次世代GPU、中古対策???PS3後継機「Orbis」の噂情報

September 15 [Mon], 2014, 13:06
そうですか? どうしてそうなるんです!ようです。また、カップケーキを送った理由について、今回の運動を主催したユーザーが「ファンとして、文字通り“ほろ苦い”エンディングに“甘み”を追加して欲しいという意味が込められいる。」と説明しています。。海外版Kotakuにて、PlayStation 3の後継機に当たるソニー次世代ハードの新たな噂情報が掲載されています。情報の出所は、同サイトと過去にやりとりもあった“信頼の置ける複数ソース”からで、まとめると以下のような内容となっています。

■ コンソールの名称

 * “Orbis”なるコードネーム/仮称で呼ばれているらしい

 * Orbisはラテン語で「円」「輪」「軌道」などの意味を持つ

 * 同じラテン語で「生命」の意味を持っていたVitaと組み合わせると「生命の輪」となる

 * ソニーのポータルサイト上にはOrbis.SCEDev.netというURLのページが存在

■ 計画段階のスペック

 * AMD x64 CPU

 * AMDの次世代GPU“Southern Islands”を搭載

 * 最大解像度4096x2160でゲームを表示

 * 解像度1080pで3Dゲームを表示(PS3は720p)

 * OrbisはPS3ソフトの後方互換性を持たない

■ リリースタイミング

 * 2013年ホリデーシーズンのリリースを計画

 * 今年初めに選ばれたデベロッパーが新型コンソールの開発キットを受け取っている

 * GDC開催前後にその改良版が配布された

 * 2012年の終わりにはさらに最終形に近いベータ版が用意される

 * このように早期に開発環境を提供することでローンチゲームが充実するはず

■ 中古ゲーム対策

 * 噂のXbox後継機と同じく何らかの中古ゲーム対策機能が組み込まれる可能性が高い

 * 全てのゲームはBlu-rayディスク版とPSNダウンロード版の2種類が用意される

 * ディスク版購入時はゲームデータをHDDにフルインストールする

 * 購入したゲームはひとつのPSNアカウントのみでの利用に固定される

 * PSN版のデータはいつでも無料で再ダウンロードが可能

 * 何かをするにはPSNアカウントを作ってオンラインでいる必要があるため、中古ディスクを購入してオフラインのみでプレイ、といったことはできない

 * 買取に出された中古ディスクを入手した場合、プレイに何らかの制限がかけられる

 * 中古ディスクに対しては、トライアルモードでの起動に制限、何らかのコンテンツ制限、追加料金を支払ってフルゲームをアンロック、といった仕様が噂される

* 昨年12月Pastebinに投稿されていたテキストの中でもPS4のコードネームが“Orbis”と記述されていた

* その当時噂されたOrbisのスペックはHDDを搭載していないなど今回のKotaku情報と大きく異なっている

* Pastebinの投稿には、OrbisのスペックがMicrosoftの次世代機よりも大幅に性能が低いとしてEAなどが失望したという記述があったが、これは不採用になった初期プロトタイプの話を指しているかもしれない。Kotakuはこの事に関してEAにコメントを求めている。


これらディテールはすべて公式に確認できておらず、ソニーもコメントを拒否しているため、完全なる噂として認識しておきましょう。BNS RMT

草の根公務員は卒業生を募集する傾向がある

December 26 [Thu], 2013, 17:17

「さらに、一般的な大学卒業生の雇用ウィッグの仕事を改善する上で、北京市政府、「(記者Daoudine)昨日、提案された通り、公務員の採用計画を募集して町の機関は、大学の卒業生を募集するために主に使用する必要があります。権利放棄文書は自営業を提示すると、北京大学の大学院生の創設者個々の産業や商業の世帯は、行政手数料を放棄します。個々の企業やスタートアップ起業家精神は、小口融資、自己資金の不足の都市の政策に沿って、あなたが小さな融資を申請できる場所、営業利益計画は、市内の小規模融資の割引の方針に沿ったものである、あなたがローンを楽しむことができます割引。市政府はさらに、転送プログラム北京の学生と人事ファイル内の大学卒業生の雇用のための手続きを簡素化するためにすべてのユニットを尋ねた。北京の学生は雇用調整が北京で働いている卒業生、もはや転職を取り扱うときは、その後の手順を転送するモビリティのプログラムファイルに合わせて、調整の再割り当ての手続きを申請することはできません。簡略化され、以前の監査手続は、北京の学生は就職担当者ファイルが存在しないかの手続きに関連する求人トリックで説明したプロファイルに基づいて、手続きなしで、ユニット手順を調整し、社会保険の記録を支払うている卒業のファイルが動作する時間を見つけました。事業からの大学の卒業生は、基礎年金保険の支払い期間に参加した雇用機関や研究機関への社会的なグループは、サービスの合計の長さとして計算されます。街の要件、道路、行政当局を募集町が積極的に大学の卒業生を募集するために主に使用されるべきである計画を雇って、適用するために優秀な大学卒業生を誘致するために効果的な措置をとるべきである。



