視力回復手術

January 31 [Thu], 2013, 16:21
レーシックは、手術の際の痛みをそれほど伴わないことや術後の視力回復の早さなどから、多くの人から注目されている手術です。

そんなレーシック手術は、視力回復手術として多くの芸能人やスポーツ選手が受けていますが、危険性はないのでしょうか?レーシックの手術後は、ドライアイを起こしやすいといわれています。
実際に体験した人の多くがドライアイになったという報告もされています。
当然、身体の一部である角膜にメスを入れる手術であるため、軽い後遺症の様なものとして、ドライアイが起こるケースもあるとのことですが、レーシック手術を受けた人の全員がなるということではないようです。
もともと角膜には多くの神経がありますが、レーシック手術の際に一時的にこの神経を切ってしまうためドライアイになりやすくなります。

多くはレーシックの手術後、1ヶ月ほどで徐々に回復していきます。
ドライアイの症状が悪化してしまうと、角膜炎や一時的な乱視になってしまうこともあるため気を付けなければなりません。
レーシックの手術の担当医に術後に起こりうる危険性や対処法も含めて、きちんと相談し、自分自身で理解、把握してからレーシック手術に臨みましょう。

http://www.foodurchin.com/

レーシック手術による危険性

January 07 [Wed], 2009, 14:33
レーシック手術を受ける際に、一番心配なのが失明の危険性です。
レーシック手術は角膜の一部分を削って眼球そのものには一切触れないので、レーシック手術のの専門医が適切に処置を施せば、ほぼ失明の心配は無用なものだといえます。
逆に言うと、レーシックに関する十分な技術を持ってなく、適切に処置を施すことができない医師が手術を行えば失明の危険性が高まってしまいます。
レーシック手術を受ける際はよいクリニック(医院)を選ぶことがとても重要なのです。

よいクリニックを選ぶポイントは、

・レーシック手術の経験が豊富にあること。
・最新の医療機器を導入しており、事前に検査などを入念に行っていること。

手術料金だけでなく、設備や技術など総合的に判断して、信頼できる医院を選ぶようにしましょう。
最も参考にしやすいのが「日本眼科学会」から認定されている専門医であることかを確認することです。
眼科専門医として「日本眼科学会」から認定されるためには最低5年もの研修を眼科で受けて、手術の実績を重ねて、論文、学会での発表などの基準をクリアし、試験に合格しなければなりません。
簡単に認定されるものではないのでレーシック手術の危険性を考慮する際にはある程度信頼できるかと思います。

レーシックのメリットと危険性

January 07 [Wed], 2009, 14:31
最近では、レーシックの危険性も殆ど無くなり、高い注目を集めています。さらに殆どの術後に心配される拒絶反応などの副作用が有りませんので、回復も早く治癒に要する時間も短くて済みます。レーシックの手術のメリットは、裸眼での日常生活が出来ますので、人それぞれに、大なり小なりの様々なメリットが生まれてきますね。

レーシックは、メガネやコンタクトとは違った視力矯正法としてのメリットもたくさん有ります。個人差は有りますが、手術の翌日から検査をして頂きながらの普通の生活ができます。レーシック手術中は、麻酔をかけますので痛みもなく、また手術時間も、片目で約10分〜15分ですので、もちろん入院の必要もなく、レーシック手術当日の車の運転は、さすがに出来ませんが、日常生活にはなんら差しさわりは有りません。

レーシック手術は、角膜を切って行います。ではどんな手術を行って、どんなメリットがあるのでしょうか。

処置後は切った角膜を元に戻すのですが、この時の処置を慎重にやる事で、感染などの危険性は、殆ど有りません。では、レーシックの手術の大きなメリットをまとめてみましょう。

・麻酔をかけることで、手術中の痛みはほとんど有りません。
・レーシック手術時間は、短時間で終了する。
・レーシック手術後すぐに、普通の日常生活が送れるほどに視力が回復します。

これに留まらず、人それぞれの感じるメリットも有りますね。

レーシック手術前に危険性(デメリット)も把握しておきましょう。ゆえに執刀医の多くの実績がある信頼できる医師を慎重に探しましょう。知人に片目だけ視力が極端に悪いのですが、メガネは出来ないと言われ、コンタクトレンズにしているがすぐに眼が充血してしまうと言っていました。レーシック手術の危険性は、殆ど無く安全性の方が格段に高いのですが、そうはいっても多少のリスクは伴います。

中には、眼鏡もコンタクトレンズも使う事が出来ない場合も有るのですね。こんな方こそレーシック手術のメリットも大きくなるのではないでしょうか。一時的な合併症はあるもののその後は、自然に治癒しているようです。タイガーウッズがレーシック手術を行ったと聞いていますが、一般のスポーツにおいてものびのびと楽しめます。

ごく稀には、専門医の治療が必要になる事例も起きています。例えば、面倒なメガネやコンタクトの必要もなくなるので、購入費や維持費、そして毎日のケアの負担が減ります。手術後は、角膜を削っている関係上、元には戻せませんし、再手術も難しくなります。眼精疲労からくる肩こりも解消するでしょう。

医師の手による手術ですので、執刀医の技術や手術の精度によっては、角膜にキズを付けることも皆無では有りません。一番心配な失明の危険ですが、このような大きな事故の報告はないようです。レーシック手術は、角膜を削りますので、手術後や完治後も担当した執刀医の技量によって思わぬ事態の起きる可能性も0では有りません。コンタクトレンズによる目の負担が減り、目の充血などの障害の心配も無くなります。

レーシック手術の危険性と安全性

January 07 [Wed], 2009, 14:29
レーシックは視力回復を望むものにとって気になる手術です。
レーシック手術をうけると、めがねやコンタクトレンズが要らなくなります。
スポーツも思いっきりできます。
しかし、レーシック手術には危険性はないのでしょうか。
レーシック手術の危険性として、一例として以下のようなリスクが生じる可能性があることが指摘されています。

・ドライアイの可能性
角膜を切ることによって神経が遮断され、角膜表面が乾く傾向があります。

・再手術の可能性
強度の近視やレーザー照径を小さくして手術した場合に生じることがあります。
 
・角膜の混濁
・夜間に光がまぶしい、にじむ現象
これは、数ヶ月経つとほとんど良くなります。

・コントラスト感度の低下の可能性

・・・などです。

ですから、レーシックは医師のカウンセリングを十分に受けることがことが大切です。
しかし、現在ではレーシック手術による失明などの危険性は、まず聞きません。また、レーシック手術をうけて合併症などの問題が生じる実例もほぼ無いのが現状といえます。
結局、レーシックの危険性を回避して安全・安心に手術をうけるには、信頼できるレーシック手術に精通したベテランの医者に依頼することが重要なポイントとなります。
P R