*あるところに書いたコメント 

2005年09月13日(火) 22時41分
う〜ん、、、みんな都会の人はいいなぁ、、、考え方が若くて。高齢化社会、どうやって生きていくんだろう、お年寄り。でもきっと彼らには、「自業自得」とか言われるんだろうな。
人を尊ぶことをしない人たちには。

銀行があぶないとき税金入れてるなら、郵便局が民営化になって、山手にもちゃんと
局を置いてくれるとすると、あぶなくなるから、税金入れなくちゃならないよね。
同じ税金入れるなら今のままの局で中身を改革していったほうが,お年よりは助かります。民営化賛成の人の意見はわかるけど「弱いもんの意見なんか聞かないでいいよ。強いもんだけ生き残れば」みたいに感じるんです。「悪いところは悪い。」それもわかる。
でも、そうして、悪いことを見逃してきたのは、私たちの責任でも
あると思います。それに政治を理解しようともしなかったし・・・→私もそう。(反省)
でも、少数意見が駄々をこねている、という受け止め方は違う。
小さな意見でも実質、山手はこんな厳しい状況だから意見が上がっているんです。
お気づきのように、最近の法案の中には、国民が辛くなる法案がたくさん出てきています。ふつう国民自身が国民の辛くなる法案出しますか?国民(低所得者層は特に)はないがしろ。彼らは、「代議士」ではなくなってしまったのです・・・
「現時点でも、山手にはもう無いですよ(~_~;)
郵政民営化は、都市部では考えられると思います。が、山手では銀行自体が無くなっています。みずほとかなんて市によってはありません。銀行は採算が取れなければATMさえ置きません。お年寄りの一人暮らしは、元気なら行けるかも知れません。
でも介護を必要でお金もない方は特老にも入れず、
なけなしのお金で訪問看護をお願いして、お金を払ってお金を下ろしに行くんです。
でも、公務員だからこそ郵便局の人は,面倒さえいとわず来てくれます。
実際に私たちの生活にとけ込んでくれてるからこそ,地震とかの危険なときにも、対応してくれてます。民営は危機の時にも冷たいものです。それに、コンビニさえ、こちらはつぶれてすぐなくなります。採算の取れない店舗や低所得者層の切り捨ても加速するのは当たり前です。クロネコヤマトさんも、山手は手がけないとおっしゃっていたでしょ?採算が合わないからです。日本の3分の2は山手なんですよ・・・それだけ、民間のかたはシビアに見てるということです。」

*ホワイトカラー・エグゼンプション 

2005年09月12日(月) 9時29分
[ホワイトカラー・エグゼンプション]

「年収四百万円になったら帰宅は午前様。残業手当なし―。
小泉内閣と財界が、事務系の労働者を対象にこんな制度を
つくる準備をすすめています。早ければ来年の国会に法案が出る予定。
空前のサラリーマン大増税とあわせて、月給から残業手当がなくなったら
生活は大ピンチです。」



え??え???
どういうこと?
自分たちは??議員はそのまま??
一瞬、頭を抱えてしまいました・・・

残業代を払わずに何時間でも労働者を働かせることができたら、
財界にとってどんなにいいか。
しかし、一日八時間労働など
労働基準法の規制があってやりたくてもできません。


規制を超えて平日の残業や休日出勤をさせたら二割五分以上、
深夜業の場合は五割増の割増賃金を払わなければなりません。
労働者が人間らしく働き、生活するための当たり前のルールですが、
財界にとってはこれが邪魔この規制から逃れるために、
自己の裁量という名目でいくら働いても残業手当がつかない
裁量労働制を導入
しました。しかし対象者に制限があるなど
使いづらいというのが企業の評価です。


年収が四百万円を超えたホワイトカラーはすべて
労働時間規制の対象外にされ、定刻になっても帰れず、
夜なべしても残業代なし
。過労死しても「自己責任」です。
こんな働き方になるということです。

