つ代

」の人の父とも呼ばるべき人であった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lglgrglelrl
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lglgrglelrl/index1_0.rdf