ETCカードがない時代

April 25 [Fri], 2014, 15:50
ETCカードがない時は高速道路の料金所でかなり渋滞していましたよね。
車社会の現代では1世帯当たりの車保有数もどんどん増えてきています。
うちのことを考えてみても、そうですね。
私が子供のころはうちの父と母の車1台づつだった。私が大学生のころに1台増え、妹が大学生になるころにまた1台増え。
最終的に合計4台に、1人1台保有していましたね。
ETCカードが導入されたのは渋滞を緩和するため。
目的地へと最短時間、最短距離で行くことが出来る高速道路は本当に便利。
そのために多くの車が利用しています。
高速道路の料金所ではどしてもお金を支払うために車を停車させます。
それまで車がスムーズに流れていたものが料金所があることでスピードを緩めるので流れが悪くなってしまいます。
結果として渋滞が生まれてしまいます。
渋滞解消のために道路の拡幅工事などもすすめられましたが、やはり渋滞解消まではなかなか難しい・・・。
一番渋滞する料金所。この場所がスムーズに通過できれば渋滞が解消されるかもしれない・・・。
スムースに料金所を通り抜けることが出来るシステムが生まれれば、渋滞が緩和される。
そして考えられたのがETCです!
ETCはこのような背景を元に開発が開始されたようです。
平成5年の研究着手から約10年。10年もの月日がかかって完成。
今では、ほぼ全国の有料道路で使用できるようになっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中川山山
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lgf1w6j5/index1_0.rdf