すすきの エレオン 

2008年10月20日(月) 19時17分
調べてみたいことの中の一つに…。


「戦争ビジネス」


と、いうカテゴリーがある。ぱっと見悪い印象でしかないんだけど。


(決してそれをやりたいわけではないと最初に言っておきます)


今この時間でも、地球上のどこかでは「紛争」「戦争」「テロ」「内乱」が起こっています。と、メディアで伝えています。争いには必ず犠牲がつきまとい、尊い命が奪われます。


が…


それによって、ビジネスをしている者もいるということです。例えば、近代戦争では、空爆から始まり、その後地上戦に展開していくのが主流のようですが…。


空爆には、「長距離弾道ミサイル」や「爆撃機による空爆」などがありますね。そのミサイル一発の値段がとんでもない金額なんです(たしか)。高いものでも、数千万〜数億?するんじゃないでしょうか。つまり、そのミサイルを買う国家や、グループはその金額で買いますが、それを売る業者にはそのお金が流れてきます。


(詳しくはわからないことなので一概には言えないけど)


たしか、いつだったか忘れたけど、アメリカの軍事予算のうち武器購入費(研究費)あわせて1500億ドルだったっけ!?間違ってるなら指摘ください。

日本円にしたら、兆になるんだね…。


あとは、石油の持ち主も儲かるし、戦争跡地を復興させる業者もかなり儲かりますね…


何が言いたいかというと、武器などの製造会社は、戦争がなくなると儲からない!!ってこと。昔、噂で聞いたのが、戦争の火種はそういった人達がつけている。ってこと。


つまり、一般的な企業でいうと、故意的に流行りやブランドを作ってしまう!と似てません!?そこを調べてみたいんだよねアップアップだから、どうやって火種をつけるのか、それを蔓延させて長続きさせるのか、なのです。見習う分野じゃないかもだけど、やってることは一緒なんだよね。


ただ、戦争は無くなった方がいーに決まってる、犠牲が多すぎるよね。それを食物連鎖や弱肉強食で片付けてはしまいたくないね。


絶対に、知ることは出来ないと思うけど、9.11の火種は、アルカイダではなく、アメリカがつけたのではないか?という噂。真相はどうなんだろ…。メディアもあてにならないからね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:leontheleon
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる