おさない大人 

2006年07月16日(日) 15時33分
デパートが好きです。


ごちゃまぜっていうか、色々なものを詰め込んだ感じが。

色々な人がいるのも楽しいし、あの喧騒も、耳に心地いい…時もある。


まあ、私がいうデパートはジャ〇コのことなのですけど。



安い香水のやすっぽい匂いをかぐのも好きだし、きれいな色の果物をみてるのも飽きない。
新しくでた化粧品をみるのも、雑貨をみるのも、家具みたり電化製品みたり、本屋にいるのも、好きです。

お母さんには、変わってるといわれます。
いいじゃんねー。


でも、何よりも好きなのは、やっぱり人間観察かな。



エスカレーターに乗っている時、反対側に親子がいた。
母親と息子さん。


男の子がね、すごく泣いてた。
一瞬、ああきっと怒られたんだろうなって思ったけど、違うみたいで

「いやだああああ、おろしてええええ」

っていって。笑

いや、笑い事じゃないんだろうけど。本人にとっちゃ。

で、お母さんの方も、涙拭きながら、あと少しだよーなんていってて。

ほほえましいなーって。


日曜日のデパートって、泣き声が木霊するじゃないですか。


あれが好きです。



子供が泣いているのが好きなのかもしれないですね。


まだ成長途中なんだっていうのが、すごくよくわかる。

何もかもが不安で、何もかもが怖くて。
思い通りにいかないのが、とても不満で。

もの凄くストレートな意思表示ですよね。


そういうのを見ると、自分も成長したのかなって思う。


でも、成長したというよりは、生き方が上手くなっただけかもしれない。


知らない、という事が怖くて、
知らない事に触れるのも怖い。
うまくいかないと、凄く腹がたつし、無理矢理にでもそうしたいと思う。

でも、そういうのを表に出していたらキリがないし。
どこへいってもうまくいかないよ。

だから、自然と、それは隠さなきゃいけないことなんだってわかった。

境界線 

2006年07月10日(月) 5時14分
サイトに、自分の恋愛ごと持ち出すのって、悪いことなのかな。


ごめんなさい、拍手にてコメントくれた方。
正直、私にはわからないです。


多分、少なからずこのサイトを好いて下さっていて、だからこその言葉だとは思うんです。
そう思いたいんです。


けど。



悲しいです、ちょっと。



私は、悪いことしたな、って思います。確かに。

私事で閉鎖を突然決めたのは、申し訳なかったです。


けど、私にとっては、大問題であったし、障害でもあったんです。

はっきりいって、これからの人生にてこれ程のモンはねえんだろうなって、思ってしまうほど、私には大きな出来事でした。



皆さんには知るよしもないことですよ。
知ったこっちゃねえって感じですよ、わかってます。

けど、そんな安易な言葉じゃ片付けられない事だったって事は、理解して欲しいです。

無。 

2006年07月09日(日) 4時14分

なんか、自分はとてつもなく空っぽな人間だと思う。


どこらへんがって、もう、全部。


こういう事を日記にかくこと自体、中身が無いって思う。


私は、日々、何かを伝えたい、人に。

そしてそれを文字にする。


それ自体、空っぽな感じ。




私は、無口な人が羨ましい。

自分がべらべらと喋る人間だから。
べらべらとしゃべって、自分の中のものを全部出してしまう。

無口な人は、一言一言に重みがある。
説得力とか、重圧感がある。


それが、私はほんとうに羨ましい。


羨ましいんです。

人を好きになる 

2006年06月21日(水) 19時36分


好きな人。


っていうのは、います。

けど、


人を好きになる。

とても難しいと感じてしまいます。



どうしてなんかな?

うざい管理人。 

2006年06月15日(木) 12時56分
さっきランキング見てきたら、な、なんつう事か!

G受け部門で、2位だった…。



正直、唖然とシタヨネー。

うわああああ!うれっしい!けどフクザツー!
だって、自分のサイトは、結構コアな、知る人ぞ知る、みたいな位置付けだと思ってたんだよ。
知る人ぞ知る、けど、あんま充実してないよ、みたいな。

いやあ、嬉しいよ。
やっぱ自分の店が繁盛すると嬉しいよね。
でも、コメントとか意味わからんし…、よく入る気になったな、さんきゅー!としかいえない…orz

さて、今日は、『うざい管理人』について考えたいと思います。


これねー、サイトの管理人さんなら、一度以上、絶対!意識したことあるんじゃないでしょうかね。
これいったら、うざがられる、とか。ね。

私、結構のびのびと書いてます。
何故なら、お客さんの日記に対する意見は聞き入れないものとしているから。

それで嫌われようが、嫌味言われようが、むしろ私がそいつを見下す。
ぶっちゃけた話、ひがみにしか聞こえない訳ですよね。


まあ、まず、ウザがられる話題。

1!男の話…

2!おしゃれの話…

3!自慢話…


これ、御法度とされる話題です。
同/人歴長い人は、知ってるんじゃないすかね?
むしろ身をもってしってる人もいますよね?



