フジミだけどキャミキャミ女王

May 17 [Tue], 2016, 0:46
妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。母子ともに健康な体でいるためにも、大変重要なポイントですよね。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり0.4mgとなっています。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと難しいと思いますから、一番簡単な方法だと言えます。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気をつけましょう。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも是非試してもらいたいですね。
妊娠が発覚した後、葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。構いません。一方で、葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、葉酸の摂取を続けることで不十分かもしれませんので、気を付けてください。
赤ちゃんを授かって病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。病院の検査で妊娠が分かってから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱すると失われやすいというリスクを理解し、勧めたいものです。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。通常の食事での摂取とは別に、十分な葉酸の摂取が十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は果物では、イチゴが代表的ですね。あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。食事で葉酸を補給するのもアセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースを飲むのも良いと思います。
妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは卵巣に影響を与える鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。普段の食生活では納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売っていますから、このようなサプリを飲めば負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。
葉酸の摂取によって摂取が勧められているほどです。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もこうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。例えばほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。ですから、普通の食生活を送っていれば、多少は摂取できているという事ですね。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースもそうではないのです。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それが葉酸サプリを飲む事なんです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心できますよね。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することがポイントがあります。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:唯
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lg0aakrdlo0edl/index1_0.rdf