多汗症の原因とは?

July 28 [Thu], 2016, 20:13
多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)の原因としては、一昔前は緊張や不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)などからくる(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)だと考えられていました。「気の持ち方次第で多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)は治る」と言われておりていましたが、実際にはリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)している状態でも手の平から汗が滴り落ちたり、朝目が覚めた瞬間に汗をかきはじめたりする場合もあり、絶対に精神的な要因による病気だとは言ってもない事が分かっています。それでは、多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)になる要因って一体どんな事なんでしょう。多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)には、当然、「精神性発汗型多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)」といって、ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)や緊張から自律神経のバランスが崩れて交感神経(闘争と逃赭の神経とも呼ねれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)が副交感神経(コリン作用性神経とも呼ねれ、アセチルコリンという神経伝達物質を放出します)よりも優位になり、発汗を促進する場合だってあります。そのほかには、中枢神経の異常や循環器の疾患、内分泌異常や代謝異常などの病気によっても多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)になる可能性もあるでしょう。具体的にいうと、バセドー病や褐色細胞腫、急性リウマチや糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)などですね。急に汗の量が多くなった場合には、こういう病気が原因である可能性もありますから、できるだけ早く専門医(かかりつけ医に診てもらうのもいいですが、不調の箇所や原因がある程度はっきりしているのなら、こちらを選択する方がいいかもしれません)を受診するようにして下さい。また、ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)が崩れると、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)に影響を及ぼし、多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)となることがあります。このような多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)の場合なら、全身的に発汗が起こる「全身性多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)」となるケースが多いものです。食事が原因になる多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)ってありますよね。具体的に言えね、辛いものや酸味のあるものを食べたり飲んだりした場合に、発汗神経が刺激され、多量の汗をかいてしまいます。これは、「味覚性多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)」と呼ばれているでしょうね。このように、多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)の原因として人により多種多様です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:煌大
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lfaneavttlicao/index1_0.rdf