心の余裕 

2006年06月14日(水) 19時20分

心の余裕がない。

俗にいう『ムカツク』時、こういう表現の方が合うと思う。


今、非常に心の余裕がありません。

どこでこの怒りを感じているんだろう。
脳なのか、心のなのか。

心臓に心はないというのは、今ではもう当たり前のことになってますよね。

それでも、心が心臓にあるという考えが生まれたのは、嬉しい時悲しい時怒りをおぼえた時、妙に心臓辺りに変化が現れるからではないのかな、と思います。

ぎゅっとくるしくなったり、むかむかと言い知れぬ不快感がはしったり。

でも心なんて元々無いと思います。

だってさ、その『心』っていうのは、いわば感情、いわば脳。

嬉しいと思うのは、脳。
脳内で処理されて、神経に伝達されて、そして表情に出たり、行動に出たり。

じゃあ、どこに心が出てくるのか。

出てきてないよね。

じゃあ、なんで、科学が進歩した現在も、『心が大切』とか『心の優しい』とか使われるのか。

正確には、考え方の問題じゃん。
その人の思考力が影響してるわけであって、心は関係ないと思う。

まあ、こんなの、詭弁なんですけど。


ああ、一頻り語ったらだいぶ心の余裕が…、ダメだ、無理。

嫌い、死ね、いなくなってほしい、しゃべるな、うるさい、だまれ!!!!!!!






もし本当に心があって、その容量が見れるなら、きっと私の心は、自分のこぶしも入らないくらい小さくて、いつも何かでいっぱい。

いつも、心に余裕がなくて、

いつも、いっぱいいっぱいで。

自分でも泣きたくなるくらい、なのに…


どうすることもできない。


もし、人を殺す事が出来たら、とか、


そういう、非道徳的で非生産的で、自己中心的な考えばっかり、頭ん中を駆け巡る。

漫画について 

2006年06月11日(日) 11時59分
最近、漫画を読み返した。

あ、私が自分で持ってる漫画って、本当少ないんですよ。

えーと、漆原さんの蟲師が7巻までと、フィラメントっていうやつ。
朝倉ジョージが数巻。
あと、望月花梨さんの漫画、全巻!

これ以外は買ってません。
多少好きな奴とかも買わずに借ります。
いくえみさんとか、すごく好きだけど、そこまでぐっとこないんだよな。
それにお姉ちゃんが漫画大好きだから、いつも買ってくるんですね。
だから、自分が所有してる漫画はかなりすくないです。種類がね。
あ、でも、やっぱこれでも少ないよなー。

蟲師は、もう、大好きですこれ。
なんていうか、初めて読んだ時の衝撃が忘れられないです。
自然フェチっていうか、そういうのは結構前からだったんですね。
で、そういう心を擽られるのは、いつも写真とかしかなかったんで、読んだ時は、うわあああなんだこれええ!と思いました。
なんていうか、表現も素敵だし、何より知識が豊かなんですよね。
読んでいて、すごく安心します。

朝倉さんの漫画は、こう…うがあああ!ってなります。
あの表情豊かなキャラクターは、朝倉さんしかかけないと思うよ。
そんでもって、超切ない。
あと女の子に色気がある。すごいと思う。

で、望月さん!!!
もうね、最高です。
確か、初めて望月さんの漫画に出会ったのは、中一の頃です。
そん時、スイッチが出てたんですね。そん時は絵柄が好みで、話も面白そうだなって程度だったんですけど。
でもね、読んだ時のあの、気持ち…、なんていうんだろう。
もう、好き以外の何者でもねえ!って思った。
それから、私は燃えに燃えて、望月さんの出てる漫画全部買い占めたわけです。
色々苦労もありました。
チョコレートダイアリィとか、どこにも売ってなくて、古本屋をしらみつぶしに行ってたら、やっとこさあったっていう。
そういえば、コナコナチョウチョウとかWの庭園とか欲望バスは絶版になっちゃったよね。
ら…らっきー…!
でも、全然出してないよね、最近…。


