あきで須藤満

October 14 [Fri], 2016, 15:49
一般的に、妊娠してから栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。はかには、野菜もそうですね。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が熱に弱く失われやすいというリスクを理解し、葉酸摂取の計画を立てましょう。
妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして継続的な摂取を怠ってしまうといったケースもありますよね。このような場合、使ってみると良いのがサプリです。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。
大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。彼女はベルタの葉酸サプリが気になっているようでした。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、彼女に伝えました。友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって願っています。
妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスが整っていくのです。妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。ですから、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
冷え性は不妊を招くと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ちるといった報告があります。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経に働きかけ、ストレスを和らげる効果もあります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。妊娠が発覚してから、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。
妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそんなことはありません。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が重要な期間だという事です。ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、摂取する量には気を配ってください。中でもサプリは食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。葉酸を摂りすぎると、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。妊活中の女性以外にも、男性が摂取した場合、精子の量を増やし、質の高い精子の生成を手助けしてくれるという訳です。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を実践してみましょう。
妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温計測から始めてみましょう。たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。毎日、起床時に体温を測るというルールもあるので、きちんと守っていくことが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結羽
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lgeblvhlailwie/index1_0.rdf