【 更新情報 】

 

人気のレスポートサックとは

世界中の女性から支持されている人気バッグブランドにレスポートサックがあります。もうすでに持っている方、あるいは、デパートなどで目たことがある方も多いことでしょう。レスポートサックは、レスポの愛称で親しまれています。

ミニ知識を披露しますと、レスポートサックとは1974年に創設者のメル・シフター夫妻がアメリカのNYで誕生させたバッグのブランドです。すでに30年の歴史を誇る老舗ブランドとなっています。

メル・シフター夫妻が、マリンスポーツに使われているナイロンの丈夫さに着目し、この素材でカバンをつくりたいと思ったことから、改良を重ねてできたのが、レスポートサックオリジナルのナイロンです。したがって、レスポートサックは「丈夫」で「軽い」のが特徴です。

商品アイテムは、小さなキーポーチから、大型のボストンまでラインナップされており、特にショルダーバッグやトートバッグ、ボストンバッグなどは、幅広い年代の女性に人気がります。

毎月のように発表されるさまざまな新柄オリジナルプリントに魅了される人も少なくありません。

日本では1987年に発売されるようになり、老若男女問わず人気があります。バリエーションが豊富なため、目的に応じてデザインやサイズを選ぶことができるのがうれしいですね。

レスポートサックバッグの人気の秘密

レスポートサックバッグの人気の秘密は、丈夫なナイロン地でできているため「丈夫」で「軽い」のが特徴で、機能的に優れているところが挙げられます。

もちろん普段の生活でも使えますし、旅行などにも使えます。バッグ本体が軽く持ち手なども丈夫でしっかりしているので、たくさんの荷物を詰めても肩や腕に負担が掛かりにくいため、特に旅行に持ち歩くには便利です。

汚れたときにも、素材がナイロン地なので、軽く拭き取ったり気軽に洗えたりするのがうれしいポイントです。逆に使わない時には、小さく畳んで持ち歩くこともできます。

また、レスポートサックバッグは、そのデザインの豊富さも人気の秘密です。派手でカラフルなプリントデザインから、落ち着いたモノトーンのデザインまで揃っていますので、遊びや旅行のときだけではなく、通勤でも使うことができます。

レスポートサックバッグは、用途や年代に合わせて選ぶことができ、価格もリーズナブルなことがうれしいですね。日常のいろんなシチュエーションで使うように、いくつかのバリエーションを揃えておくことをオススメします。

レスポートサックバッグは、季節ごとに生産が終了になっていくので、「あのとき買えばよかった。」と後悔しても、もう手に入らないこともしばしばあります。

日本限定プリントの発売や日本未入荷アイテムなどもありますので、気に入ったものは、早目に手にいれましょう。

大人気のレスポートサックバッグモリー

レスポートサックのバッグには様々な種類がありますが、いま最も注目され人気があるバッグはモリーです。今までにない新しいデザインで、使い勝手がよいのが魅力です。かくゆう私も一番のお気に入りが「モリー」です。

レスポートサックのモリーは、ハンドバッグタイプで持ちやすく、底面は35.6 x 19cmと面積が広く台形の形をしていますので、バッグがきちんと立ってくれるのがうれしいポイントです。大きさは、開口部分が約29センチ、高さが約22.5センチで、付属にポーチが付いています。

ラウンドファスナー式なのでサイドまで大きく開くので、中身の出し入れがしやすいし大きなものまで入るので、とても使いやすいバッグです。おまけに、外側にスナップ式の大きなポケットがフロントと背面に2つ付いています。

片側はファスナー式ポケット、もう一方にはパッチポケットがあり、機能性に富んでいます。レスポートサックモリーは、軽くて丈夫で、持ち手に余裕があるので肩にかけることもできます。

レスポートサックのモリーは、非常にインパクトのあるプリント柄で、10種類以上のデザインがありバリエーションも豊富です。

モリーシリーズは、大人気商品なので、売れ切れ続出です。欲しいと思ってもなかなか入手できないバッグもあります。レスポートサックバッグの情報は要チェックですね。