Yuhu党書記陳ヒル:科学裁判官状況が経済的·社エクステ
会のための環境を最適館

コンパスは連合を疑う:すべての利己的な華麗さらに多くのゲームを保ったユナイテッド - 結婚を

December 19 [Thu], 2013, 11:11

先週、鼎益とペプシは「戦略的提携」を発表したが、その内容は、以前のマスター噂されていない「中国におけるペプシコの事業の買収を、 "しかし、双方のエクイティ·スワップ:MKBはペプシコーラのボトリング工場の5%の株式のために戻りますすべてホールディングスは、また、ペプシ炭酸飲料とゲータレードブランドの生産、ウィッグ販売、流通を担当する中国でのペプシコのフランチャイズボトラーとなります。
Exchangeでは、ペプシコMKB会社の5%の株式だけでなく、20%増加の会社のMKBでの間接的な出資を2015年に決定する権利を取得した後。鼎益とペプシソフトドリンクは第2、第4にランクされ、中国の業界では極めて重要な位置を、シェーカー、として記述することができます。その強力な組み合わせは?国際市場で相互に「重量級」ではない、まだ、滑らかなクリアランスを組み合わせた中国市場のパターンを書き換える方法をなぜ一緒に来る?必然的にすべての種類の憶測が行います。この取引は商務部と香港証券取引所上場の鼎益の株主の承認を受けなければ未だコカ·コーラの
"過ち"を踊ることはできません。人々は、2009年3月、匯源果汁コカコーラ香港179億ドル買収が商務省独占禁止法の調査によって行われていないことを忘れてはいけません。契約と製品の承認を把握していなかったが、通るような滑らかなパスの可能性を排除していないものの、それに応じて、多くの業界関係者や専門家が、あるため、コカ·コーラの警告を信じています。この記者とのインタビューで、アメリカと王博士商務省研究院によると:商務省の判決は、調査は、業界の健全な発展を脅かして、独占を構成し、評価することが困難な一定の行政審査と承認手続きがあるかどうかに基づいて行われます。記者が尋ねたところ、台湾系企業は、商務省が王に有利、惜しまれるかどうか、中国での多国籍企業を「買い」言った:?「不可能我々の政府は、すべての中国では、地理的区分の外観に応じて、平等に扱われる登録は中国企業として扱われるべきである。感情的な
"ファクター"博士李華フランチャイズ研究センター、政治学と法律の中国大学の副所長は、のではなく、ビューのマクロ観点から、政府がより多くのことを記者団に語った」。それは確かに有名な伝統的なナショナルブランド、または独占を構成を必要とする場合はもちろん、業界の正常かつ健全な発展には、また別の問題を脅かすだろう。しかし、大企業のように、鼎益とペプシは長いな知識でした外の世界に置かれている、おそらくこれがそれになることができ、行くために喜んでいる。教授朱中国ブランド研究センター梁の共同ディレクターは、ビューの反トラストポイントからの商務省は、4つの側面からのコカ·コーラの場合は、拒否されたときと考えていますが、検討するナショナルブランドの保護の背後に排除していません。しかし、状況は少し異なります。炭酸飲料は(健康の観点から、ティーやフルーツドリンクよりも小さい)動きの速い消費財の下降局面では、見通しについて非常に楽観的ではなく、人々の生活は、この分野でのコンパス二国間協力を伴わない行うことはありません消費者の利益なので、大きなチェックポイントへの損傷の可能性。新しい世紀の最初の2つの10年の中国での多国籍戦略的な変更は、さらにいくつかの多国籍順化中国の企業、miscues、および一定の報告は、撤退の報道を撤回するかどうか。ただペプシ収縮発言?王コンパストランザクションは全体の
"魚"非テイクすべての場合には、多国籍企業は、専門の魚体の大部分をつかむためのイニシアチブを取り、「フィッシュテール」を放棄し始めたことを示したと考えているかどうかを検証するため、今回、
