待ちわびて目覚めた朝には笑って。 

2005年03月23日(水) 2時14分
彼が職場の飲み会から帰ってきた。
こっちに来てから、私以外と飲みに行ったのはこれが始めてだろう。
行く前から随分と冗談が過ぎていたので、心配だったけど…

1時半を回った所でようやく帰ってきた彼は、泥酔状態。
随分と弱くなったなと愚痴りながら、部屋に入ってきて早々倒れこむ。
いつもお世話になっているチーフが送ってきたという事は、
とりあえず万が一は無かっただろうなと少々安心しつつ、水を差し出す。

酔った勢いからか、冗談が相当きつい。
途中から自分でも何を言ってるのかわからなくなっていただろうに、
そのどさくさで言ってくれた一言は、中途半端だったけど微妙に嬉しかった。
何を言ったかは秘密。ええ、秘密。

着替えを手伝ってあげたら珍しく甘えてきてくれた。…酔ってるからね。
でも、速攻で夢の世界に行ってしまったみたい。
ゲロった口でキスすると、いびきをかいて寝てしまわれた。
情緒も何もない、うん。

ま…今日はハメをはずしちゃったんだね。たまには仕方ない。
無茶苦茶に倒れこまれて布団が使えない今、
寝場所を考えつつ寝顔でも堪能しますか…

何も手に付かない理由。その2。 

2005年03月20日(日) 19時03分
そんないい感じ?だった昔とは違って、
今はなんかよくわからないけど上手くはいっていない。
毎日毎日、何かにつけて喧嘩が始まって、「別れる。出てく。」の繰り返し。
女の駆け引きの言葉であるはずのその言葉を何故か彼が使っている。
私は「別れるとか出てくしか言えないのか、コイツは…」といつも黙ってしまう。

喧嘩していない時だって、イチャイチャなんかした事はほとんど無い。
お前には魅力が無いだとか、可愛くないとか言われて突き放されるだけ。
で、冗談なのかなんなのか、ここの所言われるのはこれ。
「今度職場で飲みに行くんだけど、酔った勢いで他の女の子と…ああ楽しみだな。」

悔しいけれど彼は顔はいい。馬鹿みたいな話だけど、SEXも超上手い。
彼は昔の家庭環境から、性に対しての感情が多少壊れてたりして、
ちょっとアブノーマルな所もある。この人の場合、恋愛と性欲は本当に別らしい。
…まあ、そんな性癖はともかく、
本気で口説いたら目星をつけた女くらい落とすのは簡単だろう。
だからこそ、それが本気になられたら嫌だし、絶対他の女となんかしてほしくない。

これは、私をからかって楽しんでるの?
それとも本当の欲求?どっちでもいいけど…
そんなのに本気で泣きそうになる自分が悲しい。

何も手に付かない理由。その1。 

2005年03月20日(日) 18時25分
彼は意地悪だ。
本当は私がかなりの寂しがり屋で泣き虫なのを知ってるクセに。
今度の冗談は何故か冗談に聞こえないのでいつも胸がチクリとする。

今の彼は、離婚の前後にネットで知り合った。
お互いが前妻・前夫と別れてから、同棲を始めたのが2年前。
元の旦那には内緒にしているが私の仕事の時間の都合もあり、
親権を取ってまで連れて帰ってきた息子は実家に居る。だから実質二人暮し。

彼は、元々家庭の事情で親も居ず、帰る所も無い様な状態なのに離婚した。
自惚れてる訳じゃないけど、あの頃妻子が居るのに告白してきた彼。
ネットの仲間内での事件やら相談事やら毎日のように何か起きて、
私達は傍に居て話す事が増えて、いつの間にか惹かれていたって言われた。
「妻とは別れるから」なんて言われて良くある台詞だななんて思いつつ、
それからなんとなく付き合い始めて。
彼が私の存在を奥さんに言う前に知られてしまったから「もう離婚する!」
と聞いた時はさすがに急で、今出て行くことになったら
何処に行くかわからない、みたいな事を言われてしまったものだから、
心配で心配で。「こうなったら私と一緒に住もう。」なんて言ってた訳です。私は。
唐突だな…(苦笑)

年下の戯言。 

2005年03月19日(土) 19時28分
私は年上好き。好きになる相手も何故か決まって年上好き。

だから最初は関係ないとか言っていても、その内それが理由で傷つく訳で。
「年下はこれだから嫌だ。」とか「年下のクセに生意気だ。」とか
「今まで付き合ってきた年上の女は…」と比較される事も少なくない。

付き合った相手以外には、
「歳の割に大人だね」とか「話してて年下に思えない」とか言われるけれど、
付き合った相手にはこれっぽっちもこっちの考えを理解してもらえない。
喧嘩する度に昔の年上女のいい所と比較するしか能のない男なんて
好きになってる時点でダメなのかもしれないけど。

…男は幾つになっても子供だ、なんて誰かが昔言ってたけど、
よく言ったものだなとも思う。
けど、ちょっとはこっちの言ってる事とか思ってる事も理解してほしい。
冗談にならない冗談を毎日毎日言われて、
相手にしないとキレたり、相手にすると馬鹿にしたり。
たまにならいいけど、ホント付き合い切れなくなる時もしばしば。
それが火種になって、何故か大事になったりもするのだから困った物だ。

もうすぐ三十路なんだから、もう少し落ち着いて欲しいな…。
なんて彼に思いつつ、
そんな冗談でも真に受けて泣いてしまったり
イライラしてしまう自分も大嫌い。ホント、嫌い。
これがもう2年続いている。

なのに、相変わらず私は、彼には愛想付かせない。むしろ好きで好きで仕方ない。
あー、イライラする。ホント。ムカつくくらい好きだよ。

なんとなく。 

2005年03月19日(土) 18時15分
昔のHPの日記とかネットゲームのプレイ日記とか、今は散々放置しまくってるけど、
元の旦那とまだ付き合っている頃に書いた隠し日記は長く続いた。
そんな事をふと思い出して、なんとなく懐かしくなってみる。

恋愛の事、友達の事、学校の事…
そして、他の何処にも吐き出せなかった自分の気持ち。
あの頃はどんなに忙しくても長々と書き綴っていた。
そして何度も読み返して、自分を悲劇のヒロインに仕立て上げていた。
そんな自分がなんとなく嫌いで…なんとなく好きだった。

最近は仕事も忙しくなって、めっきり友達と話す機会も減った。
毎日上手くいかない、今の彼との関係とか、子供の事、仕事の事…
誰かに聞いてもらって吐き出して楽になれるひと時すら、今は無い。
だから…また、書こうと思う…独りよがりな言葉達を。
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lemonheart
読者になる
Yapme!一覧
読者になる