10月27日 

2008年02月18日(月) 1時07分
今日、なんとなくにほんブログランキングに参加してみましたww




なので、一日01回クリックして頂けると嬉しいな〜...なんて(笑)




もし、クリックして、クリックしたことを知らせてくれれば




お礼をするので、書いてください!!




では、下のバナーではなく、文字をクリック!!





☆←をクリックして、☆を★にさせてね♥

んあ〜〜(>_<) 

2008年02月13日(水) 20時48分
今日は学校がお休み♪V(^0^)

でも・・・

風邪気味なのか鼻ムズムズ。

のど痛いしぃ

ふぅ〜〜〜(-.-)



でも明日はカラオケ行きますっ!!

のど痛いのに??

いきますよぉ!!!

久しぶりだし♪

東京2007.9.29-10.2... 

2008年02月02日(土) 22時46分
東京2007.9.29-10.2...

変なニュース^^ 

2008年01月18日(金) 10時36分
今日も出張中の夫に代わり、タンタンを学校に送ってきました。



いつも車の中で聞いているラジオ局。数曲音楽が流れた後、ローカルの交通情報を教えてくれます。
今日も、○○と△△(共に道の名前)の交差点で人身事故、■からダウンタウンへの道は学校が始まったので大渋滞 等々。



でも、今日はちょっとだけ違う情報も^^。



「なんと、◎◎と☆☆付近に、裸の男性がウロウロしてます」ですって^^。



そう、いわゆる、ストリーキングってやつですね。



DJの方も笑いながら、皆さんは服着ましょうね〜とか言ってるし。



その後私が運転している間、交通情報や他の情報を放送する時に、
「そう言えば、あの裸の人は今どこら辺?」とかって会話が出てきて、
ちゃんと「今、□□銀行付近です」とかって言ってるの^^。
捕まらないのかしら?



すぐ近くだったし、思わず行こうかと思っちゃったけど(おばちゃ〜ん^^)、
今朝は他に用事があったので、やめときました^^。




そうそう、ストリーキングを見ることは出来なかったけど^^、代わりに(^^)偶然、
EMIさん&ハーディくんのお散歩に遭遇しました^^。(EMIさん!さっきはどうもね〜♪)
朝からハーディ君にみぞおちキックされ、ウッ^^。イエイエ、癒されましたよ^^。




タンタンも元気に学校に行ったし、EMIさん&ハーディくんにも会えたし、
今日も楽しい一日を過ごせそうだわ♪

亀田親子、公の場で始めて陳謝!! 

2008年01月14日(月) 1時57分
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦で反則行為を繰り返し、日本ボクシングコミッション(JBC)から厳しい処分を受けた亀田大毅選手(協栄)と父親の亀田史郎氏、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長が17日、一連の騒動に対して謝罪会見を開いた。亀田陣営が公の場で陳謝するのは初めて。

 亀田陣営は同日夕、東京都内のJBCを訪れて陳謝。その後、行われた会見で頭を丸めて登場した大毅選手は始終うつむいたまま無言。トレーナーの史郎氏は「ご迷惑をかけて申し訳ありません」と述べたが、内藤大助選手=宮田=に対する明確な謝罪は最後までなかった。

 1年間の出場停止という大毅選手への処分について、史郎氏は「仕方がない」。亀田家のボクシングスタイルについては「自分らのスタイルなんで」と変えるつもりがない考えを示した。また、反則を指示したのではとの問いに対しては「していません。ポイントを取られているから、悔いのないように戦えと(いうつもりで言った)」とあくまで強気だった。

 タイトル戦での亀田陣営の行為について、JBCは15日に倫理委員会を開催。同委員会では大毅選手がチャンピオンの内藤選手を投げ飛ばして減点を受けた行為が故意の反則に該当するとして1年間の資格停止、史郎氏は試合開始直前に内藤選手とセコンドの宮田博行会長に恫喝(どうかつ)、威嚇したとして無期限のセコンド資格停止、セコンドについた元世界王者の兄、興毅選手も反則を促すような不適切な指示をしたとして厳重戒告、金平会長は監督責任を問われ、3カ月間のオーナーライセンス停止の処分を下していた。

 今回の亀田陣営の謝罪について、JBCの安河内剛事務局長は「亀田側の陳謝したいという意向が漏れ伝わってきたから、こちらから『来てください』と求めた」と経緯を説明した。

「yahoo!ニュース」より

せがれ的一言「こうやってでかくなっていくんだダイキ!!」

10/24 城南戦のチケットが手に入りました。 

2007年12月29日(土) 23時29分
10/7に発売され、すでに自由席は売り切れ。。。
そんなACL準決勝第二戦のチケットが手元に届きました。

発売当日に電子チケットぴあで購入しました。

気合入れて応援しに行きますよぉ!!!

果物なの?おにぎりなの?弁当 

2007年12月15日(土) 20時55分
これ、何を作ったか分かっていただけるかな〜〜???
分かりづらいかも。。。




おにぎりや野菜で『果物』を作ってみました。
名付けて『フルーツバスケット弁当』




カニカマでリンゴ型のおにぎりを
長細くにぎったご飯に薄焼き卵を巻いてバナナを
キュウリにごまをつけてでキウィを
かぼちゃのマッシュでみかんを作ってみました。





今日は下の子の「初☆参観日」でした。
ドキドキで行ったのですが、
みんなと一緒に歌ったり踊ったり、楽しそうにやってる・やってる^^



クラスのみんなより1学年下ですが、
みんなに負けじとがんばってやってる・やってる^^
すんなりクラスになじんで、たくさんのお友達も出来たみたい^^



子供って、たくましい!!と改めて実感しました。




そんなこんなで授業が終わり、お弁当の時間も見ることが出来ました。
お弁当をバッグから出す時ひっくり返しちゃったから、
案の定、お弁当は崩れてましたが、
うれしそうにニコニコで食べてくれてました!!
よかった〜〜、ホッ^^

今日のスプーン vol.11 

2007年12月12日(水) 21時54分
今日のスプーンは私のスプーンコレクション中でもお気に入りの一本を私が選びました。
私のスプーンコレクションはおもちゃ箱に無造作に入っているんですが、めちゃめちゃです。
その中から今日のスプーンを探したら、もっとめちゃめちゃになっちゃいました。
何かもっと良い保存方法ないか考えなきゃな・・・と思います。



今日のスプーンは・・・
カナダのクランブックにて購入。
学生時代に短期留学でホームスティをしていた町で購入しました。
このホームスティ、私の人生の中では一番楽しい経験でいた。
ほとんど英語もしゃべれないくせに3週間もこの町で過ごしました。
たった3週間の経験でしたが、すばらしいかったです。
また、この時一緒に過ごした仲間とこの町を訪れたいな・・・。

あの子を守りたい 

2007年12月06日(木) 14時59分
今はまだ

好きなあの子より小さいけれど

いつかきっと

もっともっと大きくなって

たくましくなって

あの子を守りたい

被爆者の声を聞いて 

2007年12月04日(火) 11時18分
先日6日、神保町・岩波ホールに「ヒロシマナガサキ」を観に行った。

当日のゲストに、『ナガサキ』から吉田勝二さん(75)がいらっしゃった。
吉田勝二さんは、
1945年8月9日当時、長崎県立工業学校造船科二年生(13歳)で、爆心地より850mの路上で被爆。そしてこの映画にも出演して、自らの体験で証言している。

「ヒロシマナガサキ」が上映されたあとで10分程だがゲストの吉田さんからお話しを聞いた。

吉田さんはナガサキの原爆で瀕死のヤケドを負った。特に顔のヤケドはひどかった。今も、長崎原爆資料館には被爆して1年後(当時14歳)の吉田さんの顔写真、右の頬が噴火した溶岩の如く焼けただれた写真が展示されている。

映画のなかで、吉田さんは次のように話している。
 「大村(入院先の大村海軍病院)には1年3ヶ月ほどおりましたけど、それでいよいよ退院するわけです。それで病院の車で駅(大村駅)まで送ってもらいます。今までガヤガヤガヤガヤしゃべっとった人が一斉にバーッと(私の顔を)見るんです。こっち(顔が)真っ黒ですから、それでみられてるってわかっとりますけども、相手をこう、見返す気力がないんですよ。下を向いたとたんに涙がでてきてですね、待合室の隅、暗い、行って列車が来るまで泣いとったんです。長崎まで1時間30分ずーっと泣き続けやったんです。そして、家に着きまして家に入ったとたんに、もう外に出る気がなくなったんです。それでもう私はいやーって頑なに拒んで、家の中に引きこもったんです。その時は『もう母ちゃん死んだがまし、こげん顔なって』。わんわん泣きましたね・・・」
(しかし、母親の一生家の中で過ごすわけにはいかないからと、近所だけでも出歩くことを勧められ外にでるようになる。しかし、外に出たらでたで、太陽に当たると右の頬が真っ黒に焼けて痛む。外出後の顔の手入れは常だった。)

多感な時期、本心はなるたけ外に出たくなかったろう。しかし、当時は御自宅に風呂がなかったため、冬になると風邪を引かないように銭湯に行かなければならなかったのが辛かったそうだ。
「銭湯に行くでしょ。そしたらみんなにじろじろ見られるんですよ。それで一人一人そーっとでていく、結局私一人残るんです・・・」
吉田さんは涙をうかべながらそう話して下さった・・・・・

『原爆は死ぬも地獄生きるも地獄』そんなことばを聞いたことがある。
吉田さんは今75歳。ご高齢ゆえ、色々と手術も受けるが、放射能をうけた影響で白血球の数が少なく、そのため手術の際は人の2倍の時間がかかるという。今も原爆症に悩まされ、、被爆して以来そのヤケドのせいで偏見に苦しんできた(原爆投下当時は、原爆症は『感染症』であるという誤った認識が広がり、被爆者は差別された)。サバイバーズ・ギルト(周りの人々が亡くなったのに自分が助かったことに対して感じる罪悪感)という言葉があるが、吉田さんもそれで悩んできたかもしれない。
「平和ってなんでしょう?」吉田さんが私たちに問い掛ける。

「平和という言葉の源には『他人の痛みがわかる心』がもとにあると思うんです。どうか忘れないでください。」
被爆したために他人に差別されて、傷つけられて生きてきた・・・そんな吉田さんのことばだけに『重み』を感じた。会場に居合わせた他の方たちも同様だったろう。

吉田さんは被爆体験を風化させたくないという義務感から、ナガサキから東京にいらした(当日台風が関東を直撃しようとしていた)。
私は被爆者の方に直にお会いして、お話しを聞きたいという思いから劇場に足を運んだ。そして、吉田さんの話を聞いた時点で、日本が被爆した事実を自分より若い世代に伝えなければいけないという、あたりまえの義務があることを改めて確認させられた。
大袈裟かもしれないが・・・「義務のバトン」を受け取ったと思ってる、、吉田さん、ありがとう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lernha336
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 10月27日 (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 10月27日 (2008年10月07日)
アイコン画像きりひと
» 10月27日 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» 10月27日 (2008年10月02日)
アイコン画像ハム太郎
» 10月27日 (2008年09月28日)
アイコン画像ikumi
» 10月27日 (2008年09月22日)
アイコン画像MASA
» 10月27日 (2008年09月18日)
アイコン画像あんな
» んあ〜〜(>_<) (2008年02月16日)
アイコン画像たむら
» 変なニュース^^ (2008年01月26日)
アイコン画像ネオニート
» 亀田親子、公の場で始めて陳謝!! (2008年01月20日)
Yapme!一覧
読者になる