レベルが違うと感じました〜Royal Scalping FX 

July 10 [Fri], 2009, 0:42




アプローチの仕方の違いに

驚かされました




私のトレードスタイルは、デイトレードをメインに
スキャルピングも少し取り入れています。


5分足〜4時間足をチェックし、大きな時間軸に沿ったオーソドックスな手法で、
ボリンジャーバンド、MA、ストキャスのみを見ながらシンプルにトレードしています。


利益も上がっていますので、まずまずかなと思っていましたが、
このマニュアルを読んでみてアプローチの仕方の違いに驚かされました。


一応、私は3通貨ペアをチェックしながらトレードしていますが、
マニュアルにも書いてあるように、値動きの本質を全く理解していませんでした。


お恥ずかしいですが、まだまだ素人のトレードで甘かったと痛感しました。


為替の相関性、出来高、ボラティティ、マーケットの雰囲気の確認など、
このマニュアルを実践するためだけではなく、
トレーダーとして次の段階へステップアップするために必要な情報が満載でした。


「ロスカット1pipsでも勝率を落とすことなく、超低リスクで売買できるタイミング」


ロスカット1pipsで本当に大丈夫なの?


と思いましたが、事前の市場分析、為替の相関性などを理解して実践すれば、
これは可能だと感じました。


それから、普段、為替の相関性などほとんど気にしていませんでしたので、
為替レート変動表は助かりました。


また、実際のトレード例も画像を使って解説されているので理解が深まりました。


秒殺というか超スキャルピングという感じですね。


それも、勘や雰囲気でのスキャルピングではなく、
きっちりとした分析によるものですから、レベルが違うと感じました。


まだまだ、為替の相関性の見方など不慣れな部分もありますが、
早速実践してみたいと思います。

(埼玉県/自営業/44歳 Aさん)



≫レベルが違う、超スキャルピングとは?



玄人向けの商材です〜Royal Scalping FX 

July 10 [Fri], 2009, 0:42




優位性の高い手法ですが・・・



まず、作者である近藤さんの発想、トレードに対しての考え方、
実際のスキャル手法。

非常に興味深く勉強になるものでした。

商材中で出来高に対する見方、分析結果をグラフで載せていましたが、
これは非常に有効なエッジですね。

この手法は確かにきちんとした裏付けある優位性の高い手法でした。


けど悪い点があります


実際に売買してみると1日、2日で会得できるような手法ではありません。

数分で決済するという超短期スキャルという特殊性からエントリーの判断、
利食いの判断等を一瞬で決めなければいけません。

この為、何度も練習を行い、一瞬でエントリーするかしないかなどの
判断ができるようにならなければいけません。

エントリーの考え方は既に商材中で何度も説明されています。

後はこの考え方を購入者がどれだけ身につけることができるかに
かかってくると思います。


購入者の姿勢が問われるある種、玄人向けの商材です。


僕の方はモニターとして早くからこの手法を使わせていただいていたので、
もうおおよそマスターできています。

本業が忙しく、なかなかトレードに時間が充てられなかったのもあって
3週間ほどかかってしまいましたが…。

一応既に毎日約10pipsほど確実に、そしてほぼ安定的に稼げるようになりました。

ですがまだまだ油断せず、エントリー慎重に行い
10分に1回ぐらいの頻度でトレードしています。

今後、さらに慣れてくると共にトレード回数を増やしていきたいと思います。

1日30pisぐらい抜けるようになれれば良いですね。

確かな筋道を用意してくださった近藤さんには感謝しています。

ありがとうございます。

余談ですが、最近では商材以外のことでの良くメールをしています。

バックテストであったり、時間軸を大きく取ったデイトレ、スイングトレードの話など。

時間がある時だと商材以外の話でもすぐに返信をくれる様ですので
サポートも非常に良いです。

本当にありがとうございます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

(大阪府大阪市住吉区/会社員/44歳 Sさん)



≫玄人向けのFX商材はコチラから