「魚の骨」は、ローエンドの一部を放棄するなど、知的財産、ブランドやその他の無形固定資産として最も良い、最も戦略的な部分だけでなく、業界の一部の高付加価値連鎖を保持します。それは、最終的な目標は、中国ペプシ所有達成絞る年後の損失増が発生し、意図的に外国の利益を移すと非難ペプシの3中国企業との合弁会社であることが報告されている。マスターは介入に強力な販売網を有しており、フランチャイズはこれを裏付けます。王はこれは単なる憶測であると考えています。それはペプシを売却する意思があるのでしかし、その生産ラインの観点から説明してきた「魚の骨」の部分である。資産の譲渡の売却損の3年連続でもフランチャイズ料を徴収、お金が変更された場合は、なぜでしょうか?Reporterはペプシが中国本土で動作する第フランチャイズ企業を授与されることに注意。だから、中国の多国籍企業は、もともと大規模なプロモーションを許諾されていない操作のペースを加速するために、今の時間はLi華が言っ熟していることを意味しているの??マクドナルドのフランチャイズモードに属しながら、ペプシのフランチャイズは、生産ライセンスの譲渡に属します。ペプシの移動が、主な理由は、中国市場のため「2法」(「商業フランチャイズ管理規程」、「商業フランチャイズ情報公開」と「商業フランチャイズ管理弁法」)だけでなく、のフランチャイズ正と負の両方の材料のこの試金石のデモンストレーション効果と相まって知識の普及、中国のフランチャイズ市場環境はこれまで以上に標準化されている。李華にペプシの戦略は多国籍企業の正常な現象である「リフォーカス」であるとようだ。
「双方は、唯一の目的は、比較的多様化し、独自の戦略を作る中国の多国籍企業を再フォーカスである、リソースの相互の利点を支援し、独自の長期的な発展に焦点を当てることであるため自己資本は、戦略的な運用レベルに属し、交換選択した後。すべての生産と販売は、マスターに転送しているが、多国籍企業は、自社のコア競争力を把握し、コア·コンピタンス」「彼はの管理を呼び出した、と述べ、
"しかし、ペプシはまだ集中しますレシピ、販売権をしっかり自分の手にある。サプライチェーン、生産、供給と食いしばっキーでは、利益の下部が取り除かれている。それぞれが結婚「利己的な」ゲームを協力の目的や意義について非常に知名度の高い話である次の上位リーグ側を保存します。マスターは、この協力が満たすことであると述べ、「中国の飲料業界の黄金時代を。
"ペプシとティンイー提携は、グローバルな飲料イノベーションプログラムの一部として考慮される - 「地球規模での成功を勝ち取るために、我々は絶対に最高の地元のビジネスパートナーを持っている必要があります。
"これは、外の世界に示しているよう、このような協力は、誰が、善悪の問題を食べる人は存在しません。それは、過去数年間では、マスター茶飲料清涼飲料の市場クライミングの中国のシェアが共有し、ペプシ、炭酸飲料のコカ·コーラのシェアは実際に、搾り茶飲料を縮小していることが報告されている。大企業は、不良資産をスピンオフ戦略的対価として投資良性資産に集中、これをマスターするペプシ炭酸飲料が圧迫されています戦略的意図?李華が思うに、この可能性を排除していないを共有しています。過去の例を参照してください、中国の多国籍企業の買収の目的は、市場からいくつかの中国ブランドがなるように徐々に究極の目標として、ブランドを破壊するか、その消費者団体だけでなく、マーケティングの端末をつかむため。しかし、李華が思うに、マスターは、将来の意思
"を欠い「ペプシ炭酸飲料ブランドを犠牲にして自分自身の商業的利益を犠牲にすることを躊躇し、明らかに過剰な投機である。朱梁が、それは一緒に来、双方の株式交換は、世界的な経済統合は正常な現象である。世界経済の発展に伴い、ブランド間の提携は非常に一般的です。利益のますます緊密コミュニティを構築する方が簡単資本取引のレベルで技術的、運用レベルに加えて、さまざまな企業との連携、。弱い協力は無意味であるとの双方にとって有益な強力な協力は、協力の強度は、達成するの??が困難である。
「中国の台頭が、それでも地域ブランドを習得し、ペプシは、この世界的な有名なブランドの結婚は炭酸飲料市場を抑制するために、その影響力を高めることができるようになりますし、ペプシとの彼の協力に対して、この可能性はほとんど存在しています。 "彼は最終的に言った。 (出典:国際産業新聞)<! - テーブル ->



サウィッグ
ービス地域経済に満足して大衆に付着