不安なこと 

June 07 [Sat], 2008, 23:33
彼女と結婚を約束した。

俺が仙台に転勤する可能性が高くて、若干急いだ感はあるが
自分的に後悔は全然していない。

来年の4月、仕事を辞めた彼女が一緒に住むために俺のとこにくる。
それはもう仕事に燃え、退く事を忘れようとしているからすごくありがたい。


でも、ホントに俺なんかでいいのか?
ほかにいい男いっぱいいるのに、俺なんかでいいの?
正直、この人を死ぬまで守り通す自信ってのが無い。
元々がダメな人間なんで、そこらじゅうに穴がある。
それを埋めてくれる人だから、ずっとそばにいて欲しいんだけど
それがホントに彼女の為なんだろうかね。
そういう大人に、俺はこれからなれるんでしょうか。



あと、セックスしていてもゴムがあると中でいけない。
これどーゆーことかね。俺すげぇプレッシャーなんだけど。毎回。
0.02ミリでダメだとすりゃ、0.001ミリとか開発してもらわないとな。
・・・ゴムのせいならの話だけど。



んで、今一番不安なのが明日福島まで車で行くことだ。結婚式に彼女が出席。
高速使って5時間ってお前・・・大丈夫か?
途中で事故になんてあわないだろうかとか
すっげー不安でしかたない。俺も明日会社の試験なんだけど。
ちなみに元彼も出席するらしい。
・・・信じてはいるが、その男がどう動くかわからんのでそれも不安。
全てに於いて俺が上回ってる自信はあるけどね。
帰ってくるのは月曜日。あらゆるところで無事でありますように。

デートしたけどさ 

July 22 [Sun], 2007, 22:32
俺、全部知ってて会いにいったんだ。

お前が前に振られた男を諦めきれてない事も
俺を好きかどうかわからなくなってた事も
友達に、俺と別れそうってメール出してた事も
行かないって言ったのに、金曜日にお前が合コン行くって事も

全部知ってて会いに行った。
疲れてるからだけじゃないよな、素っ気なかったの。


部屋に着いた時、電話したら『出られません』ってさ。
疲れてても一言・二言くらいいけねーか?
帰ってきてまずお前の声が聞きたかったんだよ。


またあのときの繰り返しか?何をどうしたいんだよ、お前は。



諦めきれない男がいたってだけで
俺はもう悔しくて仕方が無い。


全てを知った上で、会いに行って平常を装ってた。
何かすげぇ寂しかった。ずっと一緒にいたのにな。


多分、胃が痛いのはそのせいなんだと思う。
空腹だからなんかじゃない。

俺の使命 

May 01 [Tue], 2007, 0:02
同じ苦しみを味わっているからこそ
俺は幸せにならなきゃいけないんだなぁと思った。

見てろ、相棒。

やりゃぁできるってこと、俺が証明してやっからよ。

無題 

April 15 [Sun], 2007, 23:08
動かなきゃ何も変わらない。

考えてるだけじゃ何も解決しない。


最近、意味がよくわかってきた。


だから、俺




当分仕事に集中することにしようと思う。




考えてるだけで辛いんだ。





逃げ、になるんだろうなぁ・・・


でも俺・・・そこまで強くなかったんだ。



正直、おめーを忘れられたらって本気で思う。
んなこと絶対できないんだけどさ。

・・・行ってきます。死にたくなくなっちまったんで、死ぬ気でってわけにはいかねーけどさ。

最愛の、アホ女へ。 

April 14 [Sat], 2007, 17:53
二回目の別れ、から二日しか経ってないんだけど
自分をどう動かしていいのかわかんない俺がいる。

考えれば考えるほど大好きで、会いに行きたくなって
また同じようにフラれるのがどうしても怖くて
でも今までで一番好きになった女と一緒になりたいって思って
ただ、会いたくなっての繰り返し。
・・・別にフラれたわけじゃないんだろーけど、俺にとってはそれと一緒。

何をやっても、次の瞬間におめーの事考えてんだよ。
知らないかもしれないけど、俺相当弱いんだぞ?
平気なフリしちまう弱虫ですよ。何も言い返せない。
不安で不安で、あと一歩で手に入れられるのに壁が分厚い状況で
そのもどかしさとも戦いながら、笑顔出すのが必死。

電話くれると、いつもどおりの声で。
でもそれ聞いてるだけで、一言一言が俺の深いところに蟠りを残してく。
電話は嬉しい。連絡くれてほんとありがとう。
電話切ったあとの寂しさを感じなかったら、こんな楽なことねーよな。


最近思うのが、俺が死ぬ瞬間に
『あいつまだ生きてるのかなぁ』って、おめーの消息がわからない状況なら
死んでも死に切れないんだろうなぁって。

いつか、おじさんとおばさんになったとき
何かの衝動でそっちにいって会ったときにでも
俺はきっとおめーの状況を直視できないんだろうな。
俺じゃない男と結婚して子供産まれて、っての。
俺以外の男とくっつくってのが、多分一生許せないと思う。
俺が秋田にいること、今ほど後悔したことねーよ。
彼氏はいないっつってたけどさ。俺じゃやっぱそれなれないのか?

どーすりゃお前を手に入れられる?
おめーはどんだけ俺のこと考えてるんだ?
つかみ所の無い子だから、考えを悟るの難しいんだよ。

今回会いにきたの、なんとなくって言ってたけどさ。
ヤりたかっただけか?
俺に会って、それでどうしたかったんだ?
hit&awayが無茶苦茶だよ。
・・・それでも何故か、お前以外考えられないんだよな、俺は。


弾けないギターで、何曲かやっと弾ける曲の中で
指は勝手にhideのgood byeを弾いてた。

自分で歌いながら、最初に付き合ってから初めて、泣いた。
それでもきっと俺は笑顔見せ続けるんだろうなぁ。

辛いわ。全てが。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lemoned_jin
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる