もぉ・・・ 

2005年08月12日(金) 20時12分
腕の傷見てもらった個人経営の病院から拝借した注射針で血を抜く。
案外素人でも簡単に血管ヒットするんだーって。
毎日のように繰り返される彼への文句。
おやは彼の何を知ってるの?
命の次に大事なのはお金なんかじゃないよ・・・。

病院で点滴中も彼についていうので点滴自分で引き抜いて帰ろうとしてみたり。
看護士さんが「とりあえず帰ろう?ね?」とかいってくれたのに
どうしてあたしは「もういいです。帰ります」とかいっちゃったんだろう。
結局は戻ったんだけど・・・迷惑かけるばっかり。

家帰ってちょっとしたら高校時代の友達から「今からいっていい?」と。
何時も彼女は突然ものを言い出します(笑)
それからまったり玄関先で話てた。
バイトのこととか。
あと彼女は単車で来たので後ろ乗せてもらったり。
ノーヘルだけど。。。
あたしも乗りたいーとかわがままいって乗ったらフェンス激突。
ペーパードライバーでスピード狂は駄目だね・・・。
そのあとなぜか勤め先でもらったと言うサイのぬいぐるみもらってわかれました。

注射針刺し痕×5くらい
かすり傷少々
首が痛い


 小瓶

ちいさなころは
飴玉みたいに夢を小瓶に詰めてた気がする
夢はたくさん有ってなんにでもなれると思ってた
カラフルな飴玉を眺めて
それだけで幸せな気分になってた

でもおおきくなるにつれて
小瓶の中の飴玉たちは熱で融けて
どろどろの汚い何かになっていった
これが「大人になる」ということなのかな
カラフルな飴玉のままで大人にはなれないのかな

融けたものはもう元には戻らなくて
戻そうとつかむほど手に纏わりついて
固まったとしても
それはちいさなころ小瓶につめたのとは別の何か

別の何かでいいって思った人が大人になって
おおきくなっても綺麗な飴玉を持ってる人を妬むのかな
ゆめをおいかけてるだけ
もっとげんじつをみなよ

もう一度からっぽの小瓶に飴玉を詰め直そう
ちいさいころの気持ちを思い出しながら

リストカット 

2005年08月09日(火) 20時13分
松山に帰ってきました。
あいかわらず親と意見の相違。
彼のことをわかってくれない親。
駄目な男と決め付ける権利はあるの?
あたしのすきなひと それだけじゃ駄目なの?
お金ってそんなに大事?

根性焼き×1
リストカット×1


 さきのこと

未来に失望して別れを切り出したね
別れようって言うのはいつもあたし
それでも懲りずに付き合ってくれて有難う

お互いが嫌いあう前に
綺麗な思い出だけ持って別れようなんて詭弁だよね
すきな間はずっと一緒にいればいいのに
そばにいられる間はずっと一緒にいればいいのに
見えない未来が怖い

すき だけでいいはずだから
一緒に居ようって決めたから
先のことなんか考えずに
今は貴方だけを見ていたい

かえるということ 

2005年08月07日(日) 23時13分
書いたり書かなかったりで結局やめたブログだの何だのを潰して初心に帰ります。
そしてあたしは明日東京から実家の松山に帰ります。

友達だったあの子は去年空の彼方、彼岸へ還りました。
夭逝を知るまでは彼女は自分の中で生きていました。
最後に撮ったプリクラの中で笑ってる彼女が私の中にいた彼女でした。
連絡が取れないのを不思議に思いながらもあたしの中で彼女は生きていました。
それがもうすでに過去のことになってしまったという事実。

彼女の生きた証が本になりました。
あたしの生きた証は何になるのでしょう。
形にならなくてもいいから誰かの記憶として生き続けられたら
それが証なら、そんなことを想うのです。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:leo_sheep
読者になる
Yapme!一覧
読者になる