 (この制度は、アメリカが本家です。)」



人間らしく生きることさえ、無くされてしまっても
もう不信任案さえ、通せない・・・



弱いものは、どんどん弱くなっていくだけの社会を
あなたたちは支持したのですね・・・ ・・・

*これは、「つくり上げられた」こと。 

2005年09月12日(月) 9時10分
前にもこのBlogで書きましたが、

まんまと、小泉氏に作り上げられていたことです。



「対抗馬(刺客などといっていますね)を

自民党公認として、どんどん増やしているじゃないですか。

それも自分の言うことを聞くイエスマンばかりの自民党。


http://yaplog.jp/ley_seiji/archive/5


「刺客」なんてごまかして、「もともと人」+「刺客自民党」と出馬させて

いたのですから、人数が増えて当たり前です。



これからの国政。

反対意見を聞かない首相。



本当に怖い世界です。



でも、選挙について政治について



少しずつ、私は勉強していきます。



この国を正しく見守れるように。

*崩壊するための道 

2005年09月12日(月) 9時06分
これで、大義名分は通った。

国民が判断したのだ。



「私の言っていることは正しい、と、国民が言っているのだ。」

と。



これで、国民が望まない増税などが行われても

何もいえなくなった。

まぁ、この議席では、何か言っても

自公連立でほとんど通ってしまうが。



そう判断したのは、国民なのだ。



そして、、、私たちが望まない事まで知らないうちに

決められてしまってはじめて、自分の愚かさに

気づくことになるのだ。

*4年前の9.11 

2005年09月10日(土) 9時02分
2機の民間旅客機が貿易センタービルに次々と激突。
燃えくすぶる2棟のビルは崩落。
人々の悲鳴。
逃げ惑う姿。
瓦礫の山、山。


テロはどんなことがあっても、正当化できないと思う。
いつも、被害にあうのは普通の民だから。


しかし、テロが起きるには背景がある。


行き過ぎの内政干渉。
中東の石油利権欲しさに、
まるで自分は「神」のように行動する。
テロ撲滅といって米国がとった報復攻撃。

そして、それに従った小泉氏。


血で血を洗う抗争といっしょで
鬱積されたものはいつかは爆発する。
米国内では、あの戦争は誤りだったと多くの国民が考えている。


本当に他に方法はなかったのか?


間違った方向に進んでいる日本、或いは世界を
手探りでも良い方向に向けていけるのは
国民の力。


そしてそれを表せるのは、投票である。

今、自分の力で出来ることをしよう!

*日本をどこへ連れて行くの? 

2005年09月10日(土) 9時00分
かめさん、という方のコメントをいただいて
改めて「日本放送問題」を見直してみました。


いろいろ見てみると、私が堀江氏に対して持っていた印象
(プロ野球参入問題までの)で、ものを見ていたから
わからなかっただけなんだ・・・と自分の無知さ加減を
反省しきり・・・です。


最初からこの人の姿勢は、変わってはいなかった。
私が見てなかっただけなんだ。
ほんとに「お金」の人なんですよね。
シンプルすぎるくらいに。


・プロ野球参入
・高崎競馬の話し
・日本放送(フジテレビ)問題
・そして、今回の選挙


全てについて、絡んでるもの
「お金」


確かに企業屋さんだものね。

もう、見えてるじゃないですか。

「お金」


なんと口でうまく言おうが
「お金」が絡まないと動かないひと。

別に当選する気なんかない。

ただ、「郵政民営化」でそれだけの
お金が出るのを明確にしてるだけ。


昨日、友達と話してたとき。
最近の日本人には「恥」とか「相手への気遣い」とか
無くなったよね。」なんて話ししてて(苦笑)


彼女の会社のお友達のはなしで、、、

Aさん 「今のこどもってどういうのかしらね」

友人 「?どうしたの」

Aさん 「他人の家の冷蔵庫、勝手に開けるのよ(~_~;)」

友人 「ぇええええええっ??うそ!!何それ??」

Aさん 「ほんとなのよ〜・・・ありえないでしょ(苦笑)」

友人 「・・・(しばらく絶句)・・・あ、ありえなさすぎ・・・」


Aさんのこどものお母さんたちに聞いても
そういう子供が何人かいるとのこと・・・(頭痛)


冷蔵庫って、ひとのうちの財布の中身、みたいなところがあるわけで。

なぜかこの話と、堀江氏のことが
ダブってしまう私なのです。


躾って、大切。
日本のいいところは、残したいですよね。


民度まで、アメリカみたいになりたくないです。

*政治って。 

2005年09月09日(金) 8時56分
まだまだやっぱり、よくわからないけれど。
現時点では、「矛盾」しているところをどうかいくぐって
自分のやらなければいけないことを徹していけるか、
みたいなところがあるような気がする。


レイ氏と話していて、疑問に思うのは
国にとって、良いことを徹しても、なぜか同じ政治家に
策略され、落とされてしまうということ。


逆にいえば、人数が多すぎて、自分は日の目を見ないから
引きずり下ろすってこと。・・・?


何のために政治家になるの?
国を良くするためじゃないの?
中央にいるとわかりにくいところを
地方からの意見を聞きやすくするために
いるんじゃないの?

中央に上がると、国民と距離感が出来て
自分の名誉欲とかお金とかに執着するようになるのかな。
あれだけ素晴らしいことをやり遂げた吉田茂氏でも、そんな時が来る。


どこかのBlogで「公務員は仕事しなくて楽だ」みたいな
こと書いてあったけど、そんなことはないですよ。
はっきりいうと、しない人もいる。でも、それって
「コネ」で入った人とかに多くて、そんなにいるわけじゃない。
ほとんどは、胃潰瘍になったりしながらも住民に怒鳴られながら頑張ってる。
そういう点は会社も、同じでしょう?
普通に試験もあるし、守らなくちゃならないことがたくさんある。
住民の人に恥じないように日々の生活態度とかまで気にする。
底辺は、どこも大変なのに、「公務員」って言うだけでくくらないで。

働いてる人は、自分でそこを選んで入ったんだから、自分に責任持とうよ。


ん?ちょっと話しそれた?
では、戻しまして・・・


市町村議会→県議会→国会
市町村議会でも、たま〜におかしなこと言うときあるけど
まだ住民に密接なところが多いよね。先のビジョンもあるし。
中央に行くと、政治しないで誰の派閥がどうの
とかになっちゃうのっておかしいように見えちゃいます。

っていうと、先生に
「派閥も政治を徹すには今は必要なんだ」
っていわれるけれど(苦笑)


でもほんと、矛盾してんだよな〜。
地方に、民間にって言うけど
合併しろ、大きくなれって。


国民に渡す金は少なく出来るけど
議員秘書に渡す金は、秘密握られてるから
少なく出来ないって、相当な矛盾じゃない?

誰のための議員なの!!

*納得。 

2005年09月08日(木) 22時01分
堀江氏。

確かにな〜んでいきなり選挙なの?とは

思っていました。

あっちこっち、出たがりなのかな〜、くらいに思っていましたね(笑)


この文を読んだら、思わずウナズイテしまいました^^








『世に倦む日日 』 さんのBlogの中から引用させて戴きました。



「いちばん分かりやすいのは、何故(これまで一度も投票もしたこともない)堀江貴文が今回の選挙に立候補して「郵政民営化」をエバンジェライズしているかという問題を考えてみることだろう。その答えを自分で出せば、郵政民営化とは何かが一瞬で理解できる。難しい金融理論を捏ねなくても、堀江貴文の行動が郵政民営化の本質を世間に暴露していると言えるはずだ。・・・・・・簡保と郵貯の二分割ではなく、郵貯の230兆円が何社にも分割されるに違いない。私の予測では、懼く新規に受け皿会社を何社か作るはずだ。



・・・受け皿会社はハゲタカの姿が前面に出ると国民感情を害するから、表面はあくまで日本企業の体裁を整えるに違いない。ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、メリルリンチ、リップルウッド、サーベラス、プルデンシャル、HSBC、UBSウォーバーグ、これら国際金融メジャーの中の数社が東京三菱銀行やみずほHDや三井住友銀行や野村証券や日本生命と提携して新規に受け皿会社を作るものと予想される。どのような組み合わせになるかは見えないが、匙を加減できるのはブッシュ政権と小泉政権の中枢だろう。その中に堀江貴文のライブドアも入れてもらうのである。これまでの経緯から考えれば、ライブドアはリーマンブラザーズと組むだろう。論功行賞。郵政民営化利権への参入である。」




なるほど。そ〜いうことだったのか。と。

恐るべし、演技者の堀江氏。

*議員秘書給与 

2005年09月07日(水) 20時12分
国民に、痛みを伴わせるなら
議員も痛みを伴っていただきたい。


議員秘書給与。

国会議員の政策秘書や公設秘書は、

国家公務員特別職として国から給与が支払われているのは

ご存知のことだろう。


一年間にもろもろの手当てを足していくと

一人につき1000万〜1300万とも言われている。

(政策秘書の場合は、経験年数によって月額45-67万5千円の給与のほか、

年3回のボーナスが支給される)



政策秘書制度は1994年に発足。

公設秘書を増やしたい議員側の本音と、

政策立案能力の向上という建前の妥協の産物として生まれたもの。

第1、第2公設秘書に続く、政策秘書。

3人も抱えているのだ。



そして、国会議員の公設秘書からの議員や所属政党に対する献金や、

議員が親族を公設秘書に採用し実際には仕事をしないなど、

秘書制度自体を悪用しているケースも多い。



ならば、これを廃止にすればどうか?

こういう声は、議員たちからも

出ているが、議員達は制度改正を断念してしまった。

私には、「秘書に色々と秘密を握られているのか?」

という感が否めない。




単純計算でも、  3人×1000万=3000万

そして議員数 722人×3000万=216億6000万

たった一年でだ。




議員本人は、民間に習っていただき

議員秘書=社長秘書と同じように

自分で雇っていただく形式をとるようにすれば

宜しいと思う。

このくらい、やって頂きたい。




それにもうひとつ。

地方へ地方へ、というならば、

中央の議員は1都道府県で二人ずつ。

変わりに県議の育成に励んでいただきたい。

よい人材を、育むためには、必要なことと思うが。



議員も、秘書も

「国を良くしたい。」

と思う信念があって出たのなら

このくらいは、お願いしたい。

*高校生VS首相 

2005年08月29日(月) 18時45分
これを見たとき、(1年前の記事ですが)自分は今まで、何から逃れ

何を見ないようにしてきたんだろう、、、と、改めて考えさせられました。



この先の未来のために、見なくてはいけなかったこと。

見逃してはいけなかったこと。自分の地域でも起きた合併問題。

その後の地方の大変さ。合併のとき、子供たちが大人よりも

真剣に意見を言っていました。



「何故、こうなってしまうとわかってて、どうしてきちんと皆が

反対しなかったの?」

「しょうがないんだよ、国からの指示なんだから・・・」

「国からの指示なら、何でもやるのか?代議士は

国のどこを見ているの?議員は国民が選ぶんだよ!」と、、、



全てがすべて、まだ分かったわけではありません。

しかし、人間として、また、世代の橋渡しとして、

このままでいいはずがありません。



少しでも今まで逃してしまったことを取り戻しながら

いろんな面から情報を集め、真実を見つけながら、

今日、見つけたこの記事を、ここに載せさせていただきます。

高校生VS首相
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像
» *自由でない自民党。 (2005年09月02日)
アイコン画像なめ猫♪
» *自由でない自民党。 (2005年08月31日)
アイコン画像
» *ホント、困ります。 (2005年08月28日)
アイコン画像hiroshima-rock
» *ホント、困ります。 (2005年08月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ley_seiji
読者になる
Yapme!一覧
読者になる