看護師のかかえるトラブル事例

January 21 [Tue], 2014, 12:37
部下の看護師が患者さんとトラブルを起こした場合、上司として責任を取る必要があります。
それによって、問題も発生しているようです。
小さなミスが日頃から目立つ看護師に対し、どうやって接して良いかわからないとして、友人は頭を抱えています。
この事故があったときには、ショックで家へ帰ることができませんでした。
医院や病院の医師たちは風邪をひいた、腕の骨を折ったというようにやって来る患者の病気を治してあげたいという気持ちで、接してくれていることは間違いありません。
そして、仕事を辞めたいと考えている人が73.1%にも達していて、やめたい理由の中では仕事が忙しすぎるからというものが37.0%でいちばんになっています。
看護師のためのトラブルと法的知識についてきちんと調べておくことが大切なようです。
何かと厳しい昨今の就職難もありますが、看護師はそういった部分でない人材不足です。
彼女は患者のためにと思いついついがんばってしまうのですが、生身の人間ですから自分の生活とのバランスも考えないといけません。
友人の看護師も、患者のためという思いからこれまで個人の努力でカバーしてきた部分があったものの、それすら限界に来ていると語っていました。
看護師の言葉で患者さんは元気になることもあれば、落ち込むこともあります。
インターネットを通じて他の人の意見を聞いたり自分の意見を主張したりすることができる場があることも、状況に拍車をかけています。
その旨をご家族さんに説明して話をしてみたら、どうも患者さんがどうしても普通のものが食べたくてウソをついていたようなんですね。
ほかには仕事の達成感がないからという人が22.0%、本来の看護ができないからという人が17.4%です。
看護師のためのトラブルと法的知識大解析
看護師のためのトラブルと法的知識を探求するブログ
看護師のためのトラブルと法的知識なぜなに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lghzgnhp
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lghzgnhp/index1_0.rdf