続く↓

おもに、恐怖について。 

2006年06月08日(木) 23時59分
怖いものは沢山ある。

はっきりいって、全てが恐怖の対象だと思う。

生きることも、死ぬことも、

嬉しいことも、悲しいことも、

誇らしいことも、恥ずかしいことも。


全部、怖い。


生きる事は、いつかは一人立ちしなきゃいけないってことで。
でも私は一人で生きていく力なんて、全然ない。
だからまだ現実的に考えられなくて、恐怖を感じる。

嬉しい事は、誇らしいことは、その裏に絶対、悲しい、恥ずかしい思いをした人がいると思うから。

某歌姫の歌に、誰かの願いが叶う頃、ってあるでしょ。
そんな感じ。

そんな事いってたらキリないと思う。けど、昔、友達にそういう思いをさせてしまった時、うれしくても喜んじゃいけないと思った。
それを諦めないと、いけないと思った。

そうしないと、いけないような気がして。


それは今でも、そうです。

恥じをかかせちゃいけない、プライドを傷つけてはいけない。

そう思うと、身動きができなくなって、苦しい。

けど、怖いから、そのままでいる。


続く↓

泣きすぎて頭が痛い。 

2006年06月08日(木) 14時24分
題名のとおり、泣きすぎて頭が痛いです。

あのね、ある犬好きのイラストサイトさんの日記を読んでいました。
どうやら死んでしまったらしいんですね。愛犬が。
オエビ本家のリアル板でみて、コメントとその犬の絵をみてばーーって涙が出てきてしまって。
そんでサイトの日記よんだら、もう、だめです。

本当に泣いてしまった。
久々…じゃないけど、本気泣きしてしまった。
おえつでるわ、鼻水出るわ、顔ぐしゃぐしゃにして泣いてしまいました。

目、腫れてしまった。
二重の線の下ん所が膨張してます。きもい。


でもさ、死ぬ事って、本当に皆に平等なんですね。

この世で、100パーセントって言える事は、命が与えられた者には死がくる、って事だけだと思う。

思わず、1年前に、ひょいっと死んでしまった飼い猫を思い出しました。
きっと、事故死で、尚且つ、死骸を見なかったから、すぐに立ち直れたんだろうな。
カイちゃんは、今もきっと虹の橋で、リクちゃん(こいつも猫)を待っている事だろうよ。
でもねー、カイちゃんが死んだ時より、ずっと変わったんだよ、リクは。
今は体が凄くおっきくて、新入りが最近来たから、先輩っぽくなったよ。
あのでぷでぷしたままのリクじゃないんだよ。

続く↓

一日100hit。 

2006年06月07日(水) 22時15分
ちょっと、っていうかかなり、嬉しいことがあった。
まあそれは、今日のことじゃなくて、数日前の事なんですけど。

檸檬の方のサイトの、一ヶ月のhit数が100だった!
サイト閉鎖してからの4ヶ月。

なんか、嬉しくなった。
だってただの検索じゃそんな引っ掛かんないもんね。
しかもサイト紹介のコメントは引っ掛りづらいようにしてあるから、偶然じゃないもんね。

うーん、嬉しい。


サイトのカウンターって、撤去した方がいいと思う事の方が多い。
だって、アクセス数が命!ってサイト、結構多いじゃないですか。
どうしてそこまでこだわるのか!って思う。

ウチだってつけてますよ、カウンタ。
でも、あくまで、来た人数を表示する為のものじゃないすか。
それ以上でもそれ以下でもないよ。

あと許せないのが、ナマモノサイトのくせしてランキングにいっぱい登録してるの!
ランキングサイトさんにはとても失礼だけど、危ない所だってある訳じゃない。
実際に晒されて、閉鎖したランキングさんだって知ってるし。
ランキングだってリスクを背負ってやってる訳。
そして警戒しなきゃいけないのは、私たち管理人も同じな訳。
なのに、どじんサイトなのに、普通のファンサイト系ランキングとかに登録してたり、モロバンドの名前出てるランキングとか!とかとかとか!
お前ら検索って機能を知らんのかーーーー!

って思う、はあはあ…。
本当に、普通に検索に引っ掛かりますよ。ランキングの方が上の方に出るし。

まあそれでどうするって訳じゃないけど、本当に危険なんだよっていいたい。

私たちがやってる事は、少なくとも世間で許される事じゃないって事を、もっとわかってほしい。