.gr.gre.gre.g

July 23 [Mon], 2012, 7:17
った。
「本当に大事にしてお上げなさいよ」と奥さんもいった。「毒が脳へ廻
まわ
るようになると、もうそれっきりよ、あなた。笑い事じゃないわ」
 無経験な私は気味を悪がりながらも、にやにやしていた。
「どうせ助からない病気だそうですから、いくら心配したって仕方がありません」
「そう思い切りよく考えれば、それまでですけれども」
 奥さんは昔同じ病気で死んだという自分のお母さんの事でも憶
おも
い出したのか、沈んだ調子でこういったなり下を向いた。私も父の運命が本当に気の毒になった。
 すると先生が突然奥さんの方を向いた。
「静
しず
、お前はおれより先へ死ぬだろうかね」
「なぜ」
「なぜでもない、ただ聞いてみるのさ。それとも己
おれ
の方がお前より前に片付くかな。大抵世間じゃ旦那
だんな
が先で、細君
さいくん
が後へ残るのが当り前のようになってるね」
「そう極
きま
った訳でもないわ。けれども男の方
ほう
はどうしても、そら年が上でしょう」
「だから先へ死ぬという理屈なのかね。すると己もお前より先にあの世へ行かなくっちゃならない事になるね」
「あなたは特別よ」
「そうかね」
「だって丈夫なんですもの。ほとんど煩
わずら
った例
ためし
がないじゃありませんか。そりゃどうしたって私の方が先だわ」
外国人 出会う先かな」
「え、きっと先よ」
 先生は私の顔を見た。私は笑った。
「しかしもしおれの方が先へ行くとするね。そうしたらお前どうする」
「どうするって……」
 奥さんはそこで口籠
くちごも
った。先生の死に対する想像的
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lgrlggrlg
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lglglg454/index1_0.rdf