クルーズ行ってきました。 

2005年08月06日(土) 3時30分
暫く振りです。昨日までCruiseに行ってきました。Cruiseに行ってきたと言っても遊びに行っていた訳ではなく、日本の健常児の子供達とカナダの知的障害のある子供達と一緒にバンクーバー近郊のガルフ諸島をヨットで、6日間を掛けて廻ってきました。走った距離は
多い島約250ノーチカルマイル(約138km)。幸な事に、天候にも恵まれ、子供達にとっては良い経験と良い思いでになった事と思います。引率した大人は、正直疲れました。のんびりとした日程であった筈が、なぜか、彼らの食欲とパワーに圧倒されて未だ、心地の良い疲れが残っています。ガルフ諸島は、バンクーバーより、フェリーで渡れば、1時間半程度で到着するバンクーバー島と本土の間に挟まれた地域に点在する小さな島の集まりです。手付かずの自然がそのまま残り、住んでいる方も、リタイアした老人、アーティストと言ったちょっと変わった方が住んでいます。日本で売られている観光ガイドブックには、載っていない日本の方からみればまさに秘境という場所でしょう。引き潮の海岸に出れば、牡蠣が
バケツ一杯、30分位で取れて、まさに食べるのが大変、蟹網も沈めておけば、簡単に
取れます。そんな場所です。暫くは、今度のクルーズの事に関して書いていきます。

また、子供と英語と医者と 

2005年07月29日(金) 2時45分
この会話の非が息子の意味の取り違えにあります。子供は、日常の生活動作の中で、自然
に英語の表現を憶えていく訳ですが、たまにこのような意味の取り違えが起きるようです。
大笑いはしましたが、当地に来て1年、息子も良くここまでバイリンガルになってくれたもの
だと感心すると同時に、5歳の子供に対しても、全く大人と同じ感覚で対する、先生の対応
が可笑しかった次第です。ちなみに、息子の学校は、一学年、12名〜13名、日本で
いう幼稚園年中さんから、小学校3年までの学校ですので、先生は、家の子供の学年は
全員知っていますし、患者さんでもあるので、事情通な訳です。
子供の英語の習得の方法と、大人の英語の習得方法は全く違います。レベルの
我が家に滞在中のYukaさんは、未だ日本語より英語に置き換えて話をしています。ですから
大人が英語を覚える時には、ある程度、頭で理解をできないと難しいようです。ところが、子供は、周りの状況等と聞こえてきた音を上手く組み合わせ、その言葉の持つ意味を理解して
言葉をセンテンスで丸暗記してしまいます。大人もあるレベルまで達すれば、後は○暗記
が有効ですが、中々、そこまでは行くのが難しいようです。
ですから、個人的には皆様にお奨めしているのは、中学校1年生〜高校1年生までの英語
の参考書と問題集を買ってきて取り合えず、全部やってみる事をお奨めしています。
後は、自分が日本語を話している時に、英語にどんどん置き換えて頭の中で英語で話す訓練をすのが良いと思います。
明日からは、一歩先に私はクルージングに出かけます。息子は、咳が回復すれば、土曜日
より参加の予定です。艇2杯で、子供が6名、大人が8名の大所帯です。カナダの子供達も
日本の子供達も参加します。大人もカナダディアンと日本人が一緒に参加します。
言葉は、日本語と英語が共用となります。立ち上げたばかりで申し訳ありませんが、
明日から8月4日まで、ブログもお休みさせて頂きます。
次回は、8月5日です。クルージングの様子など紹介させて頂きます。

子供と英語と医者と 

2005年07月29日(金) 1時47分
昨日の花火大会は子供の咳が止まらず、我が家のホームドクターであり、子供の学校の友達のお父さんでもある、Dr.B.Kelpingの」助言に従い、夕食は我が家のテラスでBBQと なりました。花火を学校のお友達と見に行った我が家滞在中のYukaさんは、Bus が来なくて道が混んでいて家にたどり着いたのは、夜中の1時過ぎでした。家内が、子供をDr.B.Kelpingのへ連れていったのですが、そこでの会話を後で聞いて大笑いしました。 家の子供「咳が止まらなくて胸が痛い(彼はこれをなぜか”Breaiking Heart"と表現)」そこで Kepingさん、やおら聴診器を当てながら「確かに音が悪い、はい後ろむいて、ところで誰と破局したの?、Emily, Teya, Stephanie ? 家の息子とTeayaを巡って戦っていたけど、家の息子の勝ち?(会話は全て英語です)」そこで家の息子は切れたそうです。曰く、「胸が痛いと言っているでしょ(今度は、I feel very painful at my breath, specialy I  have coughing),何で、Teyaが出てくるの!!」、先生曰く、「breaking heat と言ったでしょう、だから」息子曰く「Emilyが咳をしている時、I had been broken my heart, と言っていたから」、それを聞いた先生曰く「Emilyは誰に失恋したのだろう」とボソッと言ったそうです。

花火大会 

2005年07月28日(木) 2時05分
バンクーバーの夏の風物詩、花火大会が今日より始まります。日本で 花火大会と言えば、枝豆とビール、団扇に浴衣となるのですが、ここバンクーバーでは、市条例により公共の場所(公園、道路、ビーチ等)での飲酒は厳禁ですから、皆様、水のボトルを片手に見学です。昨年は、ヨット倶楽部のテラスより、ビール片手に見学したのですが、 今年は、上の子供の咳が酷い事もあり、見学中止です。まあ、人も多く帰りが大変なんで、 それはそれで良いのですが。我が家にホームステイしている子は、どこから見るか朝から、 わくわくのようでした。 花火が終われば、29日により、8月5日まで、今度はカナダの子供達、日本の子供達、合計 6名を引き連れて、Gulf諸島にクルージングです。 バンクーバーの夏は短いので、仕事をしながらも、遊びに頑張ってせいを出します。

 バンクーバー 

2005年07月27日(水) 4時19分
当地に移住して早くも1年以上が経とうとしています。移住する前に10回以上、中短期の滞在
を繰り返し、東京で暮らすより住み心地が良いであろうとの思いは、住んでみても変わるどころか、住み心地の良さ、生活の質の高さには十分に満足しています。唯一失ったものは、収入
、日本から来ていた時は安いと思っていた物価も、こちらで暮らしてみるとやはりそれ相応
、いやむしろ割高感さえあります。そんな日々、日々感じた事を少しづつ書いて行きたいと思います。少しでもお役に立つ情報とこちらの思いが皆様に伝われば良いと思い、書き込みをしていきます。お付き合い下さい。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:leonpayvr
読者になる
Yapme!一覧
読者になる