奥原で庄司

November 05 [Sat], 2016, 14:21
ヘアカラーが簡単にできるため、頻繁に白髪染めを自宅で行うことは良くありません。濡れた髪の毛をブラッシングすることは、一番危険な行為です。ダメージを受けるのは濡れた髪への刺激ですから、髪の摩擦や引っ張りは絶対にやめてください。乾いていない毛髪はダメージに弱いといわれていますが、乾かし過ぎは逆にダメなんです。しっとりとした元気な髪は、髪のたんぱく質が水分がきちんと保たれています。雨が降ると髪の毛がうねるのを防ぎたいなら、オイル状のトリートメントを髪に使用することがいいです。サラッとしたタイプのオイルを選んで、頭髪の内側にも良くつけていきます。髪の毛の一部のキューティクルが傷んでいると、その部分から水分が入りそこが膨張します。膨張したところが徐々に広がり、髪全体としてはうねりが出てしまいます。頭髪でうねったものの割合が多くなると、頭全体が膨らんだ髪型になります。頻繁にヘアアイロンを使用すると、髪の毛にダメージを与えてしまいます。髪の毛を乾燥させすぎると、毛髪の内側のタンパク質がぱさぱさになってしまいます。髪を洗う時の温度は、38°くらいにしましょう。髪に熱めのシャワーをすると、毛髪が膨張することが多いです。熱めの温度でシャワーやシャンプーをすると、カラーが抜けやすくなる原因になります。降雨の日に髪のバサツキを押さえるためには、しっかりと乾かすことと、頭の毛の水分を飛ばさないことです。オシャレ染めなどで髪に負担がかかっていると、傷んだ部位から水分がしみ込んで、おさまりの悪いヘアになります。髪のダメージをケアするには、乾燥を防ぎ保湿対策をすると、髪の毛に優しくケアできます。紫外線を浴びると、頭皮や髪はダメージを受けて、パサついた乾燥頭髪になります。UV光線の強い影響で、頭皮と髪の栄養が抜けたり、静電気を帯びたりします。頭髪のケアとしていつも、保湿ローションかエッセンスなどを忘れずに使いましょう。頭皮が水分を含んだ状態では、刺激に弱いと考えられます。濡れている状態の髪は枕とこすれ合ったりして、キューティクルがはがれやすくなりダメージを受けます。髪の毛のダメージを最小限にすれば、雨の日の膨張を防ぐ事が出来ます。冬場は湿気が少ないですが春になり、湿気Maxの梅雨になります。湿度が高い梅雨になって雨が降ると、強い紫外線が降り注ぎます。髪の毛は紫外線にあたるとダメージを受けて、髪の表面が酸化してしまうのです。早くから毛髪のUV対策をとることで、髪の毛の広がりを防ぐ対策になります。髪の毛が濡れたまま寝ると、枕にも雑菌が繁殖してしまいますから注意が必要です。がんばって必死に髪の毛をとかしている人は、とっても危ないことをしているのです。髪の毛を思い切りとかしてしまうと、摩擦でキューティクルが剥がれたり傷ついたりします。美容室に行かずにおしゃれ染めなどをすると、頭髪にダメージがある場合もあります。ヘアダイを自分で買おうとするときには、ジアミンアレルギーにならないような商品を選びましょう。髪の保湿対策には、洗い流さないトリートメントなどが人気です。はんがわき時や、完全に乾いた状態の時の両方にトリートメントを使います。ヘアドライヤーで乾燥させるときには、根元を先に乾かしていくのがコツです。ドライヤーを使うときは、60%くらい乾いて来たら熱風をやめて最後までヘアドライするのがプロの技です。ぜひトライしてみましょう。レイニーデーには髪の毛がうねってしまいます。時間をかけてヘアスタイルを決めていても、湿気が多くて髪が決まらなくなるのが当たり前です。雨降りの日にはどうしてくせ毛のように横に広がるのかな?なぜなら戸外の湿気が多いので頭髪の中の水分の割合が普段よりも格段に多くなるからです。髪の毛の中にある水気が増えると髪は広がりやすくなります。まっすぐな髪の人は湿度と髪質に関係がありませんが、湿度にくせ毛はてこずります。直毛でない人は、頭髪の内部のたんぱく質も繊維部分が均等でない理由で、曲がると言われています。湿気の高い場所にくせのある毛髪の人がいくと、1本1本違う吸水量になってしまします。髪がまとまる時が多い晴天の日には、何の気なしに過ごしている人が大半ですが、雨でない日のお手入れが重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美羽
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lfeedufnwur50u/index1_0.rdf