情報はどこから入手? 

2011年04月03日(日) 18時22分
ファンダメンタル分析をするにあたっては、分析を行うための正確かつ速報性の高い情報を得る必要があります、そのためにはしっかりとした情報源を確保しておくことが大事です。


情報源は速報性の面からいってインターネットを使ったものに限られてきますが、経済新聞などもデータの面からは役立ちます。

インターネットを使った情報源の種類は非常に多く、特にニュースサイトやFX会社の情報サービスは役立ちます。ニュースサイトは正確かつ速報性に優れ、突発的なニュースを知るのに向いています。またFX会社の情報サービスは取引に必要な情報(経済指標の発表スケジュールなど)が一目で分かるようになっており、予測を立てるのに役立ちます。

他にもFX会社が発行しているメルマガなどは、会員限定だったりはしますが専門家のファンダメンタル分析を読めるとあって参考にしている方も多いようです(それを読むためだけに口座を開設する方もいます)。


またインターネット上の情報は一定期間が経つと削除されてしまうものが多いため、過去のニュースや経済指標の値を探すのはなかなか難しいものがあります。しかし経済新聞は長期にわたって保存しておくことができるので、データベースとして使用している方もいるようです。


自分に合った情報源を見つけ出し情報を有効活用することも、取引にとって重要な要素と言えるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lfsbgxvc
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる