ピアノが買えない時の練習方法って?

September 05 [Mon], 2016, 19:02
ピアノが買えない時の練習方法としては、紙鍵盤で指をうごかすというのがお勧めです。紙鍵盤とは、名前の通り、紙にピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)の鍵盤を書いたとされています。自作することもできますが、市販の物を利用したらより気分を盛り上げながら練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)できますね。折りたたんで持ち歩ける、騒音を気にしなくてすむと言うのも、紙鍵盤のメリットです。ただ、音が出ありませんので実際のピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)で練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)するのに比べて、如何しても練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)の成果は上がりにくいと呼ねれているのです。中古で電子ピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)を購入するとか、楽器店なんかのレンタル(貸し出す期間が比較的、短期間でしょう)を使うなど、出来る限りピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)に触れられる時間を増やす工夫をしたいものですね。暗譜をする、指のストレッチ(骨格筋を伸ねして、柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げることをいいます)やマッサージ(厚生労働省の定義では、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」なんだそうです)をするなど、ピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)が買えないとしても、ピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)を弾くために出来ることは色々とあるかもしれませんね。ピアニストが演奏している動画や初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)のためのピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)教材などを繰り返しみて、イメージトレーニングをするということも、有効な方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)といわれています。どのくらいピアノが上達したいのかにも左右されるでしょうが、演奏会に出たい、人前で披露したいといった場合には、やっぱり、実際に音の出る楽器での練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)が必要不可欠なのですよ。ピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)のレッスンの回数を増やすとか、家にピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)がある友達がいれば弾かせてもらう、楽器店のピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)の練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)室を時間単位でレンタル(貸し出す期間が比較的、短期間でしょう)するという対策が必要になるでしょう。もし、騒音が問題でピアノ(楽器そのものの価格も安くはないですが、調律にもお金がかかります)が買えありませんのであれば、ヘッドホンをつけて演奏可能なサイレントピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)や電子ピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)を検討してみてはいかがですか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:花梨
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/leqioncpkyraxt/index1_